柳川城(やながわじょう)

柳川城の基本情報

通称・別名

柳河城、舞鶴城

所在地

福岡県柳川市本城町88

旧国名

筑後国

分類・構造

平城

天守構造

複合式層塔型[5重5階/1601年築/焼失(放火?)]

築城主

蒲池治久

築城年

文亀年間(1501〜1504)

主な改修者

田中吉政

主な城主

蒲池氏、立花氏、田中氏

廃城年

明治5年(1872)

遺構

曲輪、天守台、石垣、横堀(水堀)

指定文化財

市史跡(柳川城本丸跡)、国名勝(水郷柳河)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

蒲池城(福岡県柳川市)[2.8km]
佐留垣城(福岡県柳川市)[4.6km]
津村城(福岡県大川市)[5.0km]
鷹尾城(福岡県柳川市)[5.3km]
三重津海軍所(佐賀県佐賀市)[7.7km]

柳川城の解説文

柳川城(柳河城とも。やながわじょう)は福岡県柳川市本城町にあった城。江戸時代には柳川藩の藩庁が置かれた。別名、舞鶴城(まいづるじょう)。本丸は国の史跡に指定されている。

概要
柳川城は、蒲池治久により築城された城郭で、城下町は現在の柳川市の元となった。別名の舞鶴城の名は、鶴が舞うように美しいという城のシルエットによる。

平城で「御家中絵図」(寛政3年(1791年))によると、外堀に囲まれた御家中(現在の柳川市城内地区)の中央よりやや南西よりに本丸と二の丸が東西に並んでおり、内堀を隔てた三の丸が本丸・二の丸を取り囲んでおり、その外側に武家集住地域が展開していた。三の丸には立花一門・両家や家老の屋敷、御厩屋、天満宮、長久寺、常福寺、三ノ丸蔵が置かれた。

掘割に包まれた天然の要害をなし、城内、市街には無数の堀が縦横に交わり今も柳川の堀川として現存する。蒲池氏の城主時代に「柳川三年肥後三月、肥前、筑前朝飯前」と大友氏陣中で歌われた戯れ歌にもあるように攻略には3年かかるという九州屈指の難攻不落の城と謳われた。

建物
天守
:石垣に囲まれた本丸南西隅に造られた。幕末・明治期に撮影された古写真や文献で見るところによると複合式5重5階の層塔型天守と考えられており、最上階が熊本城天守などのように雨戸で廻縁を覆う内縁高欄であり、破風の配置は福山城天守や徳川大坂城天守に類似するものであったと推測されている。明治5年に失火もしくは放火によって焼失している。
諸櫓
:絵図によって、本丸各隅に二重櫓1基・三重櫓2基、城内に多聞を付属させた二重櫓が4基あったことが推定されている。
本丸御殿
:藩主が国元で生活したり、執務する場所。なお、柳川藩では大奥機能は江戸後期以降、城外の御花畠にあった。

遺構
城郭は明治5年1月18日 (旧暦)(グレゴリオ暦1872年2月26日)の火災で櫓1基、土蔵、厩、城門3棟を残して焼失。かつての城跡は柳川高等学校と柳城中学校のキャンパスとなり、遺構は天守台、石垣、堀が柳川城跡として残っている。天守台跡は柳城中学校の運動場の一角にあり、その勾配が運動部員のトレーニング場として利用されている。石垣は明治7年の台風で決裂した海岸(干拓地)堤防の護岸に転用された。大川市内に辻御門が移築され、現存している。また、瀬高門がみやま市の引接寺に移築され残っていたが、近年台風で倒壊し、現在その部材は引接寺により保管されている。

歴史...

柳川城の口コミ情報

立花左近将監統虎様[2015年11月08日]
《加藤清正公の陣跡情報》
柳川市から国道443号線を東へ向かい、三橋町の五捨町交差点を北へ約800m進むとコミュニティセンターあり。
その敷地内に加藤清正公の兜を連想させる石碑があります。

慶長5年(1600年)10月、関ヶ原合戦後に立花宗茂が籠る柳川城に対し黒田、鍋島、加藤の大軍が迫りつつ開城を勧めます。
立花宗茂は開城するにあたり、加藤清正が陣取った黒衣陣地に赴いて話し合いを行ったと言われています。

ひろり様[2013年03月13日]
矢穴が残る石を見付けたのでUPしました。北東角部です。
天守台にはぐるりと浅いながらも土塁が見受けられます。後世のものだとしたら残念ですが堀が水路として残されていて、地図を見るだけでも城域が分かる楽しいお城です。
立花宗茂を祀る三柱神社の橋に使われている擬宝珠は、柳川城で使われていたものだそうです。

赤松貞明様[2012年11月11日]
蒲池治久の頃は、現在の日吉神社のある場所に柳河城があったそうで…
蒲池鑑盛が、現在天守台跡がある柳城中学校の場所に城を建て変えたそうで…
本丸を頭に鶴の形をしていたと聞いたことがあります。
多分、比翼鶴の紋と同じ形だと思います。
その後、田中吉政が改築して世に知られる天守の写真や、絵巻のような柳河城になったそうです。

赤松貞明様[2012年06月08日]
柳城中学校の周りに小さい堀がありますが、おそらく本丸の堀かと思われます。
中学校のテニスコートの裏に土が盛り上がったのが天守台跡かと…

石垣の石は…明治時代に干拓地の海岸の堤防に使われたらしいです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore