神尾山城(かんのおさんじょう)

神尾山城の基本情報

通称・別名

神尾城、神尾寺城、神尾山古城、本目城、本梅城、本免城

所在地

京都府亀岡市宮前町、東本梅町

旧国名

丹波国

分類・構造

山城

天守構造

多聞風櫓?[階層不明/築年不明/破却?]

築城主

柳本賢治

築城年

大永6年(1526)

主な改修者

明智光秀

主な城主

柳本氏、明智氏

廃城年

不明

遺構

曲輪、石積、井戸跡、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

なし

周辺の城

八木城(京都府南丹市)[5.5km]
園部城(京都府南丹市)[7.4km]
丸山城(大阪府豊能郡)[8.9km]
笑路城(京都府亀岡市)[9.0km]
地黄城(大阪府豊能郡)[9.1km]

神尾山城の解説文

神尾山城(かんのおさんじょう)は、京都府亀岡市宮前町宮川にあった城。柳本賢治の居城で、その後明智光秀の丹波攻めの基地になったのではないかと思われる。

概要

神尾山城は金輪寺の裏山にあった山城で、金輪寺の周辺には極楽坊跡、竹中坊跡、宝蔵坊跡、東柳坊跡など数多い寺坊跡があり、天台密教の霊地で今も石垣がそのまま残っている。神尾山城はその聖地に築城され、巨石怪石を利用した特徴のある大形山城であった。

亀岡市街地から西方約16km、西丹波の篠山市に抜ける山陰道に沿った山に築かれており、標高は359m、比高230mの山頂一帯にある。

沿革

神尾山城が史上に現れるのが八上・神尾山両城の戦いの時で、大永6年(1526年)の初旬、細川尹賢が摂津で築城していた。この時の様子を『足利季世紀』では「尼崎ノ城」(大物城)と記述されているが、『新修 大阪市史第2巻』によると典厩家の本拠は中嶋で尼崎は含まれていないので、堀城の誤りではないかと指摘している。この城の作事に香西元盛も加わっていたが、細川尹賢の人夫と香西元盛の人夫が「土一簀」で口論となり、双方の人夫が喧嘩をはじめた。いったん両者とも引き分けたが、腹の虫が収まらなかった元盛の人夫が城中に瓦等を投げ込んだりしたので、尹賢の憎悪感は頂点になった。

尹賢は元盛が無学であるのを利用して、偽の謀反書を従兄で主君細川高国に差出、驚いた高国は同年7月13日に元盛を謀殺した。激怒した元盛の2人の兄波多野稙通と柳本賢治は高国に反旗を翻し、八上・神尾山城両城の戦い、桂川原の戦いに続いていく。

その後柳本賢治は中嶋の戦いで暗殺され、高国は大物崩れで細川晴元・三好元長らに敗れて自害、尹賢も殺害され一旦城史は不明となるが、『証如上人日記』によると天文15年(1546年)、細川晴元は三好長慶が擁立した細川氏綱(尹賢の子、高国の養子)に敗れ「丹波カンノチ」(神尾山城)へ没落と明記されているが、これは氏綱方の上野元治が足利義晴を迎え取ろうと同年9月13日に入京し、これに危機感を覚えた晴元が丹波へ落ち延びており、この時の記述ではないかと思われる。その後晴元は丹波を出国、摂津に入国し神呪寺城、越水城へ移動し、舎利寺の戦いに繋がっていく。

その次は天文22年(1553年)9月3日の『言継卿記』で、内藤国貞が本目城で討死にという記載が見受けられる。また『総見記』によると天正年間(1573年 - 1592年)に明智光秀が八上城攻めの中継基地として「本目の城」を使ったとの記載が見受けられるが、両文献に記載される本目城とは神尾山城を指すと推定されている。
城郭

城郭は南北に約350m、東西に約70mで、丹波では大形に属する。山稜線の主軸に根幹をなし、そこから派生した2つの支脈の稜線に曲輪が配され、下部の曲輪で横に繋がっている。
...

神尾山城の口コミ情報

シバヤン大和守交友莫爭様[2016年04月07日]
R372篠山街道の亀岡宮前郵便局から金輪寺の看板を頼りに細い山道を辿れば一本道で金輪寺に着く。この丹波三十三所霊場の裏手の尾根上にあるのが本日の神尾山城です。1526年築城のこの城も細川晴元と三好長慶と抗争の場に。寺の本堂の右手の裏から主郭へ登る山道あります。上がり切った所が北から四番目の曲輪で一番高い主郭は北から二番目。私の高度計アプリは190mを指示。南北に長い城です。この主郭に堅堀、横堀が残っています。この場所より南に向かって階段のように曲輪が連なって3番目と4番目、7番目と8番目の曲輪間に堀切がある。歩いて確認したがきつい。
ただ南側は寺の敷地を城として利用した感が•••。
城址も説明文もない寂しい山城ですが、見応えあります。
主郭でお茶休憩して下山。寺を覗いたら管理者らしい人が暫し立ち話。
駐車場の右手の山道は蝮に注意、トイレは本堂の裏にあります。

久しぶりの訪問者に会話が弾み饒舌になられ色々楽しい話を聞けました。
時折鶯が鳴き、木々の間を抜ける風は肌に気持ち良かったです。

この古城も手入れも足りなくなり跡形もなく消えゆくのみなのか•••(-_-)

まったり丹波守屋様[2014年05月10日]
亀岡宮前郵便局のすぐ東側の道を南下すると『金輪寺』の案内が道々にあるので見落とさなければ着きます。車は金輪寺に止められ城跡は寺の裏に有ります。
車で山頂まで行けるので山城初心者にもオススメです。ただし、車の運転には注意して下さいね。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore