地黄城(ぢおうじょう)

地黄城の基本情報

通称・別名

地黄陣屋、丸山新城

所在地

大阪府豊能郡能勢町

旧国名

摂津国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

能勢頼次

築城年

慶長7年(1602)

主な改修者

主な城主

能勢氏

廃城年

遺構

石垣、虎口

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

丸山城(大阪府豊能郡)[0.4km]
野間城(大阪府豊能郡)[2.1km]
笑路城(京都府亀岡市)[5.5km]
高山城(大阪府豊能郡)[7.6km]
山下城(兵庫県川西市)[7.9km]

地黄城の解説文

地黄城(じおうじょう)は、大阪府豊能郡能勢町地黄にあった平城。別名、地黄陣屋(じおうじんや)とも呼ばれている。

概要

地黄城は、地黄地区の東寄り、現在の能勢町立東中学校の前面にあたり、その部分はテニスコート及び一部教室にあてられている。東西75m×南北110mの地取りで、丹波国へ通じる道路からやや東に折れ引っ込んだ部分に、大手門を造り、石組みの枡形を止め、西、南、北を石塁で固め、北および南辺は土塁状に高くなって所々に屈折を持たせ、単郭式ながら近世陣屋城としての防備を整えていた。

沿革

能勢頼次は、関ヶ原の戦いで軍功を上げ、旧領と数十か所の村領地が安堵され能勢に復帰し、能勢頼次とその一族の所領を合わせると7,800石余で、野間社を再建、地黄城の築城に着手した。1602年(慶長7年)より普請が開始され、山田彦右衛門なる人物が普請奉行をつとめ丸山城から石材、木材を移し、丸山城の麓にあった市場も地黄城に移し城下の町割りについても整備していった。石垣は丹波国印南村の村民が従事したようで「印南積」と呼ばれている。能勢頼次が印南村民の願いを聞き入れた礼だと伝わっている。元和元年(1615年)秋地黄城は完成する。

能勢頼次は元和7年(1621年)に隠居したが、その間も領民に善政を布き、用水の開墾や道路の改修、また日蓮宗に深く帰依し、領内の各宗の改宗も行っており、能勢氏中興の祖と言われている。しかし、その能勢頼次も寛永3年1月18日(1626年2月14日)江戸で没した。弓術に長けて知勇に優れ、徳川幕府の旗本として活躍した。65歳であった。徳川幕府は遺言によってその子孫に分与した。長男能勢頼重に3,000石、次男能勢頼高に1,500石、三男能勢頼之に1,000石、四男能勢頼永に846石、五男能勢頼平300石をそれぞれに与えた。地黄城は能勢頼重が引き継ぎ後の11代目能勢頼富まで続いた。明治2年12月(1870年1月)に上知し、地黄城は会議所に充てられ1879年(明治12年)3月には能勢郡役所庁舎となり1880年(明治13年)まで使用されていた。

城郭

大手門、搦め手門、堀を設け、西、南、北は石垣を巡らした。東側には空堀があったとも伝わっており、単郭式ながら近世陣屋城として防備している。城内は御殿、官宅、土蔵4棟、御納戸、堂勤室、札引換所、祝日来客室、武術稽古場、馬部屋、弓場、獄屋、取調所などが十数棟配し、北隅には三層の隅櫓もしくは楼閣を備えていた可能性が指摘されている。『能勢物語』によると、
新に縄張ありて追手搦手の口を定めて、或は裏手には堀を構へ、四方には石塁を高く築き、追手、搦手に大門を構へ、或は殿舎、楼閣に番匠等人力を尽しければ、大廈の構へ魏魏として美麗を尽し
高塁の上には高塀を掛白土を以是を塗、矢間、鉄砲狭間を構へ
と記している。

地黄城が記載されている『陣屋遠屋図』によると、城壁は土塀を巡らし、大手には門があり、城内を塀により4つに区切り、南東部に主要な建物が見られる。上知と共にこれらの建物は破却され、門や土蔵などは民家に移築されたと言われている。また近隣にある清普寺の山門と本堂は、地黄城の武家門と大広間の遺構と言われている。{{-}}
...

地黄城の口コミ情報

摂津守いくpika様[2017年06月25日]
公共交通機関をご利用の方へ。

阪急電鉄川西能勢口から能勢電鉄妙見口駅へ。駅を出て右に少し降るとバス亭があります。

妙見口駅発13:08→奥の院着13:22
奥の院発13:38→妙見口着13:59
この16分間で虎口の写真を収めるには十分だとは思います。

まるき〜遠江守様[2017年02月23日]
丸山城の後に築かれた地黄城の石垣は立派でした!見応えあり(=゚ω゚)ノ

今現在、城内にあったテニスコートと体育館は東中学校が去年廃校になったため取り壊し中!
城内に入れましたが工事用重機が置かれ瓦礫も散乱、かつてあった渡り廊下は中途半端に宙に残され危険を感じました…平日はおそらく立入れないと思います。
跡地に何ができるのかは地元の人も知らないそうです。

ご近所の方の好意により畑の脇から見学させて頂きました。
周囲に駐車場がありませんが短い時間であれば虎口付近に停めても問題無いかと…と言いながらここから数百メートル先の丸山城に停めて歩いて来るのが正解かもしれません。

ポリタンク大和守様[2016年09月28日]
ご指摘をいただき気がつきましたが、清晋寺ではなくて清普寺です m(_ _;)m

ポリタンク大和守様[2016年09月28日]
山門と本堂が移築と伝わる清晋寺は能勢氏の菩提寺です。墓マイラーな方にもオススメ。

コロ助様[2014年11月28日]
妙見口駅から阪急バスで15分程(\450)奥の院で下車すぐ。バスは1時間に1本も無い時間帯もあるので要確認です。

現在は学校になっているので、邪魔にならないか心配だったのですが大丈夫でした。校庭内に入らなくても見学出来ます。

芦屋兵庫頭虎吉様[2014年11月25日]
豊能警察近く、東中学校の敷地が城跡です。
石垣や土塁の一部が確認できますよ。
築城400年とかで、幟も立ってました。

駐車場はないですが、登城口の道幅がまあまああるので、停めることもできなくはないです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore