二連木城(にれんぎじょう)

二連木城の基本情報

通称・別名

所在地

愛知県豊橋市仁連木町

旧国名

三河国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

戸田宗光

築城年

明応2年(1493)

主な改修者

主な城主

戸田氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

周辺の城

吉田城(愛知県豊橋市)[2.0km]
牛久保城(愛知県豊川市)[5.2km]
牧野城(愛知県豊川市)[6.2km]
月ヶ谷城(愛知県豊橋市)[6.6km]
伊奈城(愛知県豊川市)[7.8km]

二連木城の解説文

二連木城(にれんぎじょう)は、朝倉川南岸の三河国渥美郡の北の端に有った戦国時代の城(現、愛知県豊橋市仁連木町)である。「楡(にれ)の木」から名が付いたと言われ、仁連木城とも書く。

歴史
築城まで
築城したのは明応2年(1493年)で戸田氏中興の祖戸田宗光(全久)である。

戸田宗光は、京都の室町幕府政所執事の伊勢貞親に仕えていた。三河国守護の細川成之から三河国額田郡で狼藉を働く者の鎮圧願いが出され、8代将軍足利義政は戸田宗光と義父松平信光に命を下した。宗光は義父松平信光と共に賊の首をあげ京へ送ったが、宗光は三河国で勢力を持ち始める。応仁の乱{応仁元年(1467年)〜文明9年(1477年)}が始まり、群雄割拠の時代が来ると、文明7年(1475年)、渥美郡大津城(豊橋市老津町)に入り、文明9年(1477年)郡代一色政照を渥美郡大草村(愛知県田原市)に隠居させ、政照の養子分になることで郡の統治権を得る。文明12年(1480年)に田原城(田原市)を築城する。

明応2年(1493年)、豊川北岸の郡である宝飯郡長山一色城(現、豊川市牛久保町)で、主君一色時家を討ち君臨していた波多野時政(全慶)と、同じ故一色時家家臣牧野成時(古白)は灰野原の戦いを起こしていた。宝飯郡で大混乱の年、渥美郡の北の端である朝倉川沿いの丘の上に二連木城を築城し、宗光は二連木城へ移る。これによって、二連木城を渥美郡北部の根城とし、息子の憲光に譲った田原城と共に戸田家の中心拠点となる。そして、戸田宗光は渥美郡完全制圧を図る。

築城後
永正5年(1508年)、戸田氏中興の祖・戸田宗光は没し、子の憲光は亡父宗光のために二連木城の近くに全久院(豊橋市東郷町)を建立した。

天正18年(1590年)最後の二連木城主戸田康長(戸田松平家の祖で松平姓を受ける)は徳川家康の関八州へ移封と共に去り、二連木城は主を失った。しかし、松平姓を受け、徳川松平一族と同格となった仁連木戸田家は宗家を名乗り、田原戸田家は分家となる。

この年、この東三河地域(当時、4郡で総石15万2000石)へ入った池田照政(播磨国姫路城へ移封時に輝政と改名)は吉田城を拠点とし、二連木城を廃城とした。

廃城後
城跡は大口公園(おおぐちこうえん)となった。公園の名は初代豊橋市長であり衆議院議員であった大口喜六(1870年〈明治3年〉 - 1957年)にちなむ。

今橋城(吉田城)との関係...

二連木城の口コミ情報

式部大輔黒熊様[2014年10月12日]
市電に乗って、歩いてきました。歩いても苦にならない距離で、住宅街の一角にあります。確かに駐車場はなく車では避けたほうがいいかも。

ひさの尾張守様[2014年09月13日]
大口公園となっていますが、駐車場なく、周辺の路駐も難しいのでお車での登城はお気をつけください。

奥州王毘沙門天山城守乱丸様[2013年01月06日]
現在、大口公園として整備され、住宅街の中の公園になってます。
豊橋鉄道市内線豊田駅下車、北へ5分ほど右側にある公園です。
土塁の一部も確認されます(^_^)b

三河守コーキしゃん様[2010年10月18日]
公園として整備されてますが土塁が残っていてお城として形を留めています

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore