川之江城(かわのえじょう)

川之江城の基本情報

通称・別名

仏殿城、河江城、土肥城

所在地

愛媛県四国中央市川之江町1087-4

旧国名

伊予国

分類・構造

平山城

天守構造

複合式望楼型[3重4階/1984年築/RC造模擬]

築城主

土肥義昌

築城年

延元3年〔南朝〕/暦応元年〔北朝〕(1338)

主な改修者

主な城主

土肥氏、妻鳥氏、河上氏

廃城年

不明

遺構

曲輪、石垣、堀切

指定文化財

再建造物

模擬天守、櫓、石碑、説明板

周辺の城

轟城(愛媛県四国中央市)[3.6km]
松尾城(愛媛県四国中央市)[6.1km]
渋柿城(愛媛県四国中央市)[13.1km]
藤目城(香川県観音寺市)[14.9km]
田尾城(徳島県三好市)[16.5km]

川之江城の解説文

川之江城(かわのえじょう)は、愛媛県四国中央市川之江町の鷲尾山(城山)にある日本の城である。

概要
伊予・讃岐・土佐・阿波を結ぶ交通の要衝である川之江の鷲尾山山頂に位置した川之江城は、南北朝時代から戦国時代にかけての城であり、別名仏殿城といわれるように本来は仏閣であった。昭和時代には本丸付近の石垣に僅かの名残りを留めるに過ぎなかった。しかし川之江市制施行30周年記念事業として、1984年から城山公園整備事業として、本丸跡に天守、涼櫓、櫓門、隅櫓、控塀などが建築された。そのため、必ずしも史実通りに再現したとはいえない。

歴史
南北朝時代、南朝方の武将であった河野氏の砦のひとつとして、土肥義昌が1337年に川之江城を築いた。その後戦国時代には城主は妻鳥友春になっていたが、土佐の長宗我部氏へ河野氏に背いて通じたため、河野氏配下の河上安勝によって落城した。

豊臣秀吉の四国平定以後は、川之江地方は小早川、福島、池田、小川と目まぐるしく領主が変わったが、加藤嘉明の時代に川之江城は廃城になった。

一柳直家が1636年に川之江藩を立藩し、城を再築しようとしたが1642年に死亡し領地は没収され、以後天領になったため、再築されなかった。

アクセス
国道11号山下公園前交差点の川之江城標識から西へ折れ、約650m先の金生川大江橋手前を鋭角に右折、約350mで城山公園麓に到着。一方通行進入禁止の標識手前すぐ左の登り道に進入、約350mで城山公園山頂駐車場に到着。

川之江城の口コミ情報

小山 右兵衛督 政光様[2017年05月06日]
川之江駅から登城入り口まで、徒歩で10分かからず、ほぼ駅からまっすぐに近いですが、若干分かりにくいかも。徒歩の場合本丸へ最短距離で行けるので、意外に早く登れます。
天守への入場は16時までと少し早いので、お気をつけください。

織田左兵衛督晃司様[2017年03月21日]
天守の近くまで車で登る事ができますが、道幅は広くなく、ヘアピンカーブも多い為、運転に自信のない方は麓の運動公園に駐車して歩いて行くほうが無難です。

常陸入道ねんさい美作守様[2012年12月31日]
城内各所に石垣があるが天守台東側と本丸西側の一部と二の丸東の腰曲輪の石垣が本来の遺構である。

tomm加賀守様[2010年09月13日]
国道11号線沿いに案内板がありますが、かすれて薄くなっており非常に分かりづらいです

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore