利府城(りふじょう)

利府城の基本情報

通称・別名

村岡城

所在地

宮城県宮城郡利府町利府字城内(館山公園)

旧国名

陸前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

村岡氏

築城年

不明

主な改修者

留守氏

主な城主

村岡氏、留守氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

多賀城(宮城県多賀城市)[3.3km]
岩切城(宮城県仙台市)[4.3km]
松森城(宮城県仙台市)[5.7km]
遠藤館(宮城県仙台市)[6.6km]
笹森城(宮城県仙台市)[7.0km]

利府城の解説文

利府城(りふじょう)は、現在の宮城県宮城郡利府町に存在した城である。

構造
松島丘陵の丘陵地帯の中にあり標高約90メートルの自然の山を利用した峻険な城郭となっている。山頂付近から3段もしくは5段にわたる曲輪が作られており現在でも曲輪跡の平地を見ることが出来る。

歴史
利府城は鎌倉時代の奥州探題である留守氏の家臣村岡氏によって築かれたと考えられている。その後も村岡氏の居城であったと考えられるが、長い間歴史の表舞台には出てこなかった。

1567年、村岡氏の主家である留守氏が伊達氏から養子を迎えることになると村岡氏はこれに反発する。しかし、養子縁組は滞りなく行われた。これを受けて1569年に村岡氏は挙兵し留守氏と交戦するも、翌1570年に利府城は落城して村岡氏は滅亡した。

利府城を攻略した留守政景は利府城を修繕・改修し岩切城から移りこれを居城とした。利府城は伊達氏が北に抱える敵である大崎氏や葛西氏に対する守りの最前線として重要視された。その後、留守政景が豊臣秀吉の小田原征伐に参陣しなかったため所領を没収され、居城である利府城も廃城となった。

利府城の口コミ情報

三浦の荘武蔵守@大介義明様[2014年03月17日]
JR利府駅です。
仙台から230円でした。ただし帰りは要注意ですよ、電車は極端に少なく一日数本です。良く調べてからにしましょう^_^

常陸入道ねんさい和泉守様[2012年07月21日]
城跡は公園になっていて、曲輪は残っている。東日本大震災の影響で一部が立ち入り禁止、公園自体も少し荒れていた。
城主の留守政景は政宗の叔父であり、輝宗政宗の時の功臣で、一族では伊達成実と双璧といえるが知名度が落ちる。

のぼちゃん陸奥守様[2010年06月08日]
利府街道(県道8)からマックドナルドを曲がり、ちょうど役場の裏手の坂道を昇りきったところに『館山公園』の看板があり(ちょっと細い道)、まっすぐ進むと無料駐車場があります。歩いて頂上に行くと石碑と案内表示がありました。公園として整備されていています。小学校の所にも案内表示がありますが、車は進入禁止だったと思います。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore