亀山城(かめやまじょう)

亀山城の基本情報

通称・別名

亀宝城、亀岡城、丹波亀山城、霞城

所在地

京都府亀岡市荒塚町内丸1

旧国名

丹波国

分類・構造

平山城

天守構造

型式不明[3重/1578年頃築/改築]、複合式層塔型[5重5階/1609年改/破却]

築城主

明智光秀

築城年

天正6年(1578)

主な改修者

岡部長盛

主な城主

明智氏、羽柴氏、石田氏、岡部氏

廃城年

明治10年(1877)

遺構

曲輪、石垣、堀

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

余部城(京都府亀岡市)[1.1km]
御影山城(京都府亀岡市)[5.2km]
田能城(大阪府高槻市)[6.1km]
笑路城(京都府亀岡市)[7.4km]
八木城(京都府南丹市)[7.5km]

亀山城の解説文

亀山城(かめやまじょう)は、京都府亀岡市荒塚町周辺(旧丹波国桑田郡亀岡)にあった城。明智光秀によって丹波統治の拠点として築城され、江戸時代初頭には近世城郭として整備された。現在は宗教法人大本の本部が置かれている。

歴史
戦国時代
織田信長の命を受けて丹波攻略に従事中であった明智光秀が、口丹波にある亀岡盆地の中心であった亀山に天正6年(1578年)から築城した。丹波平定後はそのまま丹波経営の拠点となったが、光秀は天正10年(1582年)に本能寺の変を起こし、まもなく羽柴秀吉に敗れて、逃走中に討死。その後は天下を統一した秀吉の重要拠点として一門の羽柴秀勝(信長の子)・豊臣秀勝(秀吉の甥・江の夫 )・豊臣秀俊(小早川秀秋)や豊臣政権で五奉行の一人となった前田玄以などが入った。

江戸時代

秀吉の死後に天下を手中にした徳川家康もこの城を重要視し、慶長14年(1609年)に譜代大名である岡部長盛(在任1609年 - 1621年)を入封させ、丹波亀山藩主に任じた。さらに「天下普請」により幕府が西国大名に命じ近世城郭として亀山城を大修築した。藤堂高虎が縄張りを勤め、慶長15年(1610年)夏ごろに完成し、本丸には5重の層塔型天守が上がった。

寛延元年(1748年)以降は、形原松平氏が居城し、明治2年(1869年)に亀岡藩へ改称。同4年(1861年)に亀山県が置県され、廃藩となった。

明治維新以降
1873年(明治6年) 陸軍省が城の存廃を決定し建物の一部を払い下げる。
1877年(明治10年)政府が廃城処分を決定する。
1889年(明治22年)市町村に払い下げされ転売される。
1919年(大正8年) 管理ができず放置され荒廃していたが、宗教法人大本が購入して整備し、現在に至る。

天守
明治初年に撮影されたものは、慶長14年(1609年)に建てられた層塔型5重5階の大天守と2重の小天守が複合した複合式天守である。大天守の最上階には飾りの回り縁、高欄を付け、最上重屋根に入母屋破風と軒唐破風があるのみで、それ以外の階や重には、装飾的な窓や破風は一切ない。
...

亀山城の口コミ情報

金森出雲守様[2015年02月03日]
大本教みろく会館2階のギャラリーおほもとに亀山城の展示があります。入場無料です。

尾張守ひろっちぃ様[2013年02月24日]
南郷公園周辺がかつての丹波亀岡城の縄張りであり、公園にはかつての丹波亀岡城の説明書きがあります。
天守台は宗教法人の本部があるため申請しなければ見学は出来ません。

加賀美 摂津守遠光様[2012年04月25日]
亀岡市内、親水公園には、外堀、坂部児童公園内には、御土居、その横を流れる用水路は惣堀跡です。
亀岡市本梅町、延福寺、本坊門は、亀山城、櫓門移築、桂林寺山門は、明智門移築です。

修理大夫播磨の将軍 様[2011年01月26日]
丹波亀山城跡は、宗教法人「大本」の敷地内にあるので受付を済ましてから拝殿前でお祓いをしてもらってから見学して下さい!
石垣が神域内にありますので…

亀山城の周辺観光情報

谷性寺

通称「光秀寺」と呼ばれる、不動明王を本尊とする真言宗大覚寺派のお寺。明智光秀は丹波攻略の際、この不動明王を尊崇し、その御加護を受けたといわれています。

城下町観光案内所(本町・町家カフェ)

城下町観光案内所(愛称:本町・町家カフェ)は、城下町観光の拠点施設としてオープンしました。亀岡はかつて「丹波亀山」と呼ばれ、現在も残る旧城下町の町割りは、亀山城主・明智光秀公によって着手されました。

愛宕神社

「時は今 天が下しる 五月哉」本能寺進軍の前に明智光秀が詠んだ有名な句は、ここ愛宕神社で催した連歌会でのこと。神事を重んじる光秀は、丹波亀山をほぼ手中にした後、たびたび愛宕神社に参拝したといわれています。

情報提供:亀岡市観光協会事務局

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore