高木城(たかぎじょう)

高木城の基本情報

通称・別名

所在地

佐賀県佐賀市高木瀬東3

旧国名

肥前国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

高木貞永

築城年

久安年間(1145〜1151)

主な改修者

主な城主

高木氏

廃城年

天文年間?

遺構

横堀跡

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

佐賀城(佐賀県佐賀市)[4.1km]
水ヶ江城(佐賀県佐賀市)[4.5km]
姉川城(佐賀県神埼市)[5.1km]
帯隈山神籠石(佐賀県佐賀市)[6.7km]
直鳥城(佐賀県神埼市)[7.0km]
蓮池城(佐賀県佐賀市)[7.2km]
千葉城(佐賀県小城市)[8.4km]
勢福寺城(佐賀県神埼市)[8.8km]
陣の森城(佐賀県小城市)[9.0km]
小城城(佐賀県小城市)[9.3km]

高木城の解説文

高木城(たかぎじょう)は佐賀県に存在した平城。佐賀市の佐賀平野に位置する。

概要
高木氏の祖・藤原文貞は肥前国の国府に赴任して甘南備城を築き、その孫の高木貞永は久安年間に当城を築いて地名の高木を姓とした。なお、当城の文書での初見は文永8年(1271年)の『鎌倉遺文』である。元寇では高木家宗が活躍し、南北朝時代には足利氏に属するなどして高木氏は勢力を伸ばした。しかし戦国時代に龍造寺氏と争って、天文23年(1554年)に高木鑑房は龍造寺隆信に敗れ、やがて当城は廃された。

参考文献
角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典(41.佐賀県)』、角川書店、1982年

高木城の口コミ情報

2021年06月17日 龍馬備中守【】
蛎久環濠[高木城  周辺城郭]



佐賀県の佐賀市にある蛎久環濠♪佐賀平野にあるクリークの環濠集落になります♪

東側を多布施川に接して岸川、増田、津留地区に囲まれた集落になります♪
古くから蛎久庄の時代(平安時代頃)の太宰府天満宮安楽寺に寄進される前後から蠣久と天満宮の結び付きが強かった事が考えられていて、社伝によれば天喜勅願によりこの地に分祀された様です☆

中世には一時栄えますがこの蛎久天満宮は龍造寺氏VS大友氏の兵乱(今山の戦い)で焼失したと伝わります。。
が、その後に鍋島家の尊崇を受け復活しました☆
近世に入ると鍋島光茂や宮司の連歌が奉納され、その後も鍋島綱茂も連歌を奉納していきました☆
佐賀城下の六座町に神官の中元寺氏や右近氏がこの地に移り住みました☆所謂、館跡の名残を今に見せていて現在も人々が居住しています☆

恵比寿様の石像など石造物も多くて歴史に触れる事が出来ます☆

因みに佐賀藩祖の鍋島直茂は老年まで男の子に縁が無かった為、蛎久天満宮にお参りをしていて満月の日に佐賀藩の初代・鍋島勝茂を授かったという伝承も残ります☆

2021年06月09日 龍馬備中守【】
築山古墳[高木城  寺社・史跡]



佐賀県の佐賀市の【築山古墳】♪城郭ではありませんが、成富兵庫茂安夫妻のお墓跡あります♪ 成富兵庫茂安はこの地に知行を与えれこの地に住みました♪佐賀の治水事情を語る時には神様的存在の成富兵庫茂安☆武将から転身し数々の功績を残した素晴らしい人物です☆龍造寺氏の家臣である成富信種の次男として誕生します☆龍造寺氏VS大友氏が激突した今山の戦いの時に成富茂安はまだ11歳だったので出陣の許可が出ませんでした☆それに納得ができず誰にも見つからない様に独断で戦場に赴き物見を行ったと伝わります☆この行いが主君・龍造寺隆信の目に留まりそれ以来は小姓として側近くに仕える様になりました☆17歳の時に龍造寺隆信が有馬氏と戦うべく藤津へ進軍した際に初陣を飾りました☆幼少青年期より中々の暴れん坊だった様です☆その後は勉学や武芸に励みました☆龍造寺隆信にその勇猛果敢な戦いぶりを認められ「一月で十度の武功を立てた」という事にちなみ『十右衛門』の名を与えられました☆結構名前を変えてるんですが此処では成富茂安で統一しますね♪沖田畷の戦いで隆信が戦死するとその跡継ぎの龍造寺政家に引き続き仕える事になります☆龍造寺政家の名代として安芸国では小早川隆景に大坂城では豊臣秀吉に謁見しています☆秀吉による九州平定の際には龍造寺軍に属して出陣しました☆その戦いぶりから秀吉を始めとする諸将から一目置かれる様になっていきます☆島原天草の乱にも出陣していて加藤清正、小西行長を援護した功により加藤清正から甲冑を賜ってます☆その後は豊臣氏との外交を担うなど次第に重臣としての才能を開花させていきます☆朝鮮を攻めた文禄・慶長の役では龍造寺軍の先鋒を務めました☆この頃から龍造寺氏の筆頭家老の鍋島直茂に仕える様になります♪本当はこの頃から成富茂安と名乗る様になっていて、この鍋島直茂の茂の字を与えられ名乗りました☆関ヶ原の戦いの際には伏見城の戦い安濃津城の戦いに出陣しています☆鍋島直茂・勝茂親子は風向きを読むべく西軍から東軍に寝返ったのに従い筑後国の柳川城、久留米城を攻め落としました☆この時、鍋島直茂に命じられて柳川城主である立花宗茂に降伏を勧める為に折衝役を務めました☆とまぁ〜武将としてもかなりの強さを発揮した成富兵庫茂安です☆治水事業に乗り出して行くのは江戸時代の平和になった頃の話です♪それは次の【石井樋】でお話ししましょう♪


2021年03月19日 龍馬備中守【】
古陣館[高木城  周辺城郭]



佐賀県の神埼市にある古陣館☆
佐賀市中心部の北東側に位置する城館跡となります☆
ただ、誰の居館跡なのか?裏付ける史料や伝承、歴史等は一切残ってません。。
城館は結構大きな方形型で土塁と堀(一部水堀)が居館をグルリ取り巻いてます☆場所によっては3重の堀になっている場所もアリです☆ただ藪が凄いww
この一帯を「スーフクジ」という名前で呼ばれていた様で、石柱、泰時代の半両銭などが出土している様です☆
徐福「スーフク」と言えば日本が縄文時代から弥生時代へと変わろうとしていた時代に中国に居たと伝わる人物です☆徐福が不老不死の薬を求めて東方に行って帰ってこなかったと言う話ですが、日本にも徐福伝説は各地に残ってます☆歴史にはロマンがありますね〜☆

城館の顔を見る限り南北朝時代から戦国期に使用されていると思われます♪三重の堀、横矢の掛け方、土塁囲み、長崎街道沿いにある立地☆恐らく龍造寺氏、神代氏、大友氏、少弐氏?いずれかの武将様に属した居館跡なんじゃないかな〜?妄想が止まりません♪

2021年03月19日 龍馬備中守【】
千布城[高木城  周辺城郭]



佐賀県の佐賀市にある千布城☆土塁と空堀が残る宅地の中にある城郭となります☆

築城年代は不明の城郭ですが戦国時代に書物に出てきます☆土豪の陣内大和守の居城でした☆神代宗元が筑後から肥前に移って来てから陣内大和守の娘婿となって千布城に住んでいました☆この神代宗元の子として誕生したのが【神代勝利】で三瀬城を居城にしながら更にその子の神代長良は山内から平野部へと進出して来て千布城と土生島城を拠点としていきました☆

肥前にも渦巻く動乱の風☆結果的に龍造寺胤栄に攻められ福島利高と千布次郎家利は城を脱して山内へ逃れていきます☆神代長良の嫡男と娘が疱瘡によって夭折してしまうとこの混乱を好機と見た龍造寺隆信が千布城に攻め寄せ神代長良は畑瀬館へと追われてしまいました☆

佐賀市金立公民館付近が主要部分となっています☆駐車場も存りです☆

2020年09月07日 筑前守釈空流
高木城

今は高木八幡宮になってます。鎧兜がついた、勝守の御守りがあります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore