五城目城(ごじょうめじょう)

五城目城の基本情報

通称・別名

砂沢城

所在地

秋田県南秋田郡五城目町字兎品沢62-2

旧国名

羽後国

分類・構造

山城

天守構造

独立式層塔型[3重3階/1984年築/RC造模擬]

築城主

藤原秀盛

築城年

天正17年(1589)?

主な改修者

主な城主

藤原秀盛、五十目氏

廃城年

慶長6年(1601)

遺構

曲輪、帯曲輪

指定文化財

再建造物

模擬天守(森林資料館)、説明板(砂沢城)

周辺の城

浦城(秋田県南秋田郡)[3.0km]
小友館(秋田県秋田市)[15.0km]
脇本城(秋田県男鹿市)[21.1km]
湊城(秋田県秋田市)[22.7km]
檜山安東氏城館(秋田県能代市)[22.9km]

五城目城の解説文

安土桃山時代から江戸時代の初めにかけての山城で、天正年間の安東氏の内紛(湊合戦)の後、五城目(五十目)地域を支配した藤原内記秀盛の居城とされる。砂沢城とも言う。

本来は山城で天守閣は無いのだが、森山東斜面中腹の森山森林公園内に模擬天守が建てられ、内部は森林資料館になっている。

森林伐採に使われていた道具や写真が展示されているほか、林業とのつながりが深い鍛冶や桶樽の仕事風景などが見ることができる。城を囲むように巡らされた散策路には観音像が点在し、御詠歌の順に一番から三十三番までの石碑が建っている。

五城目城の口コミ情報

楓橋右大臣夜泊様[2011年11月06日]
五十目氏の館跡です。五城目城と呼ばれる天守閣がありますが、館の復元ではなく、内部は森林資料館です。
車で天守閣まで、登ることができます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore