須知城(しゅうちじょう)

須知城の基本情報

通称・別名

志宇知城、市森城

所在地

京都府船井郡京丹波町須知市森

旧国名

丹波国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

須知景光

築城年

南北朝時代

主な改修者

主な城主

須知氏

廃城年

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀切

指定文化財

町史跡(須知城)

再建造物

周辺の城

園部城(京都府南丹市)[5.0km]
塩貝城(京都府南丹市)[6.0km]
橋爪城(京都府船井郡)[6.6km]
籾井城(兵庫県丹波篠山市)[11.3km]
神尾山城(京都府亀岡市)[11.8km]
八木城(京都府南丹市)[11.8km]
宇津城(京都府京都市)[12.8km]
御影山城(京都府亀岡市)[16.0km]
出野城(京都府船井郡)[16.1km]
周山城(京都府京都市)[16.8km]

須知城の解説文

須知城(しゅうちじょう)は、京都府船井郡京丹波町市森にある山城。

歴史
築城年代は定かではないが、南北朝時代に地元の国人である須知氏が築いたとされている。

天正7年(1579)、明智光秀による丹波攻略を受け落城。光秀により改修されたとも推察されるが、定かではない。

遺構
須知川の東岸に突き出す、標高385mの丘陵上に築かれている。東西に伸びる尾根上に階段状に曲輪を置く構造だ。

城域は大きく東側曲輪群と西側曲輪群に大別され、中央付近の鞍部に設けられた巨大な堀切を境に2つに分けられる。登城道を登り切ると、西側曲輪群の西端にある曲輪の南辺に到達する。

西曲輪群は、最高所に主郭を置き、西側に向けて階段状に曲輪が置かれる。主郭の西側には石塁が一直線に構築され、一段下の曲輪との境界線になっている。一段下の曲輪の西側も、同じように石塁が一直線に積まれ、その下の曲輪とを区画している。

主郭の虎口は南端にあり、石塁で小さな内枡形虎口がつくられている。一段下の曲輪の虎口も南端にあるが、こちらはスロープ状の虎口となっており、曲輪の西南端に櫓台を設けることで下段の曲輪へ射撃できるように設計されているようだ。

須知城の最大の見どころは、主郭東面の高石垣だ。人頭大の石が積まれた野面積で、高さは約4mに及ぶ。丹波地方の城では随一の高石垣といえるだろう。注目すべきはその積み方で、1面に石垣を積むのではなく、「シノギ積み」と呼ばれる鈍角の出隅を3か所つくり、4面の石垣にしている。また、隅角部は石材と石材を交互に噛み合わせるように積むのではなく、南側から直角に隅部を積み上げ、その後に隣の面を増設することで鈍角の石垣を生み出している。類を見ない、珍しいシノギ積みだ。

主郭周辺では瓦は見られず、瓦葺建物が存在した可能性は低そうだ。また、前述の石塁を伴う2つの曲輪の西側にはさらに3つの曲輪が連なるが、石塁や石垣は見られない。西端の曲輪は広く、中央に櫓台状の土壇がある。

東側曲輪群は、2本の巨大な堀切を経て展開している。主郭東面の高石垣の東側はガクンと下がり、堀切は1本目が斜面上に、2本目は鞍部に設けられている。東曲輪群は西曲輪群と様相が異なり、曲輪が小規模で石垣もほとんど用いられていない。

交通
京都縦貫自動車道丹波ICから車で約5分

参考文献
『図解 近畿の城Ⅰ』戎光祥出版、2014年。
『戦国の山城を極める 厳選22城』学研プラス、2019年。

文:萩原さちこ

須知城の口コミ情報

2021年02月21日 忍び
須知城



南から(京都方面から)京都縦貫道路を行かれたら、丹波ICで降りて直ぐの交差点で右折です。少し折り返しすると、案内看板があります。縦貫道路の一つ目のボックスを右折して約1kmほど琴滝方面へ行くと玉雲寺の駐車場があります。明石口になります。整備された登山道です。

2020年04月12日 ソバッソ83.4
上野城[須知城  周辺城郭]



大圓寺さんを目標に設定しますが、お寺側に登らずにちょこちょこと集落の道路を進みました。
駐車場はありません。しかる場所にしかる方法で停めて下さい。

民家の向かい側にはもう堀切が対峙しています。2分くらい登れば畑化した遺構と出会えます。
分厚い土塁、深い堀切、平虎口。
こんなんがあります。
居館跡なんやろなって思わせてくれますね。


30分もあれば散策出来ます。
詰め城の上野山城跡へもアクセスできるっぽいですが、僕はラクしたかったのでクルマで大圓寺さんに向かいました。


コスパ良好。

2020年04月12日 ソバッソ83.4
上野山城[須知城  周辺城郭]



大圓寺さんを目標に設定
珍しいペットとの共同墓地になっています。
駐車場あり。

観音立像が見える方向へ進むとフェンスが出てきますので、そこから山側へと登って下さい。
約5分登れば竪堀様の筋と、郭群が目視出来ます。
あとはコンパクトな城跡なので、テキトーに散策して下さい。
堀切、竪堀、土橋、帯郭などがハッキリ点在しています。

美女山への登山口からもアクセスできるみたいてすが、多分ちょっと遠いのでコチラがオススメ。
また北側麓には館と思われる上野城跡があります。セットで散策されるがいいかと。
コスパ良好。

須知氏が築城やったかな?
須知城跡と連動していたのかと考えると、色々と想像が膨らみオモシロイですね。

2020年04月12日 ソバッソ83.4
須知城



琴滝から登りました。

丹波町ホームページには、
「行程としては2時間あれば一周出来ます。
雑木も多いですが、この近辺は秋に黄葉する樹が多いですので、それもまた面白いかもしれません。
比較的登りやすい山城ではありますので、昔の人がどんな場所に城を作ったのか、どんな道を歩いたのか思いを馳せながら登ってみるのも面白いでしょう。」

と紹介されています。
が、、、
険しいです
琴滝側は(も、かな。)アップした写真通りでかなりの傾斜です。あの傾斜を滝から30分弱登れば尾根にでます。あとは尾根を高い方へ5分程歩けば城域に到達出来ます。
先人さまの口コミ通り明石側に取り付くルートも険しいみたいですね。

苦労しますが、先人さまが既に挙げておられます通りで、見事な石垣がドカンと出てきますので、苦労は報われます。間違いなく。


主郭石垣については、南側から一辺ずつ積み上げるという、織豊期以前の工法が採用されているそうです。(京都府中世城館調査報告書より)
明智さんが入った城郭なので改修はされているでしょうが、果たしてどこに手が入っているのでしょう。
歴史ロマンですねぇー


とにかく素晴らしい中世城郭です。

2020年04月07日 大隅守
須知城



玉雲寺に停めました。
ここのお寺は 明智光秀が再興したお寺です。

2020年04月06日 ko+
須知城



琴滝の駐車場を利用させて頂きます。
こちらにはトイレもあります。

登山口は琴滝登山口、明石登山口の二つ。
琴滝直ぐ北西(二本ある登り坂のうち左側)の琴滝登山口からのコースは傾斜が緩やかですが道がわかりにくく、明石登山口からのコースは傾斜がきつくなりますが道はわかりやすくオススメです。

明石登山口は琴滝駐車場から北西へ約400m進み、玉雲寺の前の道へ(案内表示有り)
そこから山沿いの未舗装道を更に約400m進むと登山口となります。 

登山口から約20分、ピンクリボンに導かれ整備された登山道を進み、最後に急傾斜を登ると、西郭群の西端に到達します。

尾根上の南北約30m、東西約300mに階段状に郭が配置。
中心部には高石垣や石塁による改修が見られる。
西郭群の削平地の広さに対し、東郭群の削平地は規模が小さい。

圧巻なのは急傾斜の山上に残る高石垣。
その位置から見せつけるための石垣ではないはずなのですが、高さ4m変形シノギ積みの高石垣に、是非魅せられてください。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore