吉田城(よしだじょう)

吉田城の基本情報

通称・別名

吉祥郭、峯野城、歯雑城、今橋城

所在地

愛知県豊橋市今橋町、八町通1〜5、関屋町、伝馬町他

旧国名

三河国

分類・構造

半円郭式平城

天守構造

築城主

牧野成時(古白)

築城年

永正2年(1505)?

主な改修者

池田輝政

主な城主

牧野氏、戸田氏、小原氏、酒井氏、池田氏、竹谷松平氏、深溝松平氏、水野氏、小笠原氏、久世氏、本庄松平氏、大河内松平氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀

指定文化財

再建造物

模擬鉄櫓

周辺の城

二連木城(愛知県豊橋市)[2.0km]
牛久保城(愛知県豊川市)[4.4km]
伊奈城(愛知県豊川市)[6.0km]
牧野城(愛知県豊川市)[6.3km]
月ヶ谷城(愛知県豊橋市)[8.2km]

吉田城の解説文

吉田城(よしだじょう)は、三河国渥美郡今橋(現在の愛知県豊橋市今橋町、豊橋公園内)にあった日本の城。

戦国時代の16世紀初頭にその前身が築城され、16世紀末に大改築が行われた。戦国時代には三河支配の重要拠点の1つとして機能し、江戸時代には吉田藩の政庁としての役割を果たした。別の城名としては、築城当初に今橋城と呼ばれ、明治維新後には、吉田から豊橋の改名に伴い豊橋城とも呼ばれた。

歴史
戦国時代初期
永正2年(1505年)に宝飯郡の長山一色城主・牧野古白が今川氏親の命により、渥美郡馬見塚村(豊橋市今橋町。現在の同市馬見塚町とは位置が異なる。)の入道ヶ淵に臨む岡に築城したとされる。築城目的は、西三河で勢力を広げつつあった安祥城の松平長親による東三河進出に備えるため、もしくは、その松平氏の縁戚としての友好関係を保持しながら渥美郡全域で勢いをつけていた戸田宗光を警戒するためのもの、と考えられている。

翌永正3年(1506年)松平氏と今川氏の戦いの後、牧野古白・野瀬丹波が討死。今橋城から近い東方の二連木城(豊橋市仁連木町)や半島の田原城に拠点を持つ戸田氏と、牧野氏が争奪戦を繰り返すため城主が次々と入れ替わった。

享禄2年(1529年)、西三河から松平清康(長親の孫)が進出し吉田城を攻略。戸田氏まで屈服させて、三河支配権を、ほぼ確立させた。しかし、天文4年(1535年)には清康が横死して松平氏の直臣の城番が撤退、かわって非直臣の城番の一人牧野成敏がそのまま城主となるが、天文6年(1537年)には牧野氏を追った戸田宣成が城主となった。

天文15年(1546年)、牛窪城主(長山一色城主)の牧野保成の要請を請けて今川氏が戸田宣成を攻めて吉田城を陥落させ、これを管理下に置いた。今川氏が直接支配に乗り出したことで東三河における最重要戦略拠点となった。

今川氏の統治
今川義元は駿河から城代に伊藤左近・後に小原鎮実を派遣。支配力を強化する為、東三河の国衆にも城代を補佐させて統治協力を強いた。その後、松平氏の弱体化によって新たに今川氏の統治下に組み込まれた岡崎城を後方から支える責務も負った。だが、永禄3年(1560年)5月、今川義元が桶狭間の戦いで討たれると支配力を低下、次第に歯止めが利かなくなる。永禄8年(1565年)には、今川氏を離反した松平家康によって攻略され、小原鎮実は退避。今川氏は三河支配権を喪失する。

戦国時代末期から
豊川を後背地とする背水の陣となるのを嫌ったのか、家康は本城として用いずに信任の厚い重臣の酒井忠次を城代に任命。並びに、南方の田原城の城代に本多広孝を配置。吉田城を中心とし戸田氏や牧野氏、西郷氏などの東三河4郡の諸豪族を統率させた。永禄11年(1568年)末からの遠江侵攻では、掛川城を攻囲するまでの東三河衆は酒井忠次の指揮の下、家康本隊とは別行動であった。

遠江を併呑した当初、まだ本格的ではなかった武田氏との対戦が想定され、城の北方では設楽郡の長篠城野田城が、東方では遠州の浜松城二俣城高天神城などが牙城となった。...

吉田城の口コミ情報

図書頭伊藤茶様[2016年04月11日]
2016年3月リニューアルオープン。鉄櫓の展示物は外国語でも表記されています。
開館時間:水木金土日の10時~15時
月火(祝日を除く)と12月29日~1月3日は閉館

まるき〜淡路守様[2015年11月24日]
豊橋公園内、野球場や美術館と共に城址がある。本丸と二の丸を寸断する堀切は迫力があります
街中にありながら凄く立派な石垣が揃っている隠れた名所かもしれません
腰曲輪の石垣は丸みを帯びた造りになっていて面白いし
その他のあちこちの石垣が、はらみ石になっていて…原因は石垣上の木の根っこが成長して中から石垣を押すからだそうです。
それを現代になって修復してあるので石垣の上から石垣で押さえてある…ような変?な所も有り
城址碑は千貫櫓跡の上にぺらぺらのがあります。(笑
中にはパイロンが立てられ立ち入り不可の箇所もあり
再建された鉄櫓(くろがねやぐら)は日曜、祝日のみ入場無料で入れます。
内部はプチ資料と天然の堀、豊川を眺める事ができます。
この櫓の石垣は池田輝政が築いた物らしいです。
石垣の刻印が至る所にあるのですが素人目には探す事が困難、ガイドさんが居れば詳しく教えて頂けますし、パンフも頂けます。

手前に有料駐車場があるがその奥に無料の広い駐車場があります。

ルーク三河守様[2014年12月07日]
日曜の10時から15時の間のみ鉄櫓に入れます。ボランティアさんが数名常駐しており色々教えてくれますよ。パンフも置いてあります。

三河守コーキしゃん様[2010年10月18日]
本丸は石垣で囲まれています外側はかなりの深さの堀があり土塁もあります見応えかなりあります

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore