若林城(わかばやしじょう)

若林城の基本情報

通称・別名

小泉古城

所在地

宮城県仙台市若林区古城2

旧国名

陸前国

分類・構造

単郭式平城

天守構造

築城主

伊達政宗

築城年

寛永5年(1628)

主な改修者

主な城主

伊達政宗

廃城年

寛永13年(1636)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、門(移築)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

北目城(宮城県仙台市)[1.6km]
沖野城(宮城県仙台市)[1.7km]
今泉城(宮城県仙台市)[3.6km]
富沢館(宮城県仙台市)[4.4km]
仙台城(宮城県仙台市)[4.4km]

若林城の解説文

若林城(わかばやしじょう)は、17世紀前半に日本の仙台藩領・陸奥国宮城郡若林城下町の小泉にあった平城である。西側に隣接する仙台城下町には本城である仙台城があったが、同城とは別に1628年(寛永5年)に伊達政宗のために造られ、1636年に彼の死とともに廃された。江戸時代には若林薬園となり、薬草が栽培された。現在の仙台市若林区古城にあり、堀跡と土塁を残したまま、土塁の上に高い塀をめぐらせ宮城刑務所として用いられている。

概要
戦国時代に城と町があった小泉の地に、1627年から1628年にかけて伊達政宗が城を築き、若林城と名づけた。江戸幕府に対しては屋敷として届け出たが、実質は一重の堀と高い土塁をめぐらせた城で、対内的には若林城と称した。

規模は東西約420m、南北350mで単郭式の平城である。土塁の内側の面積は5万5000㎡、土塁と堀まであわせれば12万8000㎡。水を引き入れた堀と土塁を防御線とし、おおよそ東西に長い長方形で、北東・南東・北西の三つの角と南辺中央に張り出しを持った。西を正面として土橋で堀を渡り、門に通じた。櫓もあったようだが詳細は不明である。

若林には仙台と別に小城下町が営まれた。完成後、政宗は若林城を居城とし、仙台城には子の忠宗が住んだ。政宗が死ぬと廃止され、建物は仙台城二の丸に移された。

江戸時代には城内に藩営の若林薬園があった。明治時代のに宮城集治監が置かれ、これが宮城監獄、宮城刑務所を名をかえて現在に至る。土塁はそのまま、堀は一部が埋め立てられて狭まったが大部分が残る。1984年から8次にわたる発掘調査が行われ、2004年に若林城の遺構が確認された。いくつかの礎石建物跡と池の跡、多数の瓦が見つかっている。

歴史・沿革
若林城前史
若林城の北と東には南小泉遺跡が広がっており、後の若林城が築かれる地区は同遺跡の一角とみなすことができる。南小泉遺跡には古墳時代から集落が発達しており、大型の前方後円墳である遠見塚古墳が造られた。後に若林城内になる場所には、若林城内古墳という小さな円墳が造られた。下って平安時代には城内とその周辺に集落があった。

戦国時代には小泉と呼ばれ、国分氏が城を築き、周りに町ができていた。江戸時代の地誌『仙台鹿の子』は、国分盛重が小泉に要害を築いて千代城(後の仙台城)から移ったという。やはり江戸時代の『仙台領古城書上』は、小泉邑に二つの古城があったと伝える。それによれば、一つは東西40間、南北38間、結城朝光の末である結城七郎が城主となり、天文年中には国分盛氏の居城であった。もう一つは東西58間、南北38間、城主は堀江伊勢で、国分盛重と、堀江の子孫である堀江平九郎も居したという。現代には、2つの城は別の時代の同じ城ではないかという説、古城書上の2城と国分氏の城は別とする説もある。つまり、戦国時代に小泉にあった城の数について、1、2、3の3つの説がある。

政宗の若林城
1600年に仙台城を築いた伊達政宗は、慶長年間(1596年 - 1615年)の終わりに広瀬川対岸の花壇の地に屋敷を作り、そこで日を過ごすことが多くなった。はじめは一時的な遊興や休息に用いていたが、山城の不便さのせいか、しだいに生活の重心を花壇に移していった。もっと離れたところにさらに壮大な規模で造営した政宗個人の居所が、若林城である。

寛永4年(1627年)2月23日に、幕府老中土井利勝・酒井忠勝・井上正就・永井尚政が、伊達政宗に仙台屋敷構を許可したのが、若林城の史料の初見である。それは、絵図を出して屋敷の普請許可を願った政宗への返事として、「心のままに普請あるべし」と許したものであった。一国一城令との関係で屋敷と称したが、対内的には若林城といった。ただし、偽装して屋敷と称したのではなく、幕府は内実を承知していた。...

若林城の口コミ情報

1022可児陸前守JUN様[2016年01月17日]
 数年前から敷地内の建物改築工事に伴う発掘調査が実施されています。一般公開はある限った期間に実施され、事前申し込みが必要なようです。

 発掘調査の概要は、「仙台市文化財課若林城遺跡見学会」で検索すると今年度の調査資料は仙台市公式ホームページのリンクから閲覧できました。
 
過去の遺跡見学会資料はPDF形式のデータでちがうところで検索して閲覧できました。

 古地図や古記録以外でわからなかった若林城が、発掘調査で明らかになってきており、城内の構造や仙台城二の丸移築についてご興味ある方の参考になればと思います。

1022可児陸前守JUN様[2016年01月17日]
城内は宮城刑務所のため、入城はできません。

周辺は住宅密集地のため道路も狭く、法務省所管施設もあり、路上駐車禁止となっています。
 周辺にはコインパーキングもなく、徒歩10分ほどのエリアに若林文化センター・若林図書館、南小泉交通公園には駐車場とトイレはありますが、その施設利用者向けですのでご注意ください。

 地下鉄南北線の河原町駅および東西線の薬師堂駅から徒歩約20分です。

若林城西側に隣接している宮城刑務所を大きく回ることになりますが、約1時間あれば、ぐるり一周することができます。

まー宮内卿様[2015年09月20日]
駐車は路駐しました。
土塁を確認しようと車で移動。ゴミ収集場所に駐車し確認したところ草木で生い茂っていましたが土塁だとわかる感じです。発掘調査も11月まで行っていると石碑のところで書いてあったので調査後の報告が楽しみです。

海老より可児マイリバ様[2012年05月08日]
フォトギャラリーにアップしたとおり、18世紀末の絵図と現在の宮城刑務所の形状が殆ど変わりありません(刑場だけに?(^_^;))

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore