蓮池城(はすいけじょう)

蓮池城の基本情報

通称・別名

小曲城、小田城、蓮池陣屋

所在地

佐賀県佐賀市蓮池町大字蓮池(蓮池公園)

旧国名

肥前国

分類・構造

平城、(陣屋)

天守構造

築城主

小田直光

築城年

応永34年(1429)

主な改修者

鍋島直澄

主な城主

小田氏、後藤氏、龍造寺氏、鍋島氏、石井氏

廃城年

遺構

横堀(水堀)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

直鳥城(佐賀県神埼市)[3.1km]
三重津海軍所(佐賀県佐賀市)[4.7km]
水ヶ江城(佐賀県佐賀市)[5.0km]
津村城(福岡県大川市)[5.3km]
佐賀城(佐賀県佐賀市)[5.3km]

蓮池城の解説文

蓮池城(はすいけじょう)は、日本の城。応永年間に完成し、肥前国の国人領主小田氏、戦国時代後期は龍造寺氏・江上氏の支配となり、近世は鍋島氏、石井氏の在城を経て、支藩蓮池藩の陣屋が置かれた。

概要
佐賀城は佐賀県佐賀市の中心部の南東部に位置し、構造は佐賀江川と周辺のクリークを濠とした平城である。

歴史
・応永年間
関東から下向した小田直光の居城として築かれたとされている。代々、小田氏の居城として使用される。

・戦国時代後期
佐賀城主龍造寺隆信の侵攻を受け、城主小田鎮光が降伏すると、龍造寺氏の支配となり、後藤家信、龍造寺家晴が城主となる。天正12年(1584年)、龍造寺隆信が沖田畷の戦いで戦死すると、隆信の次男江上家種が入城したが、文禄の役で戦死により、鍋島直茂の居城となった。

・安土桃山時代
鍋島氏が佐賀城に移ると、鍋島氏の外戚石井氏が城代として入城し、石井正国、石井重次、石井茂利、石井茂成らが共同で城の警護にあたった。当時、佐賀城の出城として、鍋島氏は筑後方面からの侵攻への備えとして蓮池城を重視した。

・近世
元和元年(1615年)、一国一城令に伴い、城代石井氏が佐賀城下に移り、城は破却されたが、鍋島勝茂の三男直澄が、寛永16年(1639年)に蓮池藩(5万2625石)を創設し、藩庁を設置。以降、明治維新に至るまで蓮池鍋島家の居城となる。

・近現代
廃藩置県により、蓮池陣屋は廃棄され、跡地には蓮池神社が創建される。城域は蓮池公園として整備され、現在は一般開放されている。桜の名所としても知られている。

蓮池城の口コミ情報

カーネル様[2016年09月17日]
直鳥城を南にでて、住宅街を右左折を繰り返して1時間かけて蓮池公園へ
道中は車1台分の細い道で交通量は少なく散策には最適です

蓮池公園は城というより庭園のようです。遺構はよくわからず、城に関する案内もあまりありませんでした

公園をでて西へ向かい、県道48号にでて北上します
国道264号にぶつかり、右に行くと[西原の町]バス停があり佐賀バスセンター(佐賀駅です)に戻りました

神崎駅-直鳥城-蓮池城-バス停で4時間。ずっと舗装路を歩いたので余計に疲れました

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore