山下城(やましたじょう)

山下城の基本情報

通称・別名

龍尾城、一庫城、塩川城、獅子山城、多田城

所在地

兵庫県川西市山下、一庫

旧国名

摂津国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

塩川氏

築城年

天文11年(1542)以前

主な改修者

主な城主

塩川氏

廃城年

天正12年(1584)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、堀切、竪堀、井戸跡

指定文化財

再建造物

周辺の城

新田城(兵庫県川西市)[4.0km]
野間城(大阪府豊能郡)[5.9km]
高山城(大阪府豊能郡)[6.7km]
地黄城(大阪府豊能郡)[7.9km]
丸山城(大阪府豊能郡)[7.9km]

山下城の解説文

山下城(やましたじょう)は兵庫県川西市にある向山(標高:188.4m)と、谷を隔てて城山(標高:181.4m)にある2つの山からなる山城。城山の方は登山道も整備され、巨大な堀切跡など多数の遺構が確認できる。

概要
この城は二山一城で、北側と西側に一庫川が流れており、南側を初谷川が流れ一庫川に合流している。また城山の山麓にある下財町周辺には山下城の居館があり、下財屋敷は一辺が約160mであったとされている。また山下町や初谷川より南側全体が山下城の城下町が形成されていた可能性も指摘されている。近くには一庫ダム、川西市立郷土資料館がある。

沿革
築城3説
田中政一の著書『多田雪霜談考』によると山下城の築城は3説存在している。

1.天禄年間(970〜973年)に源満仲の女婿、塩川仲義が新田城の支城として築城した
2.南北朝時代に塩川仲章が築城した
3.天文11年(1579年)4月20日塩川国満が織田信長から与えられた

諸説いろいろあるが、山下城という名称は江戸時代以後に使われていたものであり、「龍尾城」という別名も資料には登場しないので城史については不明とされていた。しかし、近年新たな文献の考察により山下城の実態が明確になりつつある。

それは、『高代寺日記』(内閣文庫所蔵)の下巻『塩川家臣日記』という副題がある書物で天文11年(1542年)の項目に、

{{quotation|
七月末ヨリ國満獅子山二城ヲ築給フ、惑説ニ去ル年末中ヨリコレラヲ催サルト云、是越後守古城ノアトナリ。|高代寺日記(内閣文庫所蔵)
}}
...

山下城の口コミ情報

若狭守次郎吉様[2017年02月08日]
山下城は古城山城と向山城の2つに分かれていますが、今回は古城山城の方の口コミです。

登山口は川西市立郷土館の北西近くにあります。登山口を示す看板は特にありませんでした。登山道は整備されていて登りやすいです。

登山口から10分ほど登っていくと神社が出てきます。そこ辺りから城域です。更に登ると再び神社(愛宕神社)が出てきます。此処からは城下が一望できます。

愛宕神社のある曲輪からは東曲輪群で主郭まで段々曲輪がずっと続きます。途中には高さ7M程の切岸もありあす。

登山口から20分ほどで主郭です。主郭の東側には結構長めの土塁があります。主郭の北側には櫓台があります。主郭の北東部の切岸には石垣が一部残っておりました。

山下城(古城山)の最大の見どころは主郭を北東部に下ったところにある二重堀切と2つの堀切の間にある大土塁です!二重堀切からの竪堀も圧巻です。堀切には土橋もありました。

主郭と東曲輪群はよく整備されていましたが、西曲輪群は整備があまりされていない印象を受けました。

見学時間は余裕をもって1時間程でしょうか。

INO-C-C左近衛少将様[2016年02月01日]
登り口は南側、平野神社の裏側からになります。
登山道は緩やかですが道のりは長いです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore