原田城(はらだじょう)

原田城の基本情報

通称・別名

原田城北城

所在地

大阪府豊中市曽根西町4

旧国名

摂津国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

原田氏?

築城年

鎌倉時代

主な改修者

織田氏

主な城主

原田氏、三好氏、中川氏

廃城年

慶長年間(1596〜1615)

遺構

土塁、堀跡

指定文化財

市史跡

再建造物

碑、説明板

周辺の城

今西家土居屋敷(大阪府豊中市)[2.1km]
麻田陣屋(大阪府豊中市)[2.7km]
有岡城(兵庫県伊丹市)[4.0km]
塚口城(兵庫県尼崎市)[4.4km]
吹田城(大阪府吹田市)[5.0km]

原田城の解説文

原田城(はらだじょう)は、大阪府豊中市曽根西町及び原田元町付近にあった平山城、丘城。

概要
原田城は原田村を中心に活躍していた土豪原田氏の居城で、小規模な「城館」となっている。摂津では富松城吹田城鷹尾城安威城と安威砦、山下城野田城福島城)など2ヵ所1城とする城が多く見られるが、原田城も「北城」と「南城」の2つの城から成り立っている点が特徴として挙げられる。

原田城跡は昭和62年(1987年)に豊中市指定史跡に指定された。また平成19年(2007年)12月5日に国の登録有形文化財に登録された「旧羽室家住宅」の庭園の一部に原田城の土塁跡があり、築山として利用されている。

沿革
原田城の創建年代については永らく不明であった。平成10年(1998年)発行の『豊中市史 第9巻』では「北城は15世紀ごろに築かれ、16世紀後半まで存在していた」とされていた。北城は新しく戦闘用の城、南城は古く居館的役割なのではないかとしていた。しかし、その後平成21年(2009年)発行の『豊中市史 第1巻』によると、「発掘成果によれば、南城が築かれたのは北城よりも遅い十六世紀後半であることがわかった。北城については十四世紀ごろからの遺構が確認でき、このころから築城されはじめたと推測される」としている。原田城は数次に渡り発掘調査が実施されており、それらと比較して築城時が明確になった。

『師郷記』によると興国5年/康永3年(1344年)に、六車郷付近に原田兄弟が国人として働いているとの記載があることから、原田氏は14世紀中ごろから有力者として実在し、原田城を拠点としていた。その後原田氏は摂津守護である細川氏の家臣団に組み込まれていく。

原田城の史料上の初見は、応仁の乱の時で西軍の大内政弘が池田城を攻めた時に、

原田城その外所々

と東軍の夜久主計が粉骨したことへの細川勝元の感状が残っている。この感状にある原田城とは、北城のことか南城のことかは解らないが、応仁の乱にかかわり重要な役割を果たしていた。

天文10年(1541年)11月4日、木沢長政軍は三好長慶がいる越水城を攻囲する一方、原田城を攻城していることが『足利季世紀』に記されている。

その後天文16年(1547年)2月20日、原田城は細川晴元軍3万兵の猛攻をうけ、陥落、開城した。『摂津志』によると、この時城主となっていたのが三好長逸ではないかとしているが、『日本城郭大系』では「当時の城主はわからない」としている。...

原田城の口コミ情報

若狭守次郎吉1022可児様[2016年07月03日]
原田城は地域密着型の小規模城館で、かつて原田・曽根一帯を治めていた土豪原田氏の居館跡である。

原田城は北城と南城があり、南城は16世紀頃に、北城はなんと鎌倉時代頃に築かれたようで、発掘調査から場所が確定している。

現在は南城の場所は住宅化されており、地表に遺構を確認することはできない。しかし、発掘調査によって地中には内堀や外堀が存在することがわかった。

一方で北城の方は現在、旧羽室家住宅と某銀行の社宅となっている。旧羽室家住宅の敷地内では地表に土塁が確認でき、見学することが出来る(土日祝の正午から。土塁見学は旧羽室家住宅の受付にて。無料。)地中には堀跡や壁土など数多くの遺構があるらしい。

旧羽室家住宅内には原田城のジオラマやパネルがあるので要チェックだ。旧羽室家住宅は入場料無料。コーヒーなども飲める。

加賀美 摂津守遠光様[2012年03月23日]
旧羽室住宅が土日に一般公開されており庭の土塁を見学出来ます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore