柴島城(くにじまじょう)

柴島城の基本情報

通称・別名

柴嶋城

所在地

大阪府大阪市東淀川区柴島2-19-5

旧国名

摂津国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

十河一存

築城年

天文18年(1549)以前

主な改修者

不明

主な城主

十河氏、細川氏、稲葉氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

葱生城(大阪府大阪市)[2.0km]
新庄城(大阪府大阪市)[2.2km]
堀城(大阪府大阪市)[3.1km]
榎並城(大阪府大阪市)[3.2km]
三津屋城(大阪府大阪市)[3.9km]

柴島城の解説文

柴島城(くにじまじょう)は、大阪市東淀川区にあった日本の城。

概要
柴島の地は、神崎川と中津川に囲まれた中州である中島にあり、若干の高地(芝ガ洲)にあったと思われている。この地は近代の淀川改修事業で一部は淀川の河川敷になり、中津川も廃川となってしまい現在その地形は失われている。明治時代初旬に作成されたと思われる『東摂城址図誌』(東城兎幾雄編)に柴島城も記載されており、それによると城跡の大きさは二町四方で、周囲より四尺ほど高い畑地があったとしているが、その畑地は現在大阪市立柴島中学校となっている。「数値地図5mメッシュ(標高)京都及大阪」(国土地理院発行)を使って柴島付近を縮尺2500分の1の地図にし、『東摂城趾図誌』(東城兎幾雄編)の柴島城の地図と比べてみると、170m×200mの長方形の微高地(標高4m)がほぼ一致した。

『東摂城址図誌』には城跡の東側に柴島神社(字白妙)が建っていたが、先の淀川改修事業で約600m北側の字調布に移築された。また柴島中学校の周辺で「本丸」「城道」「屋敷」「西屋敷」等の字名が残っていることにより城跡であったこと伺えるが、遺構などは全く残っていない。昭和3年(1928年)に建てられた大阪市の石碑は柴島神社との関係から場所を決定したようで、北に約150mずれている。柴島神社は現在の場所字調布ではなく、明治以前は外島(字白妙)にあった。

対岸には榎並城があり、近隣には堀城があり、これらの城同様、西国からの京への拠点で重要視されていた。

沿革
柴島城は十河一存が築いたのではないかと思われている。この城が史上に現れるのは大きく分けて2つあり、江口の戦いの時と大坂夏の陣の時である。江口の戦いでは三好政長派の細川晴賢がいる柴島城を三好長慶軍が大軍をもって攻め落城させている。その後稲葉紀通が江口村、大道村、柴嶋村等の中島藩を領土とし、この柴島城も稲葉紀通の居城となり大坂夏の陣では大和方面軍に組み入れられたようであるが、紀通も福知山藩に移封され、いつごろから廃城になったのかは不明である。

アクセス
鉄道
阪急電車千里線柴島駅
徒歩約10分


阪神高速道路守口線長柄出入口→淀川通
近隣に駐車場なし
...

柴島城の口コミ情報

若狭守次郎吉様[2017年01月14日]
現在、城跡は住宅街となっていて遺構は残っていません。住宅街の一角に石碑だけがあります。

石碑へは阪急「柴島」駅より徒歩4分程。または、大阪市営交通バス「柴島」バス停下車後、徒歩1分程。バスは大阪駅前から出発しており、本数もかなりあります。石碑への道順はバス停からの方が分かりやすいかと思います。

丹波守せんとくん様[2016年02月21日]
石碑があるだけです。
阪急柴島駅から近いですが、道が狭く入り組んでいるので、わかりにくいところにあります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore