北目城(きためじょう)

北目城の基本情報

通称・別名

所在地

宮城県仙台市太白区郡山字館ノ内他

旧国名

陸前国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

粟野氏

築城年

寛正年間(1461〜1466)

主な改修者

主な城主

粟野氏、屋代氏

廃城年

遺構

(発掘調査:障子堀跡)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

若林城(宮城県仙台市)[1.6km]
沖野城(宮城県仙台市)[2.0km]
今泉城(宮城県仙台市)[3.0km]
富沢館(宮城県仙台市)[3.3km]
仙台城(宮城県仙台市)[4.9km]

北目城の口コミ情報

陸前守仙臺むすび丸JUN様[2015年12月10日]
北目城があった周辺は、戦前は農地でしたが、現在は幹線道路に面しているため、住宅地や商業地が多く開発が進み、北目城の遺構はほとんどありません。

説明板の付近に土塁と思われる高まりしか外見ではわかりません。


しかし、仙台バイパスの東側を歩くと、屈曲した桝形の名残として生活道路が残っています。

また、仙台バイパスの篭の瀬交差点と仙台東部道路の長町インターまでを結ぶ道路建設に伴う過去の発掘調査では、北目城に障子堀が存在していたことが明らかになっています。


なお、仙台バイパスの東側一帯(北目城の南西部)には、国指定史跡『郡山遺跡』が広がっています。多賀城が置かれる以前の、飛鳥時代の陸奥国府であり、十数ヵ所に説明板が設置されていますので、古代城柵が好きな方にはオススメです。

陸前守仙臺むすび丸JUN様[2015年12月10日]
北目城の本丸があったと推定されている地点は、フォトギャラリーに写っている全国チェーンのホテル一帯と言われています。

仙台市の八本松市民センターのホームページには、北目城跡の名残を歩くルートマップが掲載されていた記憶があります。

さくら主膳佑にゃ〜様[2011年09月03日]
戦国時代、名取郡北部に勢力を拡大した粟野氏の居城だったが、同時期に同郡南部に進出した伊達氏と衝突、大膳大夫政宗との合戦に敗れその麾下に入った。その後は大崎氏に備える伊達領北部の要衝として重視され、城主粟野重国、弟で沖野城主の国治は有力家臣として活躍した。しかし天正十九年(1590)伊達政宗が岩出山城へ移った際の知行替で、粟野氏は磐井郡大原へと移り当地を離れた。その後は政宗の腹心屋代景頼の持城となり、慶長五年(1600)関ヶ原合戦に伴う上杉領侵攻の際には、この城を拠点に白石城攻めが行われている。

あるま大蔵丞次郎様[2011年08月08日]
さくらくんのアップしていた写真から御品書きの位置が微妙に変わっていたので。

今は広瀬河畔通(R4鹿又交差点付近)の歩道で車道に背を向けて立ってるよー。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore