葱生城(なぎじょう)

葱生城の基本情報

通称・別名

荒生城

所在地

大阪府大阪市旭区生江(常宣寺)

旧国名

摂津国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

顕如

築城年

16世紀後期

主な改修者

主な城主

本願寺衆

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

柴島城(大阪府大阪市)[2.0km]
榎並城(大阪府大阪市)[2.2km]
新庄城(大阪府大阪市)[2.4km]
江口城(大阪府大阪市)[2.7km]
守口城(大阪府守口市)[3.1km]

葱生城の解説文

葱生城(なぎじょう)は大阪市旭区生江にあった城である。荒生城とも書く。

遺構
淀川南岸、城北公園の東側にあったとされるが、淀川の氾濫による度重なる洪水や宅地化により現在はその遺構を確認することはできない。

かつて大字「荒生(なぎ)」の東方に古城があったと伝承され(『顕パ』)、同地に建つ常宣寺(じょうせんじ、大阪市旭区生江3-27-18)には大阪市顕彰史跡第197号として、門前に史跡パネルが設置されている。

歴史
『信長公記』によると、元亀元年(1570)から天正8年(1580)までおよそ10年間をかけて行われた石山本願寺と織田信長との「石山合戦」で、本願寺方が石山本願寺を中心に51に及ぶ出城を構築したとされ、葱生城もその中の1つであるという(『顕パ』)。

推定地とされる常宣寺の創建は応永4年(1397)に遡り、室町時代中期には蓮如(本願寺第8世)が立ち寄り近郷に教化伝道したと伝えられる(『常公』)ことから、同地が石山合戦以前から本願寺と強い結びつきを持っていたことが窺われる。

交通
大阪市交通局大阪市営バス34号系統生江バス停から徒歩で約3分

参考文献
『顕パ』:『大阪市顕彰史跡パネル 第209号』大阪市教育委員会、2014年3月。
『大系』:『日本城郭大系 第12巻』新人物往来社、1980年。
『常公』:常宣寺公式サイト(http://osaka-jyousenji.net/)。

葱生城の口コミ情報

若狭守次郎吉1104備中様[2017年01月14日]
現在、城跡と云われている場所には常宣寺という寺がありました。常宣寺へは大阪市営交通バス「生江」バス停から徒歩5分程です。遺構は残っていませんでした。しかし、常宣寺の建造物がどこか城郭風で風情がありました。

常宣寺の山門横に大阪市が設置した説明パネルがあります。正面の門ではなくて、左のマンション側にある山門横ですのでご注意を!

葱生城跡の近辺には毛馬城跡もあります。此方も遺構は残っていませんが、毛馬町二丁目の善福寺の山門横に大阪市が設置した説明パネルがあります。併せて訪城してみてはいかがでしょうか。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore