小浜城(こはまじょう)

小浜城の基本情報

通称・別名

小浜寺内

所在地

兵庫県宝塚市小浜4(亳摂寺)

旧国名

摂津国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

一向一揆勢

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

主な城主

一向一揆勢、池田恒興、豊臣秀次

廃城年

遺構

横堀(水堀)、門跡、土塁

指定文化財

再建造物

周辺の城

有岡城(兵庫県伊丹市)[5.9km]
池田城(大阪府池田市)[6.2km]
富松城(兵庫県尼崎市)[6.4km]
瓦林城(兵庫県西宮市)[6.4km]
越水城(兵庫県西宮市)[7.2km]

小浜城の解説文

小浜宿(こはまじゅく)は、有馬街道の宿場の一つ。江戸時代の摂津国川辺郡小浜町、現在の兵庫県宝塚市小浜にあった。 京伏見街道、西宮街道も通り、交通の要衝であった。

沿革
小浜は伊丹台地の西端に位置し、平安時代に周辺が陸化するまで瀬戸内海が深く入り込む浜であった。9世紀に国府が置かれ、総社・売布神社が創設される。

15世紀末、覚如の末裔である一向宗(浄土真宗)の善秀が小浜庄を開き毫摂寺を建立。その際、周囲三方を大堀川が迂回する地形を利用して小浜を城塞化、寺内町として一向宗勢力の拠点となり、戦国大名や織田信長の一向一揆弾圧に備えた。信長が、荒木村重を伊丹城に攻めた(有岡城の戦い)際には、信長方に付いて難を逃れている。

その後、有馬などの街道が通る交通の要衝としての地位を確立する。豊臣秀吉や秀次も有馬湯治の際に立ち寄ったが、秀次が毫摂寺の娘を側室にしたことから、秀次失脚の折、焼き打ちにあってしまう。

復興した小浜は、その後江戸幕府からも重視され、小浜宿が成立して発展。脇本陣や旅篭、木賃宿、商家、馬借が林立した。また、名水「玉の井」を使用した酒造「小浜流」が発達。灘五郷に先立つ大酒造業地となるが、18世紀から次第に灘五郷へ譲渡されてほぼ消滅する。1723年には大工の集団「小浜組」が結成、大工の町としても知られるようになる。

寺内町
小浜は、南西北の三方を迂回する大堀川に加えて東側に溜池を掘り、周囲に土塁を廻らして防御性を高めた城塞寺内町であった。街道ごとの三方には門を構え、東門は京伏見街道、北門は有馬街道、南門は西宮街道に通じていた。南北750m・東西400mの総構えで、小浜城とも呼ばれる。

小浜城の口コミ情報

ランバ・ラル 右兵衛佐 昭彦様[2017年05月09日]
地元民より。もし、車で訪れる場合は、小浜交差点からの侵入はオススメできません。狭い、一方通行、迷路並、Pほぼ無し。近くから歩きが良いかと(^^) 大した遺構もないですが、観光の人は少な〜いですよ☆。

若狭守次郎吉様[2017年03月11日]
戦国期には寺内町として栄えた小浜城跡は江戸期には宿場町として栄えました。小浜宿は京伏見街道・西宮街道・有馬街道が交差する場所なので、多くの旅人で賑わっていました。また、三田藩や篠山藩などの大名行列も通っていたとか…。

かつては多くの町家が残っていましたが、阪神淡路大震災でその殆どが倒壊してしまっていました。しかし、少しながら倒壊を免れた町家が残っていて、往時を偲ぶことが出来ます。旧井川邸や旧和田家住宅、旧山中邸などがそうです。
旧山中邸はこの地で酒造り→医師をしていた戦国武将の山中幸盛の子孫の旧宅です。現在は非公開ですが近いうちに整備して公開する予定だそうです。また、小浜宿のいろんな処に道標があります。

小浜宿の散策する前に是非とも小浜宿資料館にお立ち寄りください♪小浜宿散策MAPがもらえます。また、資料館の方のお話はとても興味深いです!

旧和田家住宅は小浜付近を代々治めてきた庄屋邸です。こちらもとても興味深いお話を聞くことが出来ました。

若狭守次郎吉様[2017年03月11日]
小浜城は戦国期には亳摂寺を中心とした寺内町でした。寺内町の周囲には水堀と土塁が囲んでいたので、かなりの防御力があったと思います。江戸期には京伏見街道・有馬街道・西宮街道の交差地点であった為、宿場町として栄えました。

現在の城の遺構は水堀跡(大堀川)と北側にある国府橋付近に残っている土塁跡のみです。土塁跡はかなりの高さがあります。また、かつての門跡(北門・東門・南門)には愛宕社があり、その側に小さな石碑があります。

小浜城跡へは阪急電鉄・JR「宝塚」駅より阪神バスに乗車して10分ほどの「小浜」バス停が便利です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore