今西家土居屋敷(いまにしけどいやしき)

今西家土居屋敷の基本情報

通称・別名

今西家屋敷、土居城、御土居屋敷

所在地

大阪府豊中市浜1-8-23

旧国名

摂津国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

今西氏

築城年

鎌倉時代後期

主な改修者

主な城主

今西氏

廃城年

遺構

堀、母屋、表門、土塀

指定文化財

国史跡(春日大社南郷目代今西氏屋敷)

再建造物

石碑

周辺の城

原田城(大阪府豊中市)[2.1km]
吹田城(大阪府吹田市)[3.3km]
三津屋城(大阪府大阪市)[3.9km]
新庄城(大阪府大阪市)[4.1km]
堀城(大阪府大阪市)[4.4km]

今西家土居屋敷の解説文

今西家屋敷(いまにしけやしき)は、大阪府豊中市浜にある屋敷である。屋敷自体は江戸時代中期に建設されたもので、現在は大阪府史跡に指定されている。

概要
今西家は中世の時代に春日大社領垂水西牧の南郷目代を務めていた神官である。今西家には中世に書かれた古文章の土地台帳「太田文」、江戸時代に書かれた「今西家文章」など、大変貴重な書物が現存している。今西家の古文章によると、古くは家の周辺が約5.4m〜7.2mの堀で囲まれている事が分かっており、さらにその周囲約216m四方にも及ぶ外堀が存在していた。

現在は外堀は埋められ、内堀に囲まれた部分のみ屋敷地として現存している。屋敷内にある春日社本殿は奈良県にある春日大社から旧社殿を移築したものとされている。

:※現在も今西家の住宅として使用されており、内部の一般公開はされておらず、見学は出来ない。

今西家土居屋敷の口コミ情報

若狭守次郎吉様[2016年07月09日]
阪急電鉄「服部天神」駅より徒歩15分くらいのところにあります。住宅街にあり、路地が結構狭い。周りには田んぼもある。
現在は表門や裏門、塀、堀、木橋が遺構として残っている。現在も屋敷には今西氏が住まわれているので内部見学はできない。但し、年に一回で秋くらいに敷地内を見学できることもある。
表門を正面にして、左方向に少し進むと右手の屋敷と一般住宅の狭い隙間に堀と裏門、木橋を確認することができる。あまりにも分かりづらいので、通り過ぎに要注意だ。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore