渋柿城(しぶがきじょう)

渋柿城の基本情報

通称・別名

志武垣城

所在地

愛媛県四国中央市土居町小林

旧国名

伊予国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

薦田氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

薦田氏

廃城年

遺構

曲輪、石積、土塁、堀切、横堀(空堀)、竪堀

指定文化財

再建造物

周辺の城

松尾城(愛媛県四国中央市)[9.1km]
生子山城(愛媛県新居浜市)[12.7km]
川之江城(愛媛県四国中央市)[13.1km]
轟城(愛媛県四国中央市)[14.0km]
金子山城(愛媛県新居浜市)[15.7km]
土居構(愛媛県西条市)[24.9km]
西条陣屋(愛媛県西条市)[25.1km]
本山城(高知県長岡郡)[25.2km]
田尾城(徳島県三好市)[26.6km]
藤目城(香川県観音寺市)[28.1km]

渋柿城の口コミ情報

2021年02月24日 スイトピー❁ 伊予守
渋柿城



急峻な法皇山脈から北突する標高300mの頂上にある渋柿城。室町時代、河野氏部将の一人、薦田氏の居城。天正の陣を最後に本城は廃城となる。城の東と西は深いv字の谷で絶壁に近く、宇摩地方の最も自然地形を利用した要害城。地形的に見ても難攻不落の城だと思います。

一度目は登山口を間違え、道なき道を進む羽目になり…仕切り直し、今回リベンジと言うことで臨みました。二月、冬場にも関わらずシダの群生。膝丈〜腰高まで伸びてます。シダをかき分け進み、主郭を目指す。三つの郭が階段状に並び、東に帯曲輪があった。また曲輪に到着する間の横堀とそれに続く竪堀が数カ所あり、シダ越しに敵の攻撃を避けるための工夫を想像!そして主郭からは宇摩平野、燧灘を望むことが出来ました。

ルート…途中までは案内に従って行き、松山自動車道「土居16」トンネルをくぐって左に行くと、ガードレールの勾配のある坂道があり、その奥に墓地が見えてきます。駐車スペース有ります。
墓地左側から沢づたいに向かって道なりに進み、少し行くと左手登り口へと繋がっています。水辺の苔に滑らないよう足元注意です。

2021年02月07日 いしたりん治部少輔
渋柿城

まずは墓地へ近づきます。墓地の東側に入り口があり、そこからは徒歩となります。
沢沿いに上がっていき、途中で沢の東側に登ります。
整備された道が最後まであるわけではありませんので、初めての方はスマホの地図を見ながら慎重に進む必要があると思います。
すべりやすい急坂も多いので、雨上がりの日は危険度アップ、靴や手袋なども気にして、安全優先で登るのがよいです。
高さ約275mらしい。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore