亀山城(かめやまじょう)

亀山城の基本情報

通称・別名

作手城

所在地

愛知県新城市作手清岳字城山

旧国名

三河国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

奥平貞俊

築城年

応永31年(1424)

主な改修者

主な城主

奥平氏

廃城年

慶長15年(1610)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(亀山城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

古宮城(愛知県新城市)[1.1km]
雨山城(愛知県岡崎市)[8.2km]
日近城(愛知県岡崎市)[9.6km]
野田城(愛知県新城市)[10.0km]
新城城(愛知県新城市)[10.1km]

亀山城の解説文

亀山城(かめやまじょう)は、愛知県新城市作手清岳にあった日本の城。作手城と表記されることもある。

概要
作手盆地の南東部に位置。

上野国から作手地方に移住した奥平貞俊は当初、川尻城を本拠としたが、応永31年(1424年)に亀山城を築き移った。

駿河国の今川氏や尾張国の織田氏など転属先を変えて生き延びてきた奥平氏の本拠地であった。

元亀年間(1570年 - 1573年)には、奥平貞能の子貞昌(信昌)が甲斐国の武田氏に従属したため、武田氏の三河侵攻の拠点となる。だが、天正元年(1573年)には徳川氏へ再転属。徳川家康によって貞昌が長篠城主となったため、主要な城ではなくなった。

関ヶ原の戦いの後、慶長7年(1602年)には信昌の四男松平忠明が城主となり作手地方支配の拠点となるが、慶長15年(1610年)に伊勢国の亀山城へ移封されると、城は廃城となった。

遺構
土塁や曲輪、空堀などの保存状態は比較的良く、奥平氏の屋敷群推定地があり、岡崎街道沿いには短冊形地割も確認されている。

亀山城の口コミ情報

五瓜ニ唐花紋内大臣や〜きみ様[2017年05月08日]
道の駅の裏の山に遺構があります。
看板が大きく出てますから、わかります。
車で進むと駐車場あり。

ゆうっち☆様[2014年07月01日]
亀山城は
つくで手作り村のすぐ横
駐車場に車停めて簡単にのぼれます
フォトは緑のジュータンですが、刈り込んであり草深くはありません
のぼる道も整備してありきれいです

歴史の小径☆
歴史民俗資料館 ・塞之神城址 ・文 殊山城址 ・善福寺(仁王尊) ・石橋城址 ・亀山 城址 ・古宮城址 ・甘泉寺 ・川尻城址を巡るコー スがあり、つくで手作り村に看板があります
詳細は
奥三河観光ナビHPでわかるかと思います

コロ助様[2014年05月21日]
道の駅「つくで手作り村」の第二駐車場横に登城口があります。

城歩きに慣れていない親と訪れたのですが、草も刈ってあり綺麗に管理されているので、お散歩気分で楽しんでくれたみたいです。規模は大きくないですが、土塁や、濠から見上げる本丸はなかなかです。

道の駅に、亀山城を含む周囲のお城の簡単な説明と縄張り図が載ったパンフレットがありました。

風の吹くまま様[2014年03月26日]
作手道の駅前のお寺も実は城跡なんですよ!作手には七箇所城跡がありますが全部は登録されていないのが残念です!

左京大夫〓わりばし〓様[2013年02月07日]
道の駅の裏にあり駐車場もあり
行きやすいと思います。
今回、訪問した時は
駐車場の工事をしていたので
反対側から行きました。
こちらは林道のような道を
車で少し上りました。
土塁とか見応えあると思います。

石見守obstetrics様[2012年11月04日]
つくで手作り村のすぐ裏手ですそこから徒歩五分程度で本丸に到達できお手軽です帰りには五へいもちがおすすめです

伯耆守雄三様[2012年05月05日]
古城祭りをしていました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore