丸山城(まるやまじょう)

丸山城の基本情報

通称・別名

地黄古城、天王丸、城山城、能勢城

所在地

大阪府豊能郡能勢町地黄

旧国名

摂津国

分類・構造

平山城

天守構造

不明

築城主

能勢頼国

築城年

長元年間(1028〜1038)

主な改修者

不明

主な城主

能勢氏

廃城年

慶長7年(1602)

遺構

曲輪、帯曲輪、堀切

指定文化財

再建造物

周辺の城

地黄城(大阪府豊能郡)[0.4km]
野間城(大阪府豊能郡)[2.3km]
笑路城(京都府亀岡市)[5.7km]
山下城(兵庫県川西市)[7.9km]
高山城(大阪府豊能郡)[7.9km]

丸山城の解説文

丸山城(まるやまじょう)は、大阪府豊能郡能勢町地黄にあった平山城

概要

摂津国能勢郡の丸山城は、地黄の北西に突き出した尾根先端の標高278メートル、比高約40メートルの丸山という残丘上に位置する。

ここは、摂津から丹波国へと通じる街道に面した交通の要衝で耕作地も広く、長元年間(1028年-1036年)にこの地に入部した豪族能勢氏の本拠地となった。能勢氏は、近在で産出した銀や銅の流通を把握して勢力を拡大し、周辺武士団の惣領として武威を振るったという。

丸山にはすでに平安時代末には城館が営まれたとみられ、大手登り口付近には多くの平坦地を確認している。能勢氏はその平坦地に居館をおいたと考えられる。

なお、鎌倉時代の石造九重層塔や南北朝時代の石造宝篋印塔が現在も残っている。

沿革
摂津源氏の源頼国は、長元年間、この地に入部して苗字として能勢氏を名乗り、丸山城を築いたと云われている。その後、中世を通じて能勢氏の本拠となったが、その詳細はよくわかっていない部分が多い。

能勢頼道と丸山城
1578年、それまで織田信長に出仕していた有岡城(兵庫県伊丹市)の荒木村重は突然信長に反旗を翻し、有岡城の戦いが起こった。このとき、丸山城の21代城主であった能勢頼道は、高槻城(高槻市)の城主高山右近、茨木城(茨木市)の城主中川清秀と同調し、荒木村重に従った。しかし、その後高山右近、中川清秀はともに信長方の説得に応じて開城している。翌天正7年(1579年)4月、有岡城の攻城中に織田信忠、織田信澄を両大将に、筒井順慶、丹羽長秀、蜂屋頼隆、原胤広、金森長近、中川清秀ら1万5,000の兵が能勢に出軍してきた。このとき、能勢郡の西郷の諸城は次々に落城し、織田信長の支配下へ入っていったが、東郷の丸山城については不明である。『能勢町史』によると「能勢頼道はあくまでも反信長の態度を維持することができたのか、その動きを知りうる史料はない」として、この間の能勢頼道の動きを不明としている。

1579年、第二次黒井城の戦いで丹波国を平定した信長は、中国攻めのための補給線上にあるとして丸山城を重要視し、山下城(兵庫県川西市)の城主で信長方の塩川国満を通じて織田氏に帰属するように勧めたが、能勢頼道は、これに応じなかった。翌天正8年(1580年)9月17日、塩川国満は能勢頼道を山下城に招きいれ、殺害してしまった。

能勢頼長・頼次と丸山城...

丸山城の口コミ情報

カーネル様[2016年09月22日]
圓珠寺から、東の大通りを20分ちょい北上すると地黄城です。ここから真西に向かうとすぐに国道477にぶつかりますが、右を見るとこんもりした山の中腹に丸山城の文字があります

山の東に案内板があり、そこから少し北に登山口があります。・・・ですが道は草で覆われ、トゲトゲの木がいっぱいあってテンション↓
ほどなくして、二ノ丸到着し、ここは本丸直下の帯曲輪にもなってます。この規模は凄いです。テンション↑でした
奥には狼煙台で、本丸との間には土塁と堀があります。主郭は荒れてました

二ノ丸に戻ると、反対側に降りれる道があるので、そちらから下山しました。こちらは、道が広く快適でした

下った先は、城の南西にある石造九重塔でした。場所はわかりにくいですけど、こちらからの登城をオススメします

妙見口駅-野間城-地黄城-丸山城-妙見口駅で4時間半でした
前の方も書かれてる通り、阪急バスを利用するのがいいと思います

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

邦順大和守大八郎宗久様[2016年04月26日]
全体の7割ほど探検してみました。草木の刈り取りが足りない所もありますが、些細な事でしょう。

現地の城跡要図では本丸南の段状に連なる郭が二ノ丸・三ノ丸で、本丸北側は見張櫓(城郭大系では、ここが三の丸)とされています。

土塁はあまり無かったのですが、見張櫓(狼煙台跡)の郭と本丸の間に虎口のある土塁がありました。後述する堀切を上手く抜けた敵勢を抑える為と思います。

見張櫓と北側の天王丸なる郭の間に広い堀切があり、箱堀状の底に更に竪堀を設けてある、私見ですが城跡一の見所と思います。西側が傾斜緩めなので、敵勢を誘い込み、上段にある郭から挟み撃ち…などと考えました。

妙見口駅から歩きましたが、遠いし途中歩道が無いのでバスか自動車・二輪車で行くと良いでしょう。登城した城跡東側は地道ですが、車1台停めても邪魔にならないスペースがあったと思います(城跡北に駐車場ありますが、お店のだったはず)。ただ急傾斜を行くので高所恐怖症な方には少し辛いでしょう…

しっかり遺構が残った土の城です。行っても損はないと思いますよ。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore