多賀城(たがじょう)

多賀城の基本情報

通称・別名

多賀柵

所在地

宮城県多賀城市市川字城前

旧国名

陸前国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

大和朝廷

築城年

神亀元年(724)

主な改修者

主な城主

大野東人

廃城年

遺構

政庁跡、築地跡、門跡、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(多賀城跡附寺跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

利府城(宮城県宮城郡)[3.3km]
遠藤館(宮城県仙台市)[3.4km]
岩切城(宮城県仙台市)[4.3km]
小鶴城(宮城県仙台市)[6.0km]
松森城(宮城県仙台市)[6.1km]

多賀城の解説文

多賀城(たがじょう、たがのき)は、日本の律令時代に、陸奥国に設置された城である。現在の宮城県多賀城市市川字城前ほかに位置し、国府・鎮守府などに使われた。国の特別史跡に指定されている。

概要
畿内の大和朝廷が蝦夷を制圧するため、軍事的拠点として蝦夷との境界となっていた松島丘陵の南東部分である塩釜丘陵上に設置した。創建は724年、按察使大野東人が築城したとされる。8世紀初めから10世紀半ばまで存続し、その間大きく4回の造営が行われた。第1期は724〜762年、第2期は762〜780年で762年藤原恵美朝狩が改修してから780年伊治公砦麻呂の反乱で焼失するまで、第3期は780〜869年で砦麻呂の乱による焼失の復興から869年の大地震による倒壊まで、第4期は869〜10世紀半ばで震災の復興から廃絶までに分けられる。
多賀城創建以前は、郡山遺跡(現在の仙台市太白区)が陸奥国府であったと推定されている。陸奥国府のほか、鎮守府が置かれ、政庁や寺院、食料を貯蔵するための蔵などが置かれ、城柵で囲み櫓で周囲を監視していたと考えられる。多賀城が創建されると、国府が郡山遺跡から移され、黒川以北十群(黒川・賀美・色麻・富田・玉造・志太・長岡・新田・小田・牡鹿)に城柵・官衙とその付属寺院が設置・整備された。これらの設置・整備は律令制支配の強化を図るものであり、多賀城はそれらの拠点を後援する為の根拠地であった。

これにより当時の(狭義の)日本では、平城京を中心に、南に大宰府、北に鎮守府兼陸奥国府の多賀城をおくこととなった。

多賀城政庁に隣接し、陸奥国内100社を合祀する陸奥総社宮を奉ずる。陸奥国一ノ宮鹽竈神社を精神的支柱として、松島湾・千賀ノ浦(塩竈湊)を国府津とする。都人憧憬の地となり、歌枕が数多く存在する。政庁がある丘陵の麓には条坊制による都市(のちに多賀国府(たがのこう)と呼ばれる)が築かれ、砂押川の河川交通と奥大道の陸上交通が交差する土地として長く繁栄した。

建武新政期と南北朝時代初期、多賀城には陸奥将軍府が置かれた。奥州将軍府は多賀城の陥落後、将軍府の中心的武将、伊達行朝の所領である伊達郡の霊山に移転した。

歴史
724年創建。陸奥国府が郡山遺跡(現在の仙台市太白区)より北進移転。なお、文献上の出現は『日本後紀』の839年の記事である。
762年 藤原朝狩によって修繕されている。
780年 伊治呰麻呂の乱で一時焼失した後に再建された事が書かれている。
802年 坂上田村麻呂が蝦夷への討伐を行い、戦線の移動に伴って鎮守府も胆沢城(岩手県奥州市)へ移されて、兵站的機能に移ったと考えられる。
869年 陸奥国で大地震(貞観地震)が起こり、多賀城でも多くの施設が被害を受けた。この後復興していったが十世紀後半頃には維持、管理されなくなり、多賀城は次第に崩壊していった。
中世の前九年の役や後三年の役においても軍事的拠点として機能し、1097年にも陸奥国府が焼失している。南北朝時代には、後醍醐天皇の建武の新政において陸奥守に任じられた北畠顕家、父の北畠親房らが義良親王(後村上天皇)を奉じて多賀城へ赴き、多賀城に東北地方、および北関東を支配する東北地方の新政府、陸奥将軍府が誕生した。

近年では、曲水宴遺構が出土し、その編年の再検討も含めて注目されている。現在は特別史跡に指定され、政庁跡や城碑、復元された塀などが残されている。...

多賀城の口コミ情報

八代様[2017年09月17日]
百名城スタンプですが今年の6月から多賀城内の管理事務所にも設置し始めたようです。多賀城神社の先の駐車場の前に管理事務所あります。

織部正ゆま就様[2017年05月19日]
百城スタンプは仙石線多賀城駅から歩いて5分くらいの所にありますが、そこから多賀城跡までは廃寺跡を経由して30分近く、徒歩でかかりました。車でないと厳しいです。特に雨の日は。

武蔵守 影丸様[2017年04月15日]
最寄り駅ではないですが多賀城駅の観光案内所でレンタサイクルが借りられます。¥1000で電動無し、貸出は9:00〜16:30まで。資料館や多賀城廃寺跡等も見てまわりたい場合は便利かと。

大輔様[2017年01月10日]
多賀城周辺には、陸奥国分寺があります。多賀城と国分寺は、繋がってます。東北歴史博物館とも関係があります。多賀城と陸奥国分寺の事わからなかったら東北歴史博物館に足をはこんでください❗️

淡路守あきら様[2016年05月08日]
国府多賀城駅前の観光案内所で荷物を預かってくれました。ロッカーが数個ありました。もちろん無料です。ただ、案内所は15時までなのでお早めに。

永眠武蔵守釋 葱進様[2015年08月21日]
国府多賀城駅そばの観光案内所は朝10時からです。時間前に着いた場合、パンフレットの類いはポストに入っていてそこから取り出すことになります。
多賀城碑経由政庁跡までは、道案内の看板が設置されているので迷わずに行けるでしょう。

駅反対側にある東北歴史博物館には、多賀城碑のレプリカや政庁復元模型があり、写真も自由に撮ることができます。

大宰大弐川より河。様[2015年06月18日]
陸奥総社宮まで行ってみて下さい。
道中にも遺跡がありますよ。

傾奇揚げ仙兵衛様[2014年08月14日]
百名城スタンプは現在国分多賀城駅の連絡通路に有ります

Dr.K佐渡守様[2012年12月16日]
2013年1月末まで政庁部分工事のようです

さくら主膳佑にゃ〜様[2011年10月08日]
2011年10月15日(土)10:30〜発掘調査現地説明会が行われる様です。
多賀城の現説は今まで参加出来なかったし、今回こそは行きてぇなーなんて思ったら…休みだぁ(^ω^)ノ

tomm加賀守様[2011年03月20日]
今回の地震で、地面にひび割れができたそうです。

のぼちゃん陸奥守様[2010年06月15日]
陸前山王駅前の道路を塩釜方面に向かうと多賀城の遺跡があります。車の人は、信号を右折すると駐車場があります。(無料)多賀城の石碑と道路を挟んで政庁跡があります。詳しく知りたい人は、ボランティアの人が説明してくれますので、聞いて見てください。国府多賀城駅の所にある、東北歴史博物館もいろいろ発掘したものが展示されています。(博物館は、有料です)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore