馴馬城(なれうまじょう)

馴馬城の基本情報

通称・別名

馴馬沼田城、馴馬楯

所在地

茨城県龍ケ崎市馴馬町2507

旧国名

常陸国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

春日顕国

築城年

南北朝時代

主な改修者

主な城主

春日氏

廃城年

遺構

曲輪、横堀(空堀)、土橋

指定文化財

県史跡(馴馬城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

龍ケ崎城(茨城県龍ケ崎市)[1.8km]
牛久城(茨城県牛久市)[5.3km]
小坂城(茨城県牛久市)[6.0km]
東林寺城(茨城県牛久市)[6.7km]
布川城(茨城県北相馬郡)[7.3km]
大台城(千葉県印旛郡)[9.7km]
中峠城(千葉県我孫子市)[10.1km]
高井城(茨城県取手市)[12.2km]
塙城(茨城県稲敷郡)[12.8km]
江戸崎城(茨城県稲敷市)[13.7km]

馴馬城の解説文

馴馬城(なれうまじょう)は、茨城県龍ケ崎市にあった日本の城。

概要
南北朝時代初期から常陸国河内郡の南朝拠点として築城された。歴代の城主は不明であるが、南朝方の武将が就任していたと推測される。

古文書文献には暦応4年/興国2年(1341年)「河内郡馴馬楯引退」と記されていて北朝である足利氏から攻撃されている。康永3年/興国5年(1344年)には近隣を治めていた小田氏・東条氏は高師冬の攻撃によって北朝方に制圧された。その動向を危惧した南朝方の春日顕国は各地に潜伏して北朝の攻撃から逃れた後に馴馬城を占拠して籠城したが、笠間宍戸荘の宍戸朝里の攻撃によって落城した。

遺構は谷状の空堀・曲輪・土塁が残っている。1940年4月5日に茨城県指定史跡に認定された。

馴馬城の口コミ情報

2020年08月22日 kazuyou宮内大輔
馴馬城



龍ヶ崎歴史民俗資料館の裏に存在する城で、南北朝時代のかなり早い時期に築城されたらしく、遺構は古式です。空堀や土橋、曲輪が残っていますが、本丸にあたる台地は削られて消滅しています。資料館にパンフレットがあります☝️

2019年08月25日 源摂津守@ポンコ2
馴馬城



市歴史民俗資料館で馴馬城に関する資料をいただき、その際「主郭は東●ガス建屋でなくなり、裏の駐車場奥に案内書と空堀・土橋、碑がある」と伺いました。
ここは空堀で挟む土橋、堀切が見所でした。
土橋につながる道を上がっていくと住んではる民家につながり、現役の道ですのでお気をつけ下さい。投稿されてる碑はわかりませんでした。

市歴史民俗資料館前に、市内から移築の古商店や納屋があり、商店の中には古い看板や黒電話、納屋にも脱穀機など置かれ、これはこれでノスタルジックな気分になれました。


2016年11月15日 まー刑部卿
馴馬城

龍ヶ崎市歴史民俗資料館駐車場(無料)からすぐのところに城跡有り。ただし歴史民俗資料館内に馴馬城についての資料はありません。入場無料です。仙台藩龍ヶ崎陣屋の資料はありました。城跡は土橋とその両側にある空堀があるぐらいで観る価値はあまりないと思います。

2015年06月15日 独眼竜大宰大弐道灌?!
馴馬城

龍ケ崎市歴史民俗資料館を目印に行かれると直ぐ分かります(^^)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore