榎本城(えのもとじょう)

榎本城の基本情報

通称・別名

所在地

栃木県栃木市大平町大字真弓

旧国名

下野国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

小山宗長

築城年

文治元年(1185)

主な改修者

主な城主

小山氏、北条氏、結城氏、本多氏

廃城年

寛永17年(1640)

遺構

土塁、堀

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

栃木城(栃木県栃木市)[5.5km]
御城(栃木県小山市)[5.8km]
鷲城(栃木県小山市)[5.8km]
小山城(栃木県小山市)[6.7km]
皆川城(栃木県栃木市)[8.7km]

榎本城の解説文

榎本城(えのもとじょう)は、下野国都賀郡榎本(現在の栃木市大平町榎本)にあった日本の城。

現況
榎本城のあった場所には石碑が建っている。また堀や土塁のあとが周辺に残っている。

歴史
1185年に小山宗長が築城したといわれ(1558年(永禄元年)に榎本高綱が築城との説もある)、小山城の支城として成立したと思われる。

戦国時代には、皆川氏、佐野氏、北条氏、結城氏らの接点として、いくたびか戦乱に巻き込まれた。

1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原征伐の折、榎本城主の近藤実方は北条氏照の命で八王子城を守っていたが討死した。榎本城は、城主が留守の間に結城晴朝に攻められ落城し、以降結城氏の管理下に入った。

江戸幕府成立後の1605年(慶長10年)、本多忠純が1万石で榎本城に入り榎本藩が成立する。その後大坂夏の陣での活躍などにより加増され2万8000石となった。本多忠純の死去後、藩主は本多政遂、本多犬千代と継いだが、犬千代は1640年(寛永17年)5月13日に5歳で死去し、榎本藩は無嗣断絶により改易となり、榎本城も廃城となった。

榎本城の口コミ情報

まー蔵人頭様[2015年12月28日]
サイトのマップを追ってみると門構えがしっかりした民家の蔵にあたります。そこから一度道路に出ると右手にお墓がありそこを通り過ぎて先人の言われた通り北へ200m弱行くと車でも左折出来る道幅の道路があるので左折し100m弱で石碑と説明板があります。個人宅のため中は入れないが堀跡のようなのが見ることができます。残念なのが説明板の前に石碑があり撮影に苦労すると思います。畦道をその個人宅の入口側(サイトマップの城跡位置)へ回ると正面に矢倉台のような一段高いところに社が見て取れます。車はお墓の前に駐車しました。そのあたりしか停められません。

半日皇帝下野守様[2011年08月16日]
城の遺構が数ヶ所に点在しており、看板や石碑がある場所は、サイトの地図から北方2〜300mの所にありました。
看板を探すのに20分くらい周辺をウロウロ歩いてしまったぁ(´A`)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore