鷹尾城(たかおじょう)

鷹尾城の基本情報

通称・別名

鷹尾要害、高尾城

所在地

福岡県柳川市大和町鷹ノ尾字七ツ家

旧国名

筑後国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

田尻親種

築城年

天文4年(1535)

主な改修者

主な城主

田尻氏、立花氏、宮川氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

指定文化財

市史跡(鷹尾城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

佐留垣城(福岡県柳川市)[2.1km]
柳川城(福岡県柳川市)[5.3km]
蒲池城(福岡県柳川市)[7.2km]
女山神籠石(福岡県みやま市)[7.2km]
大間城(福岡県大牟田市)[9.5km]

鷹尾城の解説文

鷹尾城(たかおじょう)は福岡県柳川市に存在した平城。

矢部川と塩塚川によって形成された平野の西方、矢部川右岸の自然堤防上に位置する。城の範囲は東西100m、南北80mほどであったという。

歴史
田尻氏が代々居城にしていた田尻城は水や交通の便が悪いため、天文17年(1548年)に田尻親種は大友氏に願い出て鷹尾城の建設を許可された。同年に築城し。天文19年(1550年)の溝口氏・三池氏との合戦の際には親種が当城で防戦している。その後、田尻氏は大友氏の傘下から龍造寺氏の下へ転じて、天正3年(1575年)に田尻鑑種は龍造寺隆信とともに大友方の三池鎮実を攻めている。

しかし天正10年(1582年)に鑑種は龍造寺氏と不和になり、同年11月に龍造寺軍によって当城を包囲された。このため鑑種は島津氏に誼を通じ、11月25日(12月20日)と12月1日(12月25日)には籠城から脱出した使者が島津義弘に援軍を要請している。翌年7月21日(1583年9月7日)に和議がなされた後、12月10日(1584年1月22日)に鑑種は降伏して城の築地塀を破却し、間もなく城を明渡した。天正12年(1584年)9月には立花道雪ら大友軍が来攻し、龍造寺方の当城は焼払われている。その後、田尻鑑種が龍造寺方の城番として入城したが、再び島津氏へ密使を送っている。

天正15年(1587年)の豊臣秀吉による九州国分で当城は立花宗茂に領有され、立花鎮久が城番を任じられた。慶長6年(1601年)に田中吉政が筑後に転封されると、家老・宮川才兵衛が知行6000石で城番に任じられている。その後、元和元年(1615年)の一国一城令で廃城となった。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(40.福岡県)』、角川書店、1988年
日本歴史地名大系 (オンライン版)

鷹尾城の口コミ情報

赤松貞明様[2012年08月12日]
旧大和町、鷹尾神社から東へ数百m…矢部川の堤防の下に3つの祠があります。
「田尻親種」の解説板が立っていました。
佐留垣城と同じく、城跡の形跡はわかりませんでした。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore