高井城

(たかいじょう)

通称・別名

下高井城

所在地

茨城県取手市下高井(高井城址公園)

城郭構造
平山城
天守構造
築城主
信太(高井)重国
築城年
長治年間(1104〜1106)
主な改修者
主な城主
高井氏
廃城年
天正18年(1590)
遺構
曲輪、腰曲輪、土塁、空堀
指定文化財
再建物
碑、説明板
周辺の城
守谷城(守谷市) 3.9km
布施城(柏市) 6.0km
我孫子城(我孫子市) 6.2km
中峠城(我孫子市) 6.8km
松ヶ崎城(柏市) 7.8km

高井城口コミ情報

まー左京大夫様[2016年11月15日]
高井城址公園の標柱から駐車場までは車一台分の幅しかありません。駐車場は小さいですが看板があります。簡易トイレが一基あるのみ。周辺は私有地が多いので立ち入らない方がいいかと。また駐車場から城跡へ向かう途中に地元有志の方が植えた野草もあります。土塁と空堀が幾らかわかる状態でした。

野舘宮内少輔サラマンダー様[2014年11月07日]
2014年10月30日15時00分(35分)

狭い道を通るので気を付けて頂きたいのと、駐車場がちょっと見逃しちゃうような所にあります

トイレは簡易な物が一つ、中は見ていませんが、余り良くはなさそうです…

規模は余り大きくなく、遺構も余りありません

案内板の説明文を記載します



高井城は、小貝川を北に望む半島状の大地に築かれており、取手市内に残る最も大きい戦国時代後期の城跡である。
高井城がいつごろ築かれたかは明らかではないが、「高井」の地名は建武3年(1336年)の相馬親胤宛ての「斯波家長奉書」に見ることから、この時点で相馬氏の領地であったことがわかる。天正18年(1590年)の豊臣秀吉の小田原攻めの際、後北条氏とともに下総系相馬氏が滅亡したため、高井城はその役割を終えて廃城となった。

取手市役所 水とみどりの課・高井城址公園里親グループ 緑水会

さがみ相模守様[2013年02月24日]
城跡は小さな公園になっています。春先には雪割草が植えられ、ちょっとした散歩コースです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore