新城城(しんしろじょう)

新城城の基本情報

通称・別名

新城陣屋

所在地

愛知県新城市字東入船

旧国名

三河国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

奥平信昌

築城年

天正3年(1575)

主な改修者

主な城主

奥平氏、水野氏、菅沼氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(新城城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

野田城(愛知県新城市)[3.2km]
宇利城(愛知県新城市)[4.7km]
長篠城(愛知県新城市)[6.3km]
千頭峯城(静岡県浜松市)[10.1km]
亀山城(愛知県新城市)[10.1km]

新城城の解説文

新城城(しんしろじょう)または新城陣屋(しんしろじんや)は、戦国時代から江戸時代後期にかけて三河国(現在の愛知県新城市)に存在した日本の城および陣屋。新城藩の藩庁であった。

概要
天正3年(1575年)、長篠の戦いで長篠城を死守したことで知られる奥平信昌によって築城されたという。

天正18年(1590年)の徳川家康の関東への移封ののち、池田輝政の家臣・片桐半右衛門が城代となるも、関ヶ原の戦いの後は天領となった。

水野氏などの領有(新城藩)を経て慶安元年(1648年)に丹波国より菅沼定実が7,000石で入って旗本(交代寄合)となり、同時に陣屋を構えた。菅沼氏はこの地で明治時代を迎えたという。

現在は空堀のみを残すものとなっており、他の土地は市役所、中学校、小学校となっている。

江戸時代の城主
水野家
;譜代(1万3,000石)
 1.水野分長(わけなが)
 2.水野元綱(もとつな)

菅沼家
;旗本(交代寄合)
 1.菅沼定実(さだざね)
 2.菅沼定賞(さだよし)...

新城城の口コミ情報

三河守コーキしゃん様[2013年01月04日]
新城小学校のグラウンドが新城城跡です。

市民体育館に駐車できます。

南側を流れる豊川を堀代わりにした、後ろ堅固のお城です。

東西に掘と土塁、櫓台跡が少し残っています。

たかじん。常陸介様[2011年09月29日]
石碑は小学校校庭内にあるので石碑を撮影する時は小学校職員室へ行きアポ取ってから行くと◎です。(^ー^)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore