新田城(しんでんじょう)

新田城の基本情報

通称・別名

多田城

所在地

兵庫県川西市新田3

旧国名

摂津国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

源満仲

築城年

承平年間(931〜938)

主な改修者

主な城主

塩川氏

廃城年

遺構

不明(昭和中期までは礎石、削平地、横堀(空堀)等があった)

指定文化財

再建造物

周辺の城

山下城(兵庫県川西市)[4.0km]
池田城(大阪府池田市)[4.4km]
高山城(大阪府豊能郡)[7.1km]
小浜城(兵庫県宝塚市)[7.8km]
善福寺原城(大阪府箕面市)[8.4km]

新田城の解説文

新田城(しんでんじょう)は、兵庫県川西市新田3丁目付近にあった平山城

概要
新田城の別名「多田城」ともいい、旧新田村にあった城。新田城の広い意味では、東を塩川、西側から南側にかけて猪名川が流れ、東南隅で合流している2つの川に囲まれた地で、源満仲(多田満仲)と御家人が集落を作っていた地域を新田城と呼ばれていた。

軍事施設としての新田城は、新田3丁目付近にある丘陵部に築城されたと考えられている。この付近は、御家人中で有力者であった塩川氏が代々守り、本城としていた。しかし、天正年間の塩川国満時代には山下城が本城と考えられて、新田城は山下城の支城として存在していたと考えられている。

有岡城の戦いでは多田神社をはじめ新田城や付近一帯も焼き討ちにあっている。荒木村重が当初織田信長に反抗するための備え城とした「多田城」とは、この新田城の可能性もあるが、『川西市史』によるとこの時期「山下城の塩川国満」とあるので山下城の可能性を指摘している。

天正6年(1578年)10月-12月にかけて、この地域を焼き討ちにした武将は中村直勝で、川西市の多田神社以外の寺社としては、満願寺、栄根寺なども焼き討ちにあった。『明治八年新田村地寺図』によると新田城の中心地として「城山」、「城山ノ下」、「城ノ下」、「東堀」の字名があり、現在の場所でいうと新田3丁目付近に主郭があった。昭和中期までは、新田城の礎石、削平段、堅堀跡があったと言われているが、現在は宅地化され多田グリーンハイツとなっている。

交通
電車
 能勢電鉄 妙見線 多田駅 下車
 徒歩 約10分

 阪神高速道路 11号池田線 池田木部第二出入口 → 国道173号
 周辺に駐車場無し

参考文献
『日本城郭大系』第12巻 大阪・兵庫、新人物往来社、1981年3月、330頁。...

新田城の口コミ情報

摂津守さかな様[2013年03月22日]
再度、新田城の痕跡を探しに行ってきました。城の解説文にある「新田3丁目」へ行きましたが、城の痕跡は発見できません。
ちなみに新田の地域に入り込むと迷路のようで、脱出に苦労しました。←侵入者を拒むかの如し(>.<)

摂津守さかな様[2013年01月14日]
このアプリの地図が示す地点まで行きましたが、城に関連ある物は何もありませんでした。(>.<)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore