出水城(いずみじょう)

出水城の基本情報

通称・別名

和泉城、亀ヶ城、花見ヶ城、城山

所在地

鹿児島県出水市麓町(城山公園墓地)

旧国名

薩摩国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

和泉兼保

築城年

建久年間(1190〜1199)頃

主な改修者

主な城主

和泉氏、薩州島津氏

廃城年

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(城山)、市史跡(出水市麓武家屋敷)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

木牟礼城(鹿児島県出水市)[9.0km]
阿久根城(鹿児島県阿久根市)[15.0km]
水俣城(熊本県水俣市)[16.1km]
虎居城(鹿児島県薩摩郡)[19.8km]
鶴が岡城(鹿児島県薩摩川内市)[22.3km]
大口城(鹿児島県伊佐市)[24.2km]
堂崎城(鹿児島県出水郡)[24.7km]
佐敷城(熊本県葦北郡)[29.1km]
平佐城(鹿児島県薩摩川内市)[29.2km]
高尾城(熊本県葦北郡)[29.8km]

出水城の解説文

出水城(いずみじょう)は、鹿児島県出水市麓町にある平山城

遺構
2020年現在、大半が立入禁止となっている。城山墓地公園の一帯が城跡で、住吉ヶ城、捨殿ヶ城、小松ヶ城、水夫ヶ城、梅ヶ段などの曲輪が堀切で区画された城だったようだ。城山墓地公園の西側、現在の西之口団地一帯にも、花見ヶ城という曲輪があった。

出水城の北麓には、出水麓武家屋敷群がある。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定され、風情ある観光地となっている。

「麓」とは、島津家の外城制度における防御拠点で、藩内外から派遣された郷士が居を構えた武家屋敷などの集中地のことだ。出水麓は麓の中でも最大規模で、周囲に石垣や生垣がめぐる家々が整然と並び、区画ごとに曲輪や砦のような性格を兼ね備えていた。出水は薩摩の鹿児島城と肥後の熊本城を結ぶ薩摩街道出水筋が通り、肥後との国境付近にある。参勤交代のルートのひとつでもあったため、重要視されたのだろう。

歴史
元暦2年(1185)に島津荘下司職に補任された島津忠久が、木牟礼城を築城。建久年間(1190~99)頃に、和泉兼保が出水城を築いたといわれている。

享徳2年(1425)に島津用久が薩州島津家(薩州家)を興すと、出水城を拠点とした。以後、約140年間、出水と阿久根を治めた。

7代・島津忠辰が文禄2年(1593)の朝鮮出兵で病気と称して上陸しなかったため、豊臣秀吉の怒りを買って改易。忠辰は病死し島津薩州家は断絶したが、出水は朝鮮出兵の功として島津義久に返還された。

元和元年(1615)、一国一城令により廃城。

江戸時代になると、北麓に薩摩藩により出水麓が構築された。

交通
南九州自動車道出水ICから車で約10分

参考文献
『出水市埋蔵文化財発掘調査報告書(26)出水麓遺跡(3)-出水ふもと資料館(仮称)の建設に係る埋蔵文化財発掘調査報告書--出水小学校 6 号棟改築事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書-』出水市教育委員会、2018年
『出水城(亀ヶ城)跡 中世山城跡探検会報告書』出水市教育委員会生涯学習課、2015年
特定非営利活動法人出水麓街なみ保存会 ホームページ

文:萩原さちこ

出水城の口コミ情報

2017年05月31日 あと2城副将軍マイリバ
出水城

先の口コミを見て「?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、本日投稿した「しょうがん炊き」の画像は削除対象になってしまいました。
「気に入った」してくれた皆様、申し訳ございません。
マイナーな城にも先祖から語り継がれる伝承があり、現代に生きる私達がそれを具現化し、まちおこしに活かし、次代に引き継ぐ…そんな素晴らしさが少しでも伝わればと思い綴った口コミだけが残ってしまいましたが、興味のある方は現地を訪れてみてください。
なお、出水小学校では島津義弘公が出水城で隠居しようと考えて居館から移築した御仮屋門が校門として児童を迎え入れています。
また、御仮屋門の目の前には出水麓歴史館が2017年5月1日にオープンしました。
大河ドラマ・篤姫のロケでも使われた武家屋敷・竹添邸とセットで、是非お立ち寄りください。

2017年05月31日 あと2城副将軍マイリバ
出水城

画像投稿した「しょうがん炊き」は日向・高城の英雄、山田有信の子・山田昌厳(有栄)が出水地頭に就いた時に、民から宴席に招待されたときに供されたカ○ルの吸物をアレンジしたものです。
知らずにオーダーすれば一歩退いてしまいそうですが、カ○ル型のブツはエソとアマダイのすり身で作った薩摩揚げで、とても美味しい薩摩汁ですので、ご安心を!
出水城下の仲町食堂のご主人が、町の長老達から「誰かまちおこしに作ってくれないか」と言われてメニューを開発したそうで、出水を愛する気さくなご主人と話し込んでしまいました。
縁もゆかりもないB級グルメを無理矢理創るよりもはるかに素敵な取組だと思い、めぐらーの皆さんに発信します。

2016年07月27日 立花左近将監統虎
出水城

鹿児島県出水市は鶴の渡来で有名ですが、JR九州出水駅から徒歩で南へ約25分の出水城の麓に薩摩藩の出水武家屋敷群があります。

出水麓の武家屋敷群は今から400年前の関ヶ原合戦前から徳川家への対抗拠点として30年の歳月をかけて起伏の多い丘を整地し道路を掘り川石で石垣を築いて作られたそうです。
現在も武家屋敷群は住宅街として使われており石垣や武家門も残っているため歴史的にも貴重な建造物が通りに居並んでいます。
また、同地域の出水小学校には仮屋門が校門として現存しています。
この門は島津義弘が隠居していた帖佐館の大手門を出水に移し薩摩北辺の守りに任じたいとの思いから移築されたそうですが、島津家と徳川家との和睦が成立し国境が平和になったため義弘の出水城入城は実現しなかったようです…。

武家屋敷群の「竹添邸」、「税所邸」は一般公開されておりガイドの方が親切に邸内と当時の様子を説明をしてくれます。
また、NHK大河ドラマ「篤姫」のロケ地として竹添邸と宮路邸が使われました。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore