生津城(なまつじょう)

生津城の基本情報

通称・別名

生津館

所在地

福岡県久留米市三潴町生津

旧国名

筑後国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

西牟田家周

築城年

天正7年(1579)

主な改修者

主な城主

西牟田氏

廃城年

天正11年(1583)?

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

周辺の城

城島城(福岡県久留米市)[3.8km]
海津城(福岡県久留米市)[6.3km]
蒲池城(福岡県柳川市)[7.5km]
津村城(福岡県大川市)[8.6km]
直鳥城(佐賀県神埼市)[9.3km]
福島城(福岡県八女市)[9.4km]
蓮池城(佐賀県佐賀市)[9.4km]
女山神籠石(福岡県みやま市)[9.8km]
柳川城(福岡県柳川市)[9.9km]
久留米城(福岡県久留米市)[11.3km]

生津城の解説文

生津城(なまつじょう)は福岡県久留米市に存在した日本の城(平城)。

概要
本丸の規模は東西73間・南北62間で、二の丸と三の丸もあり、その周囲に堀が巡らされていた。周辺は大泥池と呼ばれる低湿地で、その自然地形を利用して五重の堀を設けていた。

天正6年(1578年)に大友氏が耳川の戦いで敗れると、西牟田鎮豊は大友氏から離反して龍造寺氏に属した。このため、西牟田城は、大友氏より頻繁に攻撃を受けるようになった。西牟田氏は、西牟田城の防御能力を不十分と感じ、天正7年(1579年)に新たに当城を築き転住した。

さらに天正11年(1583年)、西牟田氏はより堅固な城島城へと移る。移転のきっかけについては、大友方に攻められ生津城が落城したからと記したものと、単に龍造寺氏の許可を受けて移った(城島町文化協会編「城島むかし」等)と記したものがある。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(40.福岡県)』、角川書店、1988年 日本歴史地名大系 (オンライン版)

生津城の口コミ情報

2011年08月21日 筑後守もんど
生津城

印の所は神社ですが、きっと城の一部なんだろうな

2011年08月21日 筑後守もんど
生津城

地図に示してある所より南へ500M行くと本城後です。
農道脇に説明の碑があります。


2011年08月21日 筑後守もんど
生津城

城主 西牟田 家周

龍造寺家に属してたが天正7年(1579年)戸次道雪に攻められ城島城へのがれた。
その時の亡くなった城兵の碑が在るところが本城

2011年08月21日 筑後守もんど
生津城

生津江湖を背に五重の堀と土塁で守りを固め、
東西146m南北126m両堀幅6M山ノ井川の水を引き込む水の城

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore