唐沢山城(からさわやまじょう)

唐沢山城の基本情報

通称・別名

所在地

栃木県佐野市富士町1409

旧国名

下野国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

藤原秀郷

築城年

延長5年(927)

主な改修者

佐野成俊、佐野盛綱

主な城主

佐野氏、後北条氏、大貫氏

廃城年

慶長7年(1602)

遺構

曲輪、石垣、堀切、土塁、井戸

指定文化財

国史跡(唐沢山城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

佐野城(栃木県佐野市)[4.3km]
赤見城(栃木県佐野市)[6.0km]
植野城(栃木県佐野市)[7.0km]
椿田城(栃木県佐野市)[8.8km]
皆川城(栃木県栃木市)[8.8km]

唐沢山城の解説文

唐沢山城(からさわやまじょう)は、日本の城。所在地は栃木県佐野市富士町、栃本町。別名は栃本城、根古屋城、牛ヶ城。 「関東一の山城」と称される。城跡は国の史跡に指定されている。

概要
関東七名城の一つ。佐野市街地の北方約5キロメートルの唐沢山(247メートル)山頂を本丸として一帯に曲輪が配された連郭式山城である。、戦国時代において、佐野氏第15代当主・佐野昌綱による唐沢山城の戦いで有名で、上杉謙信の10度にわたる攻城を受けたが、度々撃退して謙信を悩ませた。関東地方の古城には珍しく高い石垣が築かれているのが特徴であるが、日本100名城には選ばれていないのが不思議だという声があとをたたない。

現在は栃木県立自然公園の一部となっており、本丸に築城主と伝えられる藤原秀郷を祀る唐沢山神社が鎮座する。杉郭跡には栃木県唐沢青年の家が建てられたが、平成19年(2007年)3月31日閉所した。遺構として石垣、大手枡形、土塁、堀切、土橋、近世に復元された井戸などが残っている。あくまで神社として訪れる人も多く、一般的な城跡としての知名度は浸透していない、また城跡の説明版等は見当たらず、城跡としての整備は皆無である。

歴史・沿革
以下のように伝承されている。

築城は平安時代の延長5年(927年)に、藤原秀郷が従五位下・下野国押領使を叙任、関東に下向し唐沢山に城を築いたのが始まりとされる。 天慶3年(940年)平将門による天慶の乱が起こったが、秀郷らの活躍で乱を鎮圧した。この功績により秀郷は従四位、武蔵・下野両国鎮守府将軍を拝領した。 また、一説にはこの乱を鎮圧した天慶3年から築城が開始され天慶5年(942年)に完成したと伝えられる。その後、5代にわたりここに居城した後、6代成行は足利荘に移り一時廃城となった。

平安時代末期の治承4年(1180年)9代俊綱の弟成俊は再びここに城を再興し、佐野氏を名乗った。鎌倉時代に入った建保元年(1213年)成俊は30余年の歳月をかけて城を完成させた。

以上のような伝承がある一方で、最近の研究では唐沢山城の起源は15世紀後半までしか遡らないことが明らかにされている。秀郷築城が伝承された背景には、唐沢山城主の佐野氏の先祖が藤原秀郷であるからであるといわれる。

室町時代中期の延徳3年(1491年)には佐野盛綱が城の修築を行った。

戦国時代の佐野氏は相模の北条氏、越後の上杉氏の二大勢力に挟まれどちらに付くか苦悩した。当初、越後の上杉謙信と結んだ佐野昌綱は、永禄2年(1559年)北条氏政に3万5千の大軍をもって城を包囲された。謙信は即座に援軍を差し向け北条軍を撤退させた。

昌綱の子・宗綱は弟で上杉氏の養子に入った虎松丸と不和になり、一族間で「唐沢山天正の乱」と呼ばれる争いが起こった。これにより佐野氏は上杉氏と決別するに至った。天正4年(1576年)虎松丸に加勢した上杉謙信は1万5千の兵をもってこの城を攻めたが、一族の結城氏・小山氏・皆川氏などの加勢により上杉軍を撤退させた。それまでも9度にわたり上杉軍の攻城を受け、城主・昌綱は何度も降伏したものの、謙信を大いに手間取らせた。この堅固さは評判となり関東一の山城と賞賛された。...

唐沢山城の口コミ情報

まさ大膳大夫猛虎 様[2017年06月03日]
此処には、ネコが沢山居ます。ボランティアの方々が世話しているとか?

行く先々、全ての場所で見られました。野生化したネコだが、人慣れして寄って来ます。訪問者の中には、ネコとの2ショットをする方々が居ます。ネコ好きの方は訪問すると良いかも?

ネコエサが、100円でレストランにて販売してます。2ショット狙いの方は訪問してね。御自分で食べたら、ネコに呪われますよ。(笑)

まさ大膳大夫猛虎 様[2017年06月03日]
唐沢山城を見てから、駐車場でレストランに立ち寄り、犬伏の別れの薬師堂の場所を尋ねた。此処と同時訪問者が多いのか、案内板が造られていた。

以外と近く迷わずに行けました。駐車場は、薬師堂裏側に在ります。真田の幟旗が揚がっていて目立ちました。
薬師堂には、6紋銭の旗も有り、道路↖反対側には、別れ橋跡《今は案内掲示板のみ》が有ります。この薬師堂の掲示板には、唐沢山城が、すぐ近くに有ると記載もしてます。

まさ大膳大夫猛虎 様[2017年06月03日]
駐車場にはレストランが有り、公衆トイレも有る。縄張り図をレストランで貰い登城。
天慶の乱で、平将門を亡ぼした藤原秀郷公の居城跡。
出迎えてくれたのは、枡形の石垣。苔むす石垣は当時の侭と言われる。全山が赤松の林に覆われ断崖と深い谷に囲まれた天然の要塞を保つ。当時を偲ぶ遺構が数多く残存します。左側に大炊井。築城に際し井戸を掘った。未だに枯れた事がないと。反対側には、天狗岩があり、其処に物見櫓が、有ったと。石段を登ると、四つ目堀に神橋が掛けられている。当時は曳き橋《曳き上げて外敵の進入を防いだ》が有る。
二の丸から、石垣が見えたので行ってみると、高石垣は本丸下の石垣。見応えの有るものでした。
スロープから、本丸へ登城。其処には、築城者藤原秀郷公を祀る本殿・拝殿が有り唐沢山神社となってます。登城と違う石段を下ると、引局《正室や側室居城》があり、更に下には南城跡が有る。此処から関東平野が見渡せます。迂回して、南城下部に廻ると其処にも見事な石垣が有ります。少し離れて石垣の全体を撮影したかったが、すぐ後ろは急な崖斜面。転落回避の為、最高のショットを断念した。

【リベンジ】陸前守智ぞう様[2017年05月09日]
城跡内のネコ達はみんな去勢してあり、神社の方やボランティアの方々がお世話していらっしゃいます。

その為か人懐っこくて綺麗なネコちゃん多いです。

城郭写真撮りに来ている人より、ネコ目当てで来てる人が最近は多いような気がします。

城好きでネコ好きならホントにたまらない城です。

今の春のシーズンだと城跡内の唐沢山山荘にて、タケノコ料理が楽しめます(要問い合わせ)

是非おいでくださいませ~。

【リベンジ】陸前守智ぞう様[2016年10月08日]
ネコスポット

レストハウス前、唐沢山荘前、西城、南城、ニノ丸、三ノ丸にいました。

遺構捜しと合わせて楽しまれるとよろしいかと

唐沢山荘は春の2ヶ月のタケノコ料理と、秋の2ヶ月の松茸料理の時に営業。

それに合わせてお出掛けしてもよろしいかと

【リベンジ】陸前守智ぞう様[2016年10月03日]
唐沢山レストハウスにて、唐沢山城絵はがき(300円)、戦国唐沢城 出居博著(1000円)、ネコのえさ(100円)、唐沢山城のネコポストカード(300円)で販売中。

唐沢山荘にて、秋に松茸料理が食べられます(要予約)

城跡のネコちゃん達を唐沢山神社の方、ボランティアの方々が保護しています。

お立ち寄りの際はレストハウスにて商品買ったり、募金したり

ネコの城の保護に御協力ください。

【リベンジ】陸前守智ぞう様[2016年01月02日]
唐沢山荘脇に、唐沢山城縄張り図が置いてあります。是非見学の際は参考に

⛫武蔵の下総守の謙凸様[2015年03月15日]
山麓の大沢口周辺も唐沢山城の遺構が点在してます。栃本公園内に土塁の残欠があり、案内板も設置してあります。駐車場有り。

土塁ルイ様[2014年05月13日]
関東屈指の中世山城で今年3月国指定史跡となりました。
山上からの眺望は「江戸を見下ろせる城」として廃城に至った逸話が残る程で、高石垣、堀切、井戸などの遺構もよく残っています。
また南からの登城口となる犬伏町交差点から東へ500mの米山古墳の一角には、真田父子密議(犬伏の別れ)の薬師堂があります(駐車場なし、案内板あり)。

すかんぴん杉丸隼人正様[2014年01月24日]

佐野に来たら、佐野ラーメン!
というお方も多いと思いますが、耳うどんと言う郷土料理もあります。
それからうどんも美味しいですよ♪
細めで平べったくて透明感のある麺は喉越しも良いです。
近くの宇都宮は餃子で有名ですが、佐野に行かれたら是非ぜひお試しください(^o^)/
お城から近いところにもお店がありますよ〜

イソ左近衛中将ナミ様[2013年08月22日]
~唐沢山城の猫事情~

城内を歩くとあちこちに猫ねこ。猫のいる神社でも有名らしく、その数推定25匹!

猫を置いていく人も多いらしく、去勢しても益々増えるばかりだそう。

大半の猫は捨てられても既存の集団に入れず、飢えか交通事故で死んでしまうのが実情だそうです。

さくら主膳佑にゃ〜様[2012年01月20日]
2012年2月25日(土)10:00~発掘調査現地説明会が実施されますよー。

サムライ修理大夫はる様[2011年10月18日]
本丸の高石垣は圧巻
今日は南城から東京スカイツリーや池袋・新宿の高層ビル群はモヤの影響で望めず・・・
しかし、ここは異常に野良猫?が多いなぁ

さくら主膳佑にゃ〜様[2011年02月08日]
2月26日10:30〜発掘調査現地説明会がありますよー。昨年は非常に楽しめたので、今年も是非とも参加したいところ〜(^-^)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore