鷹尾城(たかおじょう)

鷹尾城の基本情報

通称・別名

鷹尾要害、高尾城

所在地

福岡県柳川市大和町鷹ノ尾字七ツ家

旧国名

筑後国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

田尻親種

築城年

天文4年(1535)

主な改修者

主な城主

田尻氏、立花氏、宮川氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

指定文化財

市史跡(鷹尾城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

佐留垣城(福岡県柳川市)[2.1km]
柳川城(福岡県柳川市)[5.3km]
蒲池城(福岡県柳川市)[7.2km]
女山神籠石(福岡県みやま市)[7.2km]
大間城(福岡県大牟田市)[9.5km]

鷹尾城の解説文

沿革
矢部川右岸の鷹尾神社の東の平地上に位置する。『軍談』では「鷹尾村城跡」として「田尻伯書守鑑種居城也」とし、元々本拠としていた田尻城(飛塚城)は水が乏しかったため、永禄年間に当城を築城し移ったとすることなどを記す(天文17年(1548)に田尻親種が築城したとする説もある)。

天正10年(1582)には田尻氏は島津方に与し、龍造寺方の攻撃を受けて籠城するも、翌11年に開城となり、田尻氏は当地を去る。同15年には立花統虎(宗茂)柳川入部に伴い、隣接する中島城と共に重臣・立花織部介が入城している。その後、田中吉政の時代には、柳川波の支城として、宮川才兵衛が知行高6000石、組下の書上げ16名6000石をもって入城している。元和の一国一城令もしくは田中家廃絶に伴い、廃城となったとみられる。

概要
現在、鷹尾城の想定地周辺は、近代以降、大々的に改変されてしまい、現地での縄張りの検討は非常に困難である。ただ、田尻氏ゆかりの親種寺に伝わる文書群にある『鷹尾城絵図』は非常に詳細に城の様子を描き出しており、そこからある程度の城の構造の復元が可能である。

『鷹尾城絵図』で城の構造を見ると、中心部分は現在の鷹尾神社の東側、かつては川が大きく蛇行する湾曲部の内側に、「本丸」「つき山北ノ丸寺」と2つの方形区画が確認でき、堀で囲まれた2つの方形状の白輪が並列している。そして地続きとなる西側には、八幡宮(鷹尾神社)を挟んで大堀、人手大堀などの松原、けず(枳殻)、ついち(築地)などの防御遺構、さらには大手、大門などの門遺構が描かれている。以上のような鷹尾城の構造が絵図から判明するが、田中時代の遺構を反映している一方で、方形居館が並列する構造などは中世城郭の縄張りをそのまま踏襲したものである可能性を指摘し、さらに、松原、大堀、築地など、後世に残りにくい遮断遺構まで詳細に描かれているのは多少復元的に描いた結果ではないかとしている。

そのような問題点はあるものの、およその構造については問題ないであろうし、また城の位置も、字「築山」など、鷹尾神社の東側にある字の場所付近であることなどもわかる。

なお、『城郭』では鷹尾神社の西側にある方形状クリークが巡る区画などを鷹尾城の本体の可能性があると指摘しているが、現状の地形からの類推であるとみられ、城地とするにはやや根拠が乏しいのではないかと思われる。

情報提供:柳川市教育委員会教育部生涯学習課

鷹尾城の口コミ情報

赤松貞明様[2012年08月12日]
旧大和町、鷹尾神社から東へ数百m…矢部川の堤防の下に3つの祠があります。
「田尻親種」の解説板が立っていました。
佐留垣城と同じく、城跡の形跡はわかりませんでした。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore