女山神籠石(ぞやまこうごいし)

女山神籠石の基本情報

通称・別名

所在地

福岡県みやま市瀬高町大草

旧国名

筑後国

分類・構造

神籠石式山城

天守構造

なし

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

不明

遺構

水門、列石

指定文化財

国史跡(女山神籠石)

再建造物

周辺の城

福島城(福岡県八女市)[7.0km]
鷹尾城(福岡県柳川市)[7.2km]
佐留垣城(福岡県柳川市)[9.2km]
生津城(福岡県久留米市)[9.8km]
蒲池城(福岡県柳川市)[10.4km]
柳川城(福岡県柳川市)[10.5km]
大津山城(熊本県玉名郡)[10.7km]
南関城(熊本県玉名郡)[11.0km]
田中城(熊本県玉名郡)[11.9km]
大間城(福岡県大牟田市)[12.9km]

女山神籠石の解説文



女山神籠石(ぞやまこうごいし)は、筑後国山門郡(現在の福岡県みやま市瀬高町大草)にあった日本の古代山城(分類は神籠石系山城)。城跡は国の史跡に指定されている。

近年は「女山城(ぞやまじょう)」とも称される傾向にある[1][2][3][4]。本項目では、城域内に所在する山内古墳群(やまうちこふんぐん、国の史跡に包含)についても解説する。

概要 

福岡県南部、筑後平野・有明海沿岸部を望む古塚山(標高約190メートル)の西側斜面に築城された古代山城である。文献に記載が見えない古代山城(いわゆる神籠石系山城)の1つで、現在の山名を冠する城名は後世の命名による。城は古塚山に土塁を巡らすことによって構築され、谷部4ヶ所では石塁の水門が構築される。これまでに数次の発掘調査が実施されている。

城跡域は1953年(昭和28年)に国の史跡に指定された。現在では一部が女山史跡森林公園として公開されている。

歴史 

古代

女山城は文献上に記載のない城であるため、城名・築城時期・性格等は明らかでない。天智天皇2年(663年)の白村江の戦い頃の朝鮮半島での政治的緊張が高まった時期には、九州地方北部・瀬戸内地方・近畿地方において古代山城の築城が見られており、女山城もその1つに比定される。

1981年(昭和56年)の第4次調査によれば、築城時期は7世紀後半頃と推定される。城に関する伝承は知られていないが、かつては邪馬台国の卑弥呼の居地とする説などが挙げられていた。なお、城域内では築城に先立つ6世紀後半頃に山内古墳群が築造されているほか、女山中腹では銅矛2本の出土も知られる。

近代以降

近代以降については次の通り。

  • 1900年(明治33年)、八木奘三郎による報告。
  • 1935年(昭和10年)、第1次調査:列石調査。水門4ヶ所・列石766個を確認(石野義助)。
  • 1953年(昭和28年)11月14日、国の史跡に指定。
  • 1963年(昭和38年)頃、神籠石論争が山城説でほぼ収束。
  • 1965年(昭和40年)、土取工事で列石線の一部が崩壊。
  • 1967年(昭和42年)、第2次調査:土取工事による崩壊に伴う調査。
  • 1971年(昭和46年)、第3次調査:産女谷水門の確認調査・列石線測量調査。
  • 1977年(昭和52年)7月14日、史跡範囲の追加指定。
  • 1981年(昭和56年)、第4次調査:山内2号墳付近の列石調査(瀬高町教育委員会、1982年に報告書刊行)。
  • 2010・2011年度(平成22・23年度)、第5次調査:基礎資料作成のための確認調査(みやま市教育委員会、2013年に報告書刊行)。

遺構 

城壁
城壁は全周推定2.7-3キロメートルを測る。古塚山の西斜面において、山頂部を最高所とし、4ヶ所の谷(産女谷・源吾谷・長谷・粥餅谷(横尾寺谷))を取り込んで馬蹄形に一周する。城壁の構造は土塁で、列石の上に構築される。現在は約1.5キロメートルの列石線が認められるが、北・東側では土塁線・列石線は確認されていない。
土塁裾部の土留め石となる列石遺構は、石材を基本的に長方形の切石とし、一部では自然石とする。また上端にL字形の切り欠き加工が施された石もある。これらの石は赤色粘土層の上に据えられ、前面・上面を直線的に揃え、全体としては曲線的に配置される。列石上の土塁は版築により、2種の交互の土層が認められる。また列石の前面には3メートル(10尺)間隔の柱穴も認められている。
水門
水門は産女谷・源吾谷・長谷・粥餅谷(横尾寺谷)の4ヶ所で認められる。いずれも構造は石塁。
産女谷水門は、4水門のうち最南に位置する()。土取工事で崩壊しており、現在のものは積み替えられた状態になる。現在では幅約7メートル・高さ約2.7メートルを測る。
源吾谷水門は、産女谷水門の北に位置する()。土取工事に伴い現在は崩壊している。
長谷水門は、源吾谷水門の北に位置する()。現在までに良好に遺存する。現在の石塁は5段積みで(元はさらに5段程度か)、幅約7.5メートル・高さ約2.5メートルを測る(元は高さ3.6メートル以上か)。石材は正方形または長方形の切石で、大部分は幅40-80センチメートル、吐口部上位では幅約110センチメートルを測る。
粥餅谷水門(横尾寺谷水門)は、4水門のうち最北に位置する()。現在までに良好に遺存する。現在の石塁は幅約7メートル・高さ約3メートルを測る(元は長谷水門と同程度か)。石材は切石で、幅40-150センチメートル・高さ40-80センチメートルとばらつきは大きい。
そのほかの城内施設等の存在は、現在までには未確認である。

山内古墳群 

山内古墳群(やまうちこふんぐん)は、女山神籠石の域内にある古墳群。円墳2基から構成される。

1号墳()は、直径約14メートルの円墳[5]。主体部の埋葬施設は横穴式石室で、西北西方向(平野部方向)に開口する。現在では石室上面が失われている。2号墳()は、直径約14メートルの円墳で、1号墳と同程度の規模になる。主体部の埋葬施設は横穴式石室で、1号墳同様に西北西方向(平野部方向)に開口する。

これら1号墳・2号墳は、古墳時代後期の6世紀後半頃の築造と推定される。

文化財 

国の史跡

  • 女山神籠石
  • : 1953年(昭和28年)11月14日指定(指定範囲面積15,932.40平方メートル)。
  • : 1977年(昭和52年)7月14日に史跡範囲の追加指定(指定範囲面積119,323.51平方メートル、合計135,255.91平方メートル)。

参考文献 

  • 史跡説明板
  • 地方自治体発行
    • 【書籍】「女山神籠石 -福岡県みやま市瀬高町所在の国指定史跡女山神籠石史跡内容確認調査報告書-(みやま市文化財調査報告書 第8集)」
    • 【書籍】「みやま市史 資料編 上巻(みやま市史 2)」
  • 事典類
    • 【書籍】「国史大辞典 (昭和時代)」
    • 【書籍】「日本歴史地名大系 41 福岡県の地名」
    • 【書籍】「国指定史跡ガイド」 - リンクは朝日新聞社「コトバンク」。

関連文献 

  • 【書籍】「 - リンクは九州国立博物館「西都 太宰府」資料観覧ライブラリー。

女山神籠石の口コミ情報

2022年06月21日 龍馬備中守【】
宮園城[女山神籠石  周辺城郭]



福岡県のみやま市にある【宮園城】♪矢部川と飯江川の間に広がる平野部の中央で、大根川を天然の濠とした平城は濠区画が綺麗に残ります♪

地名の宮園は文広の広田八幡神社の園地に由来すると云われます☆この宮園城の近くには射場ノ元、武士町などの小字が残ります☆

後蒲池氏の祖である蒲池久憲♪(※南北朝時代に当主不在で滅びかけていた渡辺党蒲池氏の名跡と遺領を継ぎ蒲池久憲と名乗ります♪元は宇都宮久憲です☆)

この蒲池久憲の頃に肥後への抑えとして、今村大隈に築城させたと伝わっています♪
その後は代々、4代目の今村土佐入道覚盤までが宮園城を守っています☆

天正12年の1584年に肥前国・龍造寺隆信勢が侵攻した際に今村土佐入道覚盤が山下城の蒲池鑑広の加勢の為に戦っています☆この時は落城せずに粘りましたが…☆
豊臣秀吉の九州征伐の際に遂に落城☆しちゃいました☆

その後、江戸時代には柳川藩領となっています☆

現在は東照寺の境内が城郭となっています♪この東照寺は今村家の菩提寺として開創されています♪往時、宮園城で使用されていた石垣は柳川城の築城の際に全てを供出と伝わっています☆が、堀割りの形は当時のまま残っていました☆

2022年04月17日 龍馬備中守【】
松延城[女山神籠石  周辺城郭]



福岡県のみやま市にある【松延城】♪矢部川と飯江川間に広がる平野の中央部に立地する松延集落です☆
この松延集落の北西部に松延城は存在しました♪

平安末期から見える地名は古来より人々が暮らしていた事が分かります☆
この平安末期、松延集落を含む小河荘が一円不輸の地だった様です☆※(国家への租税の一部または全てが免除された)
ここ松延集落は大宮司公基の私領として、国庫に弁済する他に、田率、穀物、公事、雑役を免除されていました♪

戦国時代の天正7年頃に龍造寺氏が田尻氏の知行地として安堵していますが、天正12年には龍造寺軍が松延城に侵攻してきていて、蒲池鎮運と合戦に発展しています☆

時の松延城主は樺島式部☆山下城主、蒲池氏に加勢しました☆結果的に蒲池鎮運は松延城の防衛に成功♪蒲池氏は坂田隼人佐(樺島式部の家臣)に対して領地2町を与えています♪
天正7年〜12年にかけて龍造寺家臣・田尻氏?蒲池氏家臣・樺島氏に坂田氏?この頃にこの地では取った取られたの領地争いが行われていた事が考えられますね☆

天正15年には立花宗茂の家臣・立花三郎右衛門が松延城城番になり江戸時代の慶長5年には田中吉政の家臣・松野主馬が城番を務め1万2千石を賜ります☆
現在も本丸、二ノ丸、三ノ丸、鍛冶屋町、扇子町、鎧町などの地名を残しています☆

集落にある天満宮ですが、龍造寺氏の兵火で焼失したとされますが、立花宗茂が再興しています♪

目ぼしい遺構は濠、一段高まる丘陵地☆主要部と思われます♪

2017年11月27日 慶次朗掃部頭一寿
女山神籠石

みやま市役所近くに図書館と資料館が合体したところに神籠石が展示してあります。
登れない方や行き方解らない方は立ち寄られては如何でしょうか?
美山神籠石の説明や模型も有りますし、その他の遺跡や資料も多少有りますので、散策の手助けになるかもしれないと思います。

女山神籠石の周辺スポット情報

 松延城(周辺城郭)

 大木城(周辺城郭)

 宮園城(周辺城郭)

 溝口城(周辺城郭)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore