東林寺城(とうりんじじょう)

東林寺城の基本情報

通称・別名

新地城

所在地

茨城県牛久市新地町149

旧国名

常陸国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

岡見氏

築城年

永禄年間(1558〜1570)?

主な改修者

主な城主

岡見氏、近藤氏

廃城年

遺構

土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

説明板(東林寺城跡五輪塔)

周辺の城

牛久城(茨城県牛久市)[1.4km]
馴馬城(茨城県龍ケ崎市)[6.7km]
小坂城(茨城県牛久市)[7.0km]
高井城(茨城県取手市)[8.0km]
龍ケ崎城(茨城県龍ケ崎市)[8.4km]

東林寺城の解説文

東林寺城(とうりんじじょう)は茨城県牛久市新地町にあった日本の城。

概要
東林寺城は、牛久城を拠点に勢力を張った岡見氏によって築かれた平山城で、牛久城同様、岡見氏及び後北条氏方の拠点として用いられたものと考えられている。城の地積は大きく、南北150m、東西70mの規模を有する。同じく大規模な城郭である牛久城とは指呼の距離であり、また、牛久在番衆の一翼を担った井田氏の坂田城と構造が酷似していることから、牛久在番との関連を指摘する向きもある。

歴史・沿革
永禄年間(1558年~1570年)、岡見氏により築城されたものと考えられている。
1566年(永禄9年)のものと考えられる小田氏治味方地利覚書(上杉文書)がある。
 ここに、東林寺城の城主が近藤治部であったことが書かれている。

天正10年代の岡見氏本知行等覚書写には、城主が岡見治広の城と書かれている。
結城氏家来の野口豊前は、東林寺城攻めを書きとめている。
その後の東林寺城については詳らかではないが、小田原征伐の際に廃城になったものと考えられる。

構造
牛久沼に向かって延びる半島状台地先端に占地し、先端部の一郭から四郭まで四つの郭を重ねる。

各郭の間には土塁及び空堀が設けられ、土塁は横矢掛りを備え、二郭及び三郭の虎口は前面に馬出しが設けられていた。外郭の四郭にも土塁及び空堀が存在するが、他郭のものと比べて著しく規模が小さい。

考古資料
遺構...

東林寺城の口コミ情報

立花飛騨守様[2017年07月25日]
牛久駅から、徒歩50分くらいでしょうか。テクテク、歩いて行きました。

途中、牛久城に寄りながら行くのもオススメ。かっぱ号も、本数は少ないが、近くまで来ていたはずです。

遺構の状態は必ずしも良くないですが、深い空堀が見られます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore