小森城(こもりじょう)

小森城の基本情報

通称・別名

所在地

千葉県白井市平塚字三夜台

旧国名

下総国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

原氏?

廃城年

遺構

曲輪、腰曲輪、土塁、横堀(空堀)、土橋

指定文化財

再建造物

周辺の城

小野田城(千葉県船橋市)[5.0km]
中峠城(千葉県我孫子市)[5.6km]
箕輪城(千葉県柏市)[5.9km]
佐津間城(千葉県鎌ケ谷市)[6.8km]
布川城(茨城県北相馬郡)[7.2km]

小森城の解説文

※この城郭は2019年4月6日に名称と位置が変更となりました。

小森城(こもりじょう)は千葉県白井市平塚にあった城である。

遺構
白井第二工業団地の北東、標高約22mの台地突端に位置する。

北西端にある主郭は約40mx60mの大きさで、高さ約2mの土塁に囲まれており、北東隅には櫓台を残す(『週日』)。北側は急斜面となっている。

主郭の東側には土塁と横堀を備えた二ノ郭があるが、その南西側は工業団地が造成されているため旧状を留めない。

歴史
築城年、築城主ともに不明だが、小森城のあった地はかつて平塚郷と呼ばれ、鎌倉時代には金沢氏が、室町時代前期は円覚寺が同地を治めていたという(『広白』)。

その後、戦国時代になると千葉氏の家臣で、臼井城(佐倉市)に拠る原氏の支配下にあったと推測されている(『広白』)。

城郭に関する文献がほとんど残されていないことから、その歴史ついては不明な点が多いが、かつては手賀沼が間近に迫っていた(『広白』)ことや、縄張りが比較的小規模かつ簡素であることから、手賀沼の水運を管理、監視する目的で使用された拠点であったとも考えられる。

交通
北総鉄道北総線白井駅から車で約15分

参考文献
『大系』:『日本城郭大系 第6巻』新人物往来社、1980年。
『広白』:『広報しろい No.697』白井市教育委員会生涯学習課文化班、2012年。
『週日』:『週刊日本の城』デアゴスティーニ・ジャパン、2013年。

小森城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。