皆川城(みながわじょう)

皆川城の基本情報

通称・別名

法螺貝城

所在地

栃木県栃木市皆川城内町

旧国名

下野国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

皆川秀光

築城年

応永元年(1394)

主な改修者

主な城主

皆川氏

廃城年

天正19年(1591)

遺構

曲輪、帯曲輪、土塁、横堀(空堀)、虎口

指定文化財

市史跡

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

栃木城(栃木県栃木市)[5.9km]
不摩城(栃木県栃木市)[7.2km]
榎本城(栃木県栃木市)[8.7km]
唐沢山城(栃木県佐野市)[8.8km]
御城(栃木県小山市)[8.9km]

皆川城の解説文

皆川城(みながわじょう)は、下野国都賀郡皆川(現在の栃木県栃木市皆川城内町)にあった中世の日本の城である。

歴史・沿革
皆川氏の居城で、螺旋状にできていることから「法螺貝城」(ほらがいじょう)とも呼ばれる。

築城年代は諸説あり、寛喜年間(1229年~1232)に皆川宗員によって築かれたとも、応永元年(1394)に皆川秀光によって築かれたとも言われる。

皆川氏は戦国時代に入ると、北の鹿沼城を攻略した宇都宮氏から圧力を受け、従属と離反を繰り返した。

天正18年(1590)の小田原征伐では、皆川広照は北条氏に与して小田原城へ篭城したため、皆川城は豊臣方の上杉景勝勢に攻められ、4月8日に降伏した(戦わずに明け渡したという説もある)。しかし、広照は小田原城包囲直後に脱出して徳川家康の陣所に駆け込み、家康の取り成しによって豊臣秀吉に所領を安堵された。翌年、広照は本拠を栃木城に遷し、皆川城は廃城となった。

昭和39年(1964)5月、皆川城址は市指定史跡となり、栃木市が管理している。現在、標高147mの城山に公園が整備されている。

皆川城の口コミ情報

mas.k上野介様[2017年05月14日]
グルグルとサザエのように山を登ると頂上が本郭です。
後世に作られた道は登りやすくて良いのですがいくつかの郭が壊されているようで微妙な気持ちにさせられます。比較的簡単な縄張りですが、所々でしっかり遺構が残っているのがうれしいです。

土塁ルイ様[2016年05月15日]
よく歴史本などで戦国期の築城について説明したイラストを見かけますが、実際の山城は樹木で隠れており、その遺構を見渡すことはなかなかできません。

皆川城は麓から、山頂(本丸)、階段状の帯郭や腰郭、竪堀、土塁等が確認でき、土の遺構好きにはたまらない城趾です。

また、東北道・佐野藤岡IC➡栃木IC間の左前方に至近距離で見ることができます。

この時期、下草も多くなってきましたが是非一度リアルで訪れてみて下さい。

まー宮内卿様[2016年04月10日]
先人の駐車場が広いのは皆川地区公民館のことを言っています。そのため、この公民館を目指すといいでしょう。なお入り口がわかりづらく墓地に行ったりしてしまいました。竪堀はありますが復元ですが西桜平に行く途中に下に降りるところには堀切が残っています。ニノ郭付近には井戸跡があります。公民館の駐車場は居館跡であり土塁も残存。公園になっているため歩きやすいです。

常陸入道ねんさい和泉守様[2013年02月11日]
栃木駅の近くにレンタサイクルがあり。詳細は駅観光案内所まで。自転車で皆川城まで30分ほどかかった。曲輪がよく残り、土塁、虎口、掘も残る。よく整備されている。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore