立花城(たちばなじょう)

立花城の基本情報

通称・別名

立花山城

所在地

福岡県福岡市東区立花山

旧国名

筑前国

分類・構造

平山城

天守構造

不明

築城主

立花貞載

築城年

元徳2年(1330)

主な改修者

小早川隆景

主な城主

立花氏、大友氏、小早川氏

廃城年

慶長6年(1601)

遺構

曲輪、石垣

指定文化財

再建造物

周辺の城

御飯ノ山城(福岡県福岡市)[2.8km]
名島城(福岡県福岡市)[5.6km]
米多比城(福岡県古賀市)[7.3km]
高鳥居城(福岡県糟屋郡)[10.3km]
須崎台場(福岡県福岡市)[11.2km]

立花城の解説文

立花山城(たちばなやまじょう、りっかさんじょう)は、現在の福岡県新宮町、久山町、福岡市東区にまたがる標高367mの立花山山頂にあった城郭。「立花城(たちばなじょう、りっかじょう)」と呼称される場合もある。

概要
元徳2年(1330年)に豊後国守護の大友貞宗次男大友貞載が築きこの地に拠ったことにより立花氏を称するようにもなった。港町博多を見下ろす非常に重要な拠点であり、戦国時代には大内氏や毛利氏と大友氏の激闘地であった。

戦国末期の天正14年(1586年)7月末には、当時弱冠20歳の立花統虎(のち立花宗茂に改名。柳川藩藩祖)がこの城に篭もり、実父高橋紹運の岩屋城を落とした島津氏約4万の侵攻に徹底抗戦した。

豊臣秀吉の九州征伐により立花氏は筑後国柳川城へと移封となり、新たな城主として小早川隆景が入城すると、堅固な守るための山城である立花山城は存在意義を失い、名島城築城後は支城に、その後黒田長政が1601年に福岡城を築いた後は廃城となってしまった。

なお福岡城の石垣は主に立花山城から石垣を移築して作られた。現在は山頂の本丸跡にわずかに石垣跡、そして古井戸跡が残るのみである。

立花城の口コミ情報

カーネル様[2016年10月12日]
鹿児島線の福工大前駅からコミュニティバス[山らいず線]で立花小で下車

そのまま進行方向にバス通りを進むと六所神社に登山道地図があります
さらに進み、梅岳寺で立花雪道のお墓参りをしてから坂を登れば登山口に着きます

登山道は普通の山道で、しばらく進むと石垣への分岐がありますがここは直進し、時間に余裕があれば大クス(城とは関係ありません)まで往復します
戻って登ると今度は井戸への分岐。井戸へは30秒で行けます

松尾岳への分岐を素通りして山頂の本丸です。ここまでバス停から1時間

松尾岳への分岐まで戻り、縦走路を進むと途中の石垣の分岐と合流し、石垣が2か所あります。石垣はかっこいいです

先へ進んでから下原方面に下って下原バス停から香椎駅に帰りました。だいたい2時間くらい。2回行きましたが2回とも雨だった

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

きたろう三世様[2012年11月09日]
立花道雪の墓がある梅岳寺から矢印に従って行けば登山口と駐車場がある。山頂までは30分程度で、中腹あたりから井戸などの遺構が見られる。主郭からは諸勢力の争奪戦の対象になった博多湾や、支城の名島城跡が見下ろせる。主郭から松尾山方面に10分程下ると石垣やはっきりした曲輪跡に出る。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore