蒲池城(かまちじょう)

蒲池城の基本情報

通称・別名

鎌池城

所在地

福岡県柳川市西蒲池

旧国名

筑後国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

藤原純乗

築城年

天慶年間(938〜947)

主な改修者

主な城主

藤原氏、蒲池氏

廃城年

慶長6年(1601)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

柳川城(福岡県柳川市)[2.8km]
津村城(福岡県大川市)[3.2km]
三重津海軍所(佐賀県佐賀市)[6.6km]
佐留垣城(福岡県柳川市)[7.0km]
鷹尾城(福岡県柳川市)[7.2km]

蒲池城の解説文

蒲池城(かまちじょう)は、筑後国三潴郡蒲池村(現在の福岡県柳川市)にあった日本の城。

沿革
藤原純友の弟の藤原純乗が建てたといわれ、そこからこの城を本拠地として蒲池の領主になった蒲池氏を、藤原純友一族の後裔とする伝説が生まれる。

しかし、実際は、承平天慶の乱の時に藤原純友、純乗たちを追討しようとした朝廷側の大宰権帥である橘公頼とその子の橘敏通が建てたものと思われる。橘公頼の子孫は、蒲池村の領主となるが、鎌倉時代に嵯峨源氏の源久直(蒲池久直)が蒲池庄の地頭となり、橘公頼の子孫を傘下にする。以降、源久直の子孫の蒲池氏の城となる。

現在、同地には「蒲池城之跡」という石碑が立っている。石碑には建立に協力した蒲池、宇都宮、朽網その他の姓の子孫の名前が記されている。

蒲池城の口コミ情報

カーネル様[2016年05月27日]
西鉄柳川駅から柳川城と蒲池城へ行きました

柳川駅を西へ、柳川高校と柳川中学校の回りをグルグルあるいて柳川城を見学

その後北上する。目印は崇久寺です。ここには蒲池氏の墓碑があります
その西の民家の庭先に、蒲池城之碑という石碑がありますが、木が生い茂ってて、なかなか気付きませんでした

帰りは西鉄矢加部駅へ。道中はずっと住宅街を歩きましたので、旅行気分にはなりませんでした

全部で2時間15分歩きました

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore