小坂城(おさかじょう)

小坂城の基本情報

通称・別名

所在地

茨城県牛久市小坂町

旧国名

常陸国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

岡見治資

築城年

永禄年間(1558〜1570)?

主な改修者

主な城主

岡見氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、空堀、櫓台

指定文化財

市史跡(小坂城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

馴馬城(茨城県龍ケ崎市)[6.0km]
牛久城(茨城県牛久市)[6.0km]
龍ケ崎城(茨城県龍ケ崎市)[6.5km]
東林寺城(茨城県牛久市)[7.0km]
塙城(茨城県稲敷郡)[7.3km]

小坂城の解説文

小坂城(おさかじょう)は茨城県牛久市小坂町にあった城。 

地理
小坂城は、小坂団地と小坂の集落の間にある愛宕山に築城された戦国時代の城跡である。

歴史
この城は小田氏から分流した岡見弾正忠治資が牛久城を築城する少し前につくったとされる。

小田家風記には「小坂城主が岡見備中守であり、一万石の小田一族大名」として記録されている。

新編常陸国誌には、「天文17年(1548年)に小野川の対岸の泉城から攻撃を受け、小坂岡見勢が泉城主の東条重定を討って撃退した」とされている。

この小坂合戦には、東条氏に味方する江戸崎の土岐氏と岡見氏に味方する小田氏も参戦したとされている。

城の構造
小坂城は、小規模ではあるが技巧的な城館として残されている。南端Ⅰにある主郭は、県道の改修時に発掘調査が行われ、三分の一程度が削り取られている。主郭の周りは土塁と空堀がめぐっており、曲輪Ⅱも土塁が全周し、その外側は大規模な空掘で囲まれている。北面中央の開口部は櫓門の虎口跡と思われる。曲輪Ⅲは大規模な土塁が全周し、東北部には破壊された土橋で城外と接続されていたことが考えられる。
 小坂城の主廓の発掘調査では、堀の城内側が柵で囲まれ、南西の堀底には、三ヶ所の障子堀の遺構が発掘されている。

小坂城は、岡見城との間にある深い谷津に阻まれている。この谷津を境に西側が河内郡で東側が信太荘に分断されていた。そして、小野川の南側の対岸は東条荘であり、小坂城は敵対する土岐氏との境目に築かれた城と位置づけられる。

小坂城と笄松物語...

小坂城の口コミ情報

立花飛騨守様[2016年07月30日]
かっぱ号に、城址入口停留所ができました。

ちり様[2015年09月28日]
迷子になりそうになった

式部卿泰次郎 將門様[2015年08月23日]
国道408号沿い 坂から降りて来るような側道入口に、A2サイズ位の看板「小坂城趾 ←50m」あり

側道入り50mで左側に乗用車4台分と左側の城趾側にマイクロバス一台駐車出来る舗装の駐車場あります

トイレはありません

太田武蔵守道灌!?様[2015年06月16日]
入り口が分りやすく、駐車場は四台分確保されています。城址公園として、よく整備されているようで、大変見やすかったです。主郭部分が道路拡張の為に削られてしまったようですが、その他の保存状態は素晴らしく、リア攻めする価値は有ると思います。(^^)

足軽越中守一歩様[2012年01月05日]
2012/1/5 現在
駐車場に石碑、階段の工事中でした。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore