中峠城(なかびょうじょう)

中峠城の基本情報

通称・別名

芝原城、柴原城

所在地

千葉県我孫子市中峠字外野津台3825

旧国名

下総国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

柴原氏

築城年

永正年間(1504〜1521)

主な改修者

主な城主

柴原氏、河村氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、土橋、腰曲輪、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

我孫子城(千葉県我孫子市)[4.8km]
箕輪城(千葉県柏市)[5.5km]
小森城(千葉県白井市)[5.6km]
布川城(茨城県北相馬郡)[6.3km]
高井城(茨城県取手市)[6.8km]

中峠城の解説文

中峠城(なかびょうじょう)は、下総国相馬郡(現在の千葉県我孫子市中峠)にあった日本の城である。

概要
北側に古利根沼を望む形で立地していて、元は古河公方家臣で後北条氏の被官河村氏の居城。いつ、誰が築城したかについては未だに不明である。芝原城(しばはらじょう)ともいう。

歴史
湖北村誌によると天文10年に初代河村出羽守勝融が中峠城に入り、天文15年には第二代河村修理之亮が城主になる。永禄7年にはその修理之亮が国府台で北条氏に敗れ、戦死。河村氏は後北条氏の配下となる。第三代当主は河村山城守、第四代は出羽守で、天正18年小田原城征伐の際には城中にはいたが留守中に陥落した。その後天正18年12月には小金城主松平信吉が治め、文禄元年には江戸幕府の公料地となり、名前が中峠村(又は芝原村)となった。

構造
南北380mを底辺とし、東西420mの不当辺三角形の範囲に建てられた。南北と西方に崖があり、東方は台地続きになっている。

参考文献
菅井敬之助 湖北村誌 湖北村出版 大正9年 93、94頁
千野原靖方 東葛の中世城郭 崙書房 2004年 ISBN 4-8455-1101-0
本土寺過去帳

中峠城の口コミ情報

Nabeppu左馬頭さん[2016年01月03日]
専用の駐車場は設けられていないものの、城跡北部にある古利根沼があり、その湖畔に釣りポイントがある為10台位停められるスペースがあります。そこから徒歩で南東に回り込むと城跡です。
一見城跡と解り難いですが、南のR356から北の古利根沼に向かって、結構傾斜がある為、城跡である事が想像出来ます。ただし、郭が3つあるもののほぼ消失してるので確認は難しいでしょう。またIIの郭から北側の眺めが良く、往時を偲べるかもしれません。

ひとりもんど副将軍さん[2014年11月28日]
地図の西150mに「芝原城→」の案内板、地図の東150mの「古利根公園自然観察の森」に説明板ありました。
駐車場なし。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。