千石堀城(せんごくぼりじょう)

千石堀城の基本情報

通称・別名

今城

所在地

大阪府貝塚市橋本

旧国名

和泉国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

根来衆

築城年

安土桃山時代

主な改修者

主な城主

大谷左大仁(根来衆)

廃城年

天正13年(1585)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

積善寺城(大阪府貝塚市)[1.5km]
畠中城(大阪府貝塚市)[2.8km]
岸和田城(大阪府岸和田市)[4.8km]
日根荘城館(大阪府泉佐野市)[5.6km]
根福寺城(大阪府貝塚市)[5.6km]

千石堀城の解説文

千石堀城(せんごくぼりじょう)は、大阪府貝塚市橋本にあった山城。

概要
橋本の東南1.5kmに、東側には近木川、西側には見出川に挟まれた、南北約2kmにわたる三ノ丞山と呼ばれる標高約70mの丘陵一帯が、千石堀城の跡と思われている。千石堀城は、積善寺城を主城とした近隣の高井城と同様支城のひとつであったと見られている。小栗街道から分岐し大熊街道の拠点であり交通の要地であった。岸和田城と対峙した時の要害のひとつが千石堀城である。

沿革
石山合戦で石山本願寺と織田信長が戦った後、本願寺衆は根来衆、雑賀衆と強く連携し、根来寺の支城として和泉国に5か所もしくは7か所の築いたと言われており、千石堀城もその一つである。築城年に関しては不明な点が多いが、1577年(天正5年)信長の紀州攻めの時に根来衆は城を捨てて撤退するが、それより更に強化され現在の千石堀城が築城されたと思われている。

千石堀城の戦い
-開戦までの経緯-
その織田信長も本能寺の変で亡くなり、賤ヶ岳の戦い後天正11年(1583年)11月、豊臣秀吉は岸和田城に中村一氏を入城させ、根来衆、雑賀衆の備えとした。中村一氏は行動を開始、泉州中の寺社領を没収していた。これに反発した根来衆、雑賀衆連合軍は、中村一氏と小競り合いが続いたが根来衆、雑賀衆連合軍は戦を仕掛けた。翌天正12年(1584年)1月1日、早朝から根来衆、雑賀衆連合軍は中村一氏がいる岸和田城を攻めたが敗れ、同月3日、逆に中村一氏は五カ所の支城を攻めた。これに危機感を覚え堺に向っていた別働隊8000兵が、救援に取って帰して来たので、同月16日中村一氏軍6000兵は、近木川を挟んで対陣した。最初は激しい鉄砲戦となり、後に槍合わせとなったが、最終的に根来衆、雑賀衆連合軍は敗れた。

その後根来衆、雑賀衆連合軍は徳川家康に使者をおくり、血判連名状を差し出し忠誠を誓ったと『太田城由来并郷士由緒記』に記載があるが、『和歌山市史』によると「(太田城由来并郷士由緒記は)史料的に問題ある」としている。

根来衆、雑賀衆連合軍は再び兵をあげた。同年3月18日、根来衆、雑賀衆連合軍と千石堀城を含む五カ所の支城衆が加わり、陸路隊、海上隊の二隊で岸和田城に向けて進撃を開始した(岸和田合戦)。両隊は泉大津まで兵を進め、岸和田城周辺地域を焼き討ちして回った。同月19、20日は雨のため戦闘がなく、21日は根来衆、雑賀衆連合軍は130艘を繰り出し、陸路隊も堺辺りに進軍した。また別働隊5000兵が岸和田城を攻城したが、中村一氏に打ち負かされた。岸和田城内には769首が並んだ。また小木城、鳥取城積善寺城は落城、焼き討ち、畠中城、沢城は焼き討ちされ、接収された。22日に堺に向っていた隊は引き揚げたが、その夜岸和田城に攻めかけ佐野に帰った。

『多聞院日記』によると、この時の状況を
天下動乱の色顕わる。いかが成り行くべきか、心細きもの也。神慮に任せ、闇々として明け暮れるまで也。はしなきこと、はしなきこと。
とし、混沌とした状況を記している。

その後小牧・長久手の戦いで同年11月になると豊臣秀吉は、織田信雄、徳川家康と和睦し、徳川家康も浜松城に引き上げると、本格的に秀吉の紀州攻めを開始する事になる。...

千石堀城の口コミ情報

若狭守次郎吉様[2017年03月17日]
JR「和泉橋本」駅から徒歩25分程で登城口(工事用フェンス)に到着しました。探索時間は30分程で大丈夫かと思われます。遺構は曲輪と空堀、土塁です。空堀は思っていた以上に深く、見応えはあります。

シバヤン大和守交友莫爭様[2016年07月13日]
工場フェンス以外城跡の案内板もなく道なりに入っていきます。入って5分位進んで左手に切り株ベンチ、その左手に階段があり、入る。薮蚊に襲われたりしながら歩いてたら左斜面に竪堀?、堀切跡らしきものが•••。右側を見ると曲輪跡が、縁は土塁を設けてあります。
これは、明らかに射手が隠れて攻め上がる敵を狙い撃ちする防御用の土木施設です。
ここだけかと思い、薮蚊を払いのけながら散策したら他にも。曲輪の縁が人工的に盛り上がった箇所がありました。
最近の物の可能性もあるので断定できません。他の山城にはあまり見かけません。
鉄砲、弓矢それらの凄い使い手がこの城に立て籠もって秀吉軍を今か今かと全山針鼠のように待ち構えてたのを想像したら、生唾が出そうな恐怖感です。
たかが田舎城とナメてかかった秀長、秀次軍は大変な死傷者を出して地獄を見たことでしょう。
地面に白杭のある広めの山道を上がり北側に暫く歩いたら城址と説明文がありました。日焼けで殆ど見えないですが(;^_^A
入口から主郭まで30分位でした。
近くに(フルールクレープス)で食ったバナナクレープが美味しいですよ。

シバヤン大和守交友莫爭様[2016年07月13日]
水間鉄道の名越駅から近くに名越交番で道を尋ねたら、高井城跡が、途中に歩いて3分程の所にあるとの情報を。
交番から西に歩いて三叉路にでたら右に進んで正面に丘陵地に小公園が、この丘陵地が高井城です。千石堀城の付け城との説明文があります。
小さな台形の公園で看板なかったらわからないです。
案内板には、天正13年(1585)根来方の行左京•熊取大納言らが立てこもっていたが福島正則の軍勢に攻められ落城した、と。
遺構らしきものはありませんが、福島正則との戦いがあったと•••。
千石堀城行かれる前についでだから見てやって下さい。
交番前の道に戻って、西に進んで行くと近木川に架かる橋が現れてきます。
この近木川は多分、千石堀城だと思われる丘凌の東側を舐めるように流れていて防御に効いているように見えます。
橋を渡り左手にロータリーのバス停留所が現れます。左手に向きを変えて歩いたら工場フェンスが開いています。ここから千石堀城に入れます!
いよいよ千石堀城登城開始です!(続く)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore