長篠城(ながしのじょう)

長篠城の基本情報

通称・別名

末広城、扇城

所在地

愛知県新城市長篠字市場

旧国名

三河国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

菅沼元成

築城年

永正5年(1508)

主な改修者

奥平信昌

主な城主

菅沼氏、奥平氏

廃城年

天正4年(1576)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、石垣

指定文化財

国史跡(長篠城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

新城城(愛知県新城市)[6.3km]
宇利城(愛知県新城市)[6.7km]
田沢城(静岡県浜松市)[8.0km]
野田城(愛知県新城市)[9.4km]
千頭峯城(静岡県浜松市)[11.3km]

長篠城の解説文

長篠城(ながしのじょう)は、三河設楽郡長篠(愛知県新城市長篠)にあった日本の城。特に天正3年(1575年)の長篠の戦いに先立つ長篠城をめぐる激しい攻防戦で知られる。

現在は国の史跡に指定され、城跡として整備されている。

概説
この地域の交通の要衝の地にあった。寒狭川(現在「豊川」と呼ばれているもの)と大野川(現在の宇連川)が合流する場所に突き出した断崖絶壁の上にあり、(南や東西方向については)二つの川と断崖絶壁に守られた天然の要塞であった。

(▽状に)突き出した断崖の近く(やや西側、寒狭川寄り)に本丸を置いている。

長篠の戦いのころの構造について言うと、本丸のすぐ北側には堀が掘られ、その北側に二の丸、そのすぐ北側にまた堀が掘られていた。二の丸外側に三の丸、弾正曲輪などがあり、本丸の西側に服部曲輪があり、野牛曲輪なども築かれ、城域を北側を囲むように木柵が作られていた。川と断崖のおかげで南と東西の守りは堅かったが、北側は(台地状に)平地が広がっておりそのままでは守りが弱かったので、そちらにはしっかりとした堀が掘られていたのである。

南や東西から見れば断崖絶壁上の城であるが、北側から見た姿をもってして「平城」に分類されることもある。

歴史・沿革
戦国時代
永正5年(1508年)今川氏親に誼を通じた菅沼元成が築城。元成と、その子孫・長篠菅沼氏が居城とする。

その後、徳川家康に服属するようになった。元亀2年(1571年)、武田信玄による三河侵攻の一端として、天野景貫によって攻められる。攻守双方の払った犠牲は大きかったが、陥落だけは免れた。その後、菅沼総領家・田峯菅沼氏から遣わされた使者の説得を受け、城主であった元成の直系玄孫・菅沼正貞は、心ならずも武田軍の圧力に屈した。

元亀4年(1573年)、武田家の当主であった武田信玄の病が悪化したことにより、前年末から続いていた武田軍の西上作戦が春には切り上げられ、武田軍は本国へ撤退。その途中で信玄は死去。その間隙に徳川家康によって攻められる。城主・正貞は天正元年8月(1573年)には開城退去、城に返り咲くことはなかった。以後、武田軍の再侵攻に備えて、家康により城が拡張される。(現在残る本丸の大規模な土塁などはこの時のものと考えられている。)
...

長篠城の口コミ情報

【謹慎中】右衛門督かげちゃん様[2017年08月20日]
写メの説明:見づらいけど、鳥居強右衛門さんが、城兵達に援軍が来る事を知らせた場所(推定)

宮内兵部丞大輔様[2017年07月19日]
長篠城跡の資料館に武田の四天王が合戦前日に明日は死のうと水杯を交わした井戸が古地図に説明付きであった、時代が代わり強力に変身した織田軍団に勝ち目は薄いと解っていた?、若い勝頼は想像力不足?で名門は滅びに向かう

駿河守武蔵守様[2017年07月18日]
長篠城といえば川に囲まれた地形。
周りを歩いてみると、よくわかります。
また、城の側には武田の名将、馬場信房
の墓所があります。
鬼美濃好きな方はお参りを!

猛虎右近衛少将龍馬様[2017年05月11日]
JRを使って行かれる方はJR豊橋駅から秘境線の飯田線で約一時間 運賃は580円になります 本数は約一時間に一本です ディーゼルワンマン電車で旅の風情がありますよ 長篠駅から長篠城址まで徒歩で約15分くらい 長篠駅は無人駅で駅舎も小さく売店 コンビニありませんので食料は豊橋駅で購入するのがオススメです 自動販売機は長篠城址にあります ちなみに長篠城址近くに小さい食堂もありますよ 長篠城駅からの電車も一時間に一本ですので!長篠城址は2時間あれば資料館も含めて満喫できますよ 百名城スタンプは長篠城址にある資料館にあります 帰りは長篠駅から3駅北上した湯谷温泉駅の湯谷温泉街で一泊するのがオススメですよ 川沿いの風情ある小さな温泉街です こちらもコンビニ 売店無しなんで お酒 タバコ買われる方はご注意を!

我流尾張守クール様[2017年02月04日]
100名城スタンプラリーが始まってからは初めて訪れました。城趾については周知のことなので、今回は周辺史跡について…

戦国史を語るうえで避けられない長篠合戦。新東名のPAオープンで信長公本陣跡は賑わっている模様…勝頼公本陣跡は長篠城北側の医王寺に構えていました。近年整備され、物見櫓が出来ていて、同寺から遊歩道で片道10分程で行けます。
遠くに長篠城を望み、武田軍の本陣跡が見渡せます。
「片葉の葦」伝説にあるように、重臣の諫言に従い撤退していたら武田の運命も変わっていたかもしれませんし、真田昌幸も歴史の表舞台には登場しなかったかもしれないですね。
長篠城の資料館でオススメコースにもされています。
信長、家康の台頭と滅亡を辿る勝頼の悲哀を感じる長篠城です。

マスボ安房守マスボ様[2017年01月03日]
年末年始(12/29〜1/3)は保存館は休館ですが、近所のサークルK新城長篠店に100名城スタンプ設置してあります。

カーネル様[2016年07月24日]
飯田線鳥居駅から
まずは東に行き、新昌寺にある鳥居強右衛門墓所へ。しかし一族のお墓と長篠の戦い戦没者など石碑がいっぱいあってどれかわからず
お寺を出て県道443号を東に進み、飯田線の線路手前の細い道を北上して、強右衛門磔の碑を見てから元の道に戻り、飯田線を超えると豊川と宇連川の合流地点を臨む、よく写真で見る風景。撮影ポイントです

その先で県道69号で左折して北上。10分くらいで左に下る道に進み川を渡ると、長篠城駅の通りに出るので左折して西進
線路脇の道は搦手門址の標識もあります。城跡では堀。郭。櫓跡。を堪能する
ここの資料館では、100名城の限定スタンプ帳をいただいた思い出の場所ですが、開館前だったので寄らずに長篠城駅へ戻って1時間半くらいでした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

若狭守次郎吉・黄母衣衆様[2016年01月15日]
長篠城跡保存館では自分だけで楽しむ(Sns等は不可)だけなら展示史料の撮影可。
近くの設楽原合戦資料館は自分だけで楽しむ(Sns等は)だけなら撮影可。

どちらも貴重な史料だらけ。共通券がおすすめ!

陸前守JUN山城サミット様[2015年11月30日]
18きっぷ期間中に名古屋栄地区からJR飯田線と豊鉄バスで訪問しました。

バスとの接続との関係で、見学時間は限られてしまいましたが、ご参考になれば…。

長篠城駅から徒歩10分弱で長篠城本丸跡に到着。
百名城スタンプ押しと新城市長篠城址史跡保存館、本丸跡見学で40分程の滞在でした。

その後、長篠城前バス停から新城市民病院行きのバスで、三河東郷駅近くの川路バス停で下車。上り坂を約15分歩き、設楽原歴史資料館に到着。

資料館での見学を含めた約1時間半で、中学校と高校で習った織田・徳川連合軍VS武田騎馬隊で有名な長篠の合戦場一帯の馬防柵や信玄塚などをめぐりました。

その後、最寄りの三河東郷駅まで下り坂を早足で約15分移動。

ちなみに同日中に岡崎城と犬山城の本丸も、開館時間内にリア攻めできました。

馬防柵付近から建設中の新東名が間近に見えました。

設楽原合戦場近くに新東名の新城ICができるみたいです。織田・徳川連合軍と武田軍の陣所も点在していますので、車で移動される方や時間が許される方は各所に足を運んでみてはいかがですか?

まるき〜淡路守様[2015年11月26日]
国道151号線沿いに磔にされた鳥居強右衛門の大きな看板が目印になっているので凄くわかりやすい

見学できる城址の規模はさほど広くなく何も知らないでここを訪れると子供が遊ぶ広場にしか見えない、各方向にパネルで案内があるが、歴史の知識とかなりの想像力が必要な城跡だと思いました。
少し予習をして行った方が良いでしょうね
城址保存館が隣接、鉄砲、血染めの陣太鼓、強右衛門の絵等を多数展示
100名城スタンプ有り
大人210円、9時〜17時
火曜日は定休日

設楽原古戦場の資料館にも行くなら共通券がお得のようです。

鳥居強右衛門、磔の場所は近所の踏切近くに案内があります。

相模守ぷいちー様[2015年11月24日]
鳶ヶ巣山砦(おそらく…)が10月から新しい歴史公園としてオープンしたようです。
牛渕橋の脇に手書きの張り紙がしてありました。

相模守隼戦闘隊様[2015年08月01日]
100名城スタンプは長篠城址史跡保存館とサークルK長篠店でしたがサークルKが無くなり…宝くじ売り場になりました。9時からでないとスタンプ押せないみたいです。

とも様[2014年01月08日]
日本100名城のスタンプが置いてある長篠城史跡保存館は火曜日が休館日ですが、スタンプは近くのサークルKに置いてあります。

三日陸奥守落人様[2013年03月04日]
三角州を利用した立地や大きな堀切など、城の遺構も十分楽しめますが、周囲には長篠の合戦当時に城を囲んでいた武田方の砦跡群も残っており、こちらも一見の価値があります。

特に宇連川の川向かいにある「鳶ヶ巣山砦」跡は草も刈られて整備されており、そこからは長篠城内がまる見え
戦国の距離感や、常に見下ろされる城兵のストレス等々、思いをめぐらせながら城を眺めることができそうです。

設楽原古戦場とあわせて巡られるとなお良いと思います。
設楽原古戦場と長篠城はで10分ほどの距離がありますが、それぞれの場所に史料館があり、も併設されています。

ぽえぞお弾正少弼黄金旅程様[2013年02月05日]
野牛曲輪跡に建ってる廃屋が気になります…(^_^;)
リフォームするなりして住めば、リアル長篠城主&城めぐ永久長篠城主になれるのでは…(‾∀‾)

加糖兵庫助清正様[2012年08月19日]
リアル城攻めにて攻略
川を隔てて鳥居スネエモンさんの張り付けられた場所も有りますよ。

ソッサン左馬頭様[2012年05月03日]
鳥居強右衛門のエピソードはかなり熱いものがあるよ。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore