秋田城

(あきたのき/あきたじょう)

通称・別名

所在地

秋田県秋田市寺内大畑

城郭構造
古代城柵
天守構造
なし
築城主
大和朝廷
築城年
天平5年(733)
主な改修者
主な城主
秋田城介(鎮秋田城国司)
廃城年
遺構
内城、外城(築地、土塁、建物跡、住居跡)
指定文化財
国史跡(秋田城跡)
再建物
外郭東門、築地塀、水洗厠舎碑、碑、説明板
周辺の城
湊城(秋田市) 2.0km
久保田城(秋田市) 4.2km
小友館(秋田市) 10.1km
太平城(秋田市) 10.3km
白華城(秋田市) 10.6km

秋田城口コミ情報

永眠武蔵守釋 葱進様[2016年09月09日]
路線バス利用の場合「秋田城跡歴史資料館前」バス停が最寄りとなります(秋田駅からなら将軍野線か寺内経由土崎線を利用)が、本数の多い新国道経由のバスに乗った場合(フェリーターミナルや土崎駅からのバスはほぼこちら経由)は「護国神社裏参道」バス停下車しなだらかな坂道を10分ほど歩くと史跡公園へ行けます。
史跡公園は年中入園可、公園管理棟にパンフレット常備されています。4月から11月までの9時~16時ならボランティアガイドによる説明が受けられるとのことです。
現在は外郭東門・政庁(東門と築地塀)及びそれをむすぶ城内東大路の一部等が復元されており、大路の一部は発掘調査中です。

tomm加賀守様[2011年03月20日]
今回の地震で、復元整備した築地塀の一部が剥離したそうです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

周辺観光情報

あきた文化産業施設「松下」

千秋公園内にある「旧割烹松下」。あきた文化産業施設「松下」は、この建物をリノベーションして2016年にオープンした。オリジナルの飲み物、甘味を楽しめる松下茶寮、秋田県内全蔵の銘酒を取り揃える松下酒房など、秋田の文化を嗜む複合施設となっている。

お問い合わせ:あきた文化産業施設「松下」(018-827-3241)

ポートタワーセリオン 道の駅「あきた港」

高さ143メートルと日本海沿岸屈指の高さを誇るポートタワー。展望室は高さ100メートルとなっており、男鹿半島から鳥海山、太平山までを一望できる360度のパノラマが楽しめる。1階のセリオンガーデンでは、秋田のおみやげ、地元の農産品、名産品のショッピングも楽しむことができる。

お問い合わせ:ポートタワーセリオン 道の駅「あきた港」(018-857-3381)

赤れんが郷土館

明治45年に旧秋田銀行本店として建設された、国の重要文化財にも指定されている赤れんが館を利用した施設。秋田の歴史・民俗・美術工芸に関する企画展などを随時開催している。年末年始、不定期の展示替え期間のみ休館。

お問い合わせ:赤れんが郷土館(018-864-6851)

秋田県立博物館

考古・歴史・民俗・工芸・生物・地質の6部門を中心とした総合博物館。周囲は小泉潟公園となっており、日本庭園やフィールドアスレチックなども楽しめる。毎週月曜日、年末年始と全館燻蒸消毒期間(9月はじめ)は休館。

お問い合わせ:秋田県立博物館(018-873-4121)


情報提供:秋田県観光連盟

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore