小坂城(おさかじょう)

小坂城の基本情報

通称・別名

所在地

茨城県牛久市小坂町

旧国名

常陸国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

岡見治資

築城年

永禄年間(1558〜1570)?

主な改修者

主な城主

岡見氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、櫓台

指定文化財

市史跡(小坂城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

馴馬城(茨城県龍ケ崎市)[6.0km]
牛久城(茨城県牛久市)[6.0km]
龍ケ崎城(茨城県龍ケ崎市)[6.5km]
東林寺城(茨城県牛久市)[7.0km]
塙城(茨城県稲敷郡)[7.3km]
木原城(茨城県稲敷郡)[10.2km]
江戸崎城(茨城県稲敷市)[11.0km]
土浦城(茨城県土浦市)[13.2km]
布川城(茨城県北相馬郡)[13.3km]
谷田部城(茨城県つくば市)[13.5km]

小坂城の解説文

小坂城(おさかじょう)は茨城県牛久市小坂町にあった日本の城。

地理
小坂城は、小坂団地と小坂の集落の間にある愛宕山に築城された戦国時代の城跡である。

歴史
この城は小田氏から分流した岡見弾正忠治資が牛久城を築城する少し前につくったとされる。

小田家風記には「小坂城主が岡見備中守であり、一万石の小田一族大名」として記録されている。

新編常陸国誌には、「天文17年(1548年)に小野川の対岸の泉城から攻撃を受け、小坂岡見勢が泉城主の東条重定を討って撃退した」とされている。

この小坂合戦には、東条氏に味方する江戸崎の土岐氏と岡見氏に味方する小田氏も参戦したとされている。

城の構造
小規模ではあるが技巧的な城館として残されている。南端Iにある主郭は、県道の改修時に発掘調査が行われ、三分の一程度が削り取られている。主郭の周りは土塁と空堀がめぐっており、曲輪IIも土塁が全周し、その外側は大規模な空掘で囲まれている。北面中央の開口部は櫓門の虎口跡と思われる。曲輪IIIは大規模な土塁が全周し、東北部には破壊された土橋で城外と接続されていたことが考えられる。

主廓の発掘調査では堀の城内側が柵で囲まれ、南西の堀底には三ヶ所の障子堀の遺構が発掘されている。

岡見城との間にある深い谷津に阻まれている。この谷津を境に西側が河内郡で東側が信太荘に分断されていた。そして、小野川の南側の対岸は東条荘であり、小坂城は敵対する土岐氏との境目に築かれた城と位置づけられる。
...

小坂城の口コミ情報

2020年10月11日 甲府左京亮城介
岡見城[小坂城  周辺城郭]



牛久周辺を治めた豪族・岡見氏の発祥の地

【歴史】
南北朝時代に小田治久の次男・邦知が岡見の地に封ぜられた際に、築城されたと考えられる。その後、岡見氏は牛久城を居城としたが、この岡見城も何らかの形で拡張は行われていた模様である。北条氏の滅亡と共に岡見氏も滅亡し、同時に廃城となったと思われる。

【遺構】
小野川に接する台地上に造られており、本殿・西殿・南殿という形で構成されている。
本殿には岡見城の石碑と岡見氏の供養塔がある。南北朝期の典型的な方形居館でおり、土塁に囲まれた主郭と、北側に二重の空堀がある。
西殿は、本殿から池を挟んで東側にあるが、私有地のため、遺構の確認はしていない。
南殿は、県道48号線を挟んで東側の台地上にあるが、工事によって、山肌が見えており、ここも遺構の確認はしていない。

【感想】
ほとんど整備が行われていないため、蜘蛛の巣が多く、倒木・倒竹がそのままとなっている。主郭内は完全に藪化しており、中に入ることは無理であった。しかし、主郭を囲む空堀や土塁は綺麗に残っている。
南殿は工事が行われており、貴重な遺構が破壊されてしまうのは残念である。

【アクセス】
牛久駅から「小坂団地」または「牛久浄苑」行きに乗り、岡見会館入口で下車し、徒歩10分。
バス停から国道408号を西に300mほど歩くと、民家の片隅に「岡見城入口」の石碑があるので、そこを曲がり、しばらく歩くと、ビニールハウスがあるあたりに畦道があり、そこが入口となる。
道は細いので、車を停めるスペースはありません。

【写真】
1:岡見城入口の石碑
2:岡見城入口
3:岡見城跡の石碑
4:本殿の空堀
5:本殿東側の土塁
6:南殿の遠景

2020年10月10日 甲府左京亮城介
久野城[小坂城  周辺城郭]



江戸崎土岐氏の支城の一つ

【歴史】
築城年代は不明だが、永禄二年(1559年)には野口備前守の支配下にあり、天正五年(1577年)には土岐越前守の支配下にあった。野口氏は土岐氏の降ったと見られ、そのまま土着したとのこと。廃城したのは不明だが、おそらく土岐氏が没落したのと同時に廃城になったと思慮される。

【遺構】
牛久大仏がある牛久浄苑の南にある台地に築城されている。
乙戸川に面する南側が1郭にあたり、現在は大部分が墓地となっているが、土塁等が遺構も残っている。1郭と3郭の間には横堀があるが、かなり浅く埋められた可能性は高い。3郭には、北西側に折れ曲がった虎口も存在している。また、牛久浄苑と久野城の間は、谷戸となっており、段曲輪らしき遺構も確認できる。


【感想】
特に看板がある訳ではないので、入口が分かりにくかった。草刈りをしていた地元の方に登り口を聞いて、ようやく確信してから登城できました。
主郭部分と思われる部分は墓地となっており、その背後は完全に藪となっていた。一応、空堀や西側の虎口を確認することができた。写真だと、藪が激しくて全くわからない状態ではあるが…

【アクセス】
牛久駅から牛久浄苑行きのバスで、牛久浄苑で下車し、徒歩で10分程。乙戸川の面した南側にある墓地(牛久浄苑ではない地元の墓地)入口から登城できる。
車の場合は、牛久浄苑の駐車場を利用できる。

【写真】
1:久野城の入口
2:1郭の土塁
3:1郭と3郭の空堀
4:3郭の虎口
5:久野城と牛久浄苑の間の谷戸

2020年10月06日 甲府左京亮城介
下小池城[小坂城  周辺城郭]



佐竹・多賀谷の脅威を感じた江戸崎土岐氏が築城

【歴史】
築城年代は不明だが、多賀谷氏の圧力が強まった天正初期と推測される。江戸崎城直属の城番が詰めていたらしい。築城されたが、一度も戦闘することなく、小田原征伐により土岐氏が没落すると同時に廃城になったと推測される。

【遺構】
乙戸川北側の舌状台地に築城され、本郭・二の郭・三の郭の連郭式の城で、現在は小池城址公園となっている。
本郭や二の郭には、土塁や空堀が残っています。特に、二の郭の虎口部分には、内枡形や横矢が残っています。
一方で、かつて畝堀があったようだが、公園造成の際に埋められたようで、その名残らしき浅い堀が公園内に残っている。

【感想】
土塁や空堀、内枡形虎口が明瞭に残っている一方で、畝堀が埋められてしまったのはかなり残念です。三の郭である公園内は比較的綺麗に整備されていますが、本郭や二の郭は藪漕ぎする必要があり、遺構をあまり確認できなかった。また、二の郭に入るとフェンスが存在し、本郭の方に行けないのかと思ったら、別にそういう訳でもなく、普通に行くことができます。
とはいえ、戦国時代の築城技術が使われていることを感じることができるお城だと思います。

【アクセス】
土浦市からレンタサイクルを借りてリア攻めしたので、公共交通機関でのアクセスは不明。ただし、2kmほど東に牛久大仏があるので、バスが近くを通っている可能性はある。
小池城址公園には駐車場があるので、車でのアクセスは容易。

【写真】
1:看板
2:公園内に残る畝堀の跡か?
3:二の郭の虎口
4:二の郭の虎口部分の横矢
5:本郭(左側)と空堀(藪で分かりにくいですが)

2020年09月06日 宇都宮外記健太郎
小坂城



牛久市ヤマイチ味噌にて岡見城と合わせて
御城印を手に入れました。

2020年08月23日 kazuyou宮内大輔
小坂城



この城は、小田氏より出た岡見氏の居城です。小さい城ですが、横矢がかりを多用して敵の侵入を防いでいます☝️巧みに造られた城郭です。現在は、城址公園として整備されて、見学しやすくなり、駐車場🅿️4台、大型1台分あります。トイレ🚻はありません。

2020年06月17日 独眼竜
小坂城入り口ご案内①・②[小坂城  碑・説明板]

とりあえず城主就任を記念して新機能のリア攻め投稿してみましたが、使い方あってるかな?

四の曲輪なんて初めてみました。他の城では、三の曲輪までしか見たことがありませんね❗️

2020年05月24日 みかも主税助48世
小坂城



潮来の島崎城跡と共に初心者に優しい城跡だと思います。あちこちに説明板もあってとても分かりやすいです。駐車場有。トイレなし。

2020年01月15日 独眼竜
小坂城



小坂城公園という事になっていますが、あまり整備されていない気がします。
ただ、このお城は小高い場所にあり、川も近くにあるので、石垣作りの天守閣のあるお城だったならば、結構いい城になったのかも⁉️

2019年06月11日 ⛫武蔵の謙
小坂城



四郭、二郭間の二重堀。新編常陸国誌によれば、天文17年に小野川対岸の泉城主、東条重定が小坂の地に攻め寄せ合戦となったという。

2019年06月10日 ⛫武蔵の謙
小坂城



二郭南側斜面の竪堀。本郭、二郭南端部分は国道の拡幅工事により削られてしまい消失する。12/31撮影。

2019年06月07日 ⛫武蔵の謙
小坂城



城の北東部に位置する四郭。天目茶碗や石臼が出土したことから文化的な空間との指摘がある。或いは鬼門除けの祠等が置かれた可能性もあろう。

2019年06月06日 ⛫武蔵の謙
小坂城



本郭への虎口が想定される土塁の切れ目。堀には木橋が架けられていたであろう。虎口の土塁も重厚である。

2019年06月05日 ⛫武蔵の謙
小坂城



二郭北側から見た本郭の堀(右)と二郭の堀。堀には屈曲が有り横矢掛りとなる。小規模ながら技巧的な縄張り。12/31撮影。

2019年06月04日 ⛫武蔵の謙
小坂城



四郭の空堀(手前)と二郭(奥)を区画する空堀。この部分は二重空堀になる。二郭側の空堀は幅、深さも規模が大きい。

2019年06月03日 ⛫武蔵の謙
小坂城



二郭から見た本郭北側の張り出し部分。(出枡形)櫓台があったと推定され、防御する上での司令塔として機能した。2018.12/31撮影。

2019年05月31日 ⛫武蔵の謙
小坂城



三郭、二郭間の虎口。城の北側を通る鎌倉街道を抑える要衝に位置する。一説では牛久城に本拠を移す前の岡見氏の居城ともいわれる。

2018年07月11日 愛甲美濃守白鷺1号【龍0】
小坂城

圏央道阿見東ICから南下して国道408号を東に進むと程なく到着しますが、道沿いには目立たない案内看板が出ているだけです。駐車場は4台分あります。
数百メートル四方の小さな城址ですが、外郭の土塁、内部を縦横に走る空堀が見事です。一〜四ノ曲輪まで残っており、土橋、櫓台もよく面影を残しています。整備もよく施されていて、地元の思いが伝わってきます。案内板も分かりやすく、初心者が城郭遺構を学ぶのに好都合ではないかと思います。

2017年12月12日 mas.k上野介57th
小坂城

下草刈もバッチリ、二重空堀がいっぱいで見所満載
小さいけれど見応えのある城跡でした
国道造成で削られた一郭の南西角は堀と土塁の輪郭が
よく分かりますよ

二郭のすぐ北側まで住宅地が迫っていてそのギャップも
いい感じです

これ以上開発が進まないで欲しい城でした

2016年07月30日 立花飛騨守
小坂城

かっぱ号に、城址入口停留所ができました。

2015年09月28日 
小坂城

迷子になりそうになった


2015年08月23日 平 参議 泰次郎 將門
小坂城

国道408号沿い 坂から降りて来るような側道入口に、A2サイズ位の看板「小坂城趾 ←50m」あり

側道入り50mで左側に乗用車4台分と左側の城趾側にマイクロバス一台駐車出来る舗装の駐車場あります

トイレはありません

2015年06月16日 独眼竜大宰大弐道灌?!
小坂城

入り口が分りやすく、駐車場は四台分確保されています。城址公園として、よく整備されているようで、大変見やすかったです。主郭部分が道路拡張の為に削られてしまったようですが、その他の保存状態は素晴らしく、リア攻めする価値は有ると思います。(^^)

2012年01月05日 足軽越中守一歩
小坂城

2012/1/5 現在
駐車場に石碑、階段の工事中でした。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore