藤目城(ふじめじょう)

藤目城の基本情報

通称・別名

藤ノ目城

所在地

香川県観音寺市粟井町

旧国名

讃岐国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

斎藤師郷

築城年

天正年間(1573〜1592)

主な改修者

主な城主

斎藤氏

廃城年

不明

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

本篠城(香川県三豊市)[8.0km]
九十九山城(香川県観音寺市)[8.8km]
爺神山城(香川県三豊市)[10.8km]
白地城(徳島県三好市)[11.0km]
朝日山城(香川県三豊市)[11.4km]

藤目城の解説文

藤目城(ふじめじょう)は、讃岐国(香川県観音寺市粟井町 竹成)にあった中世の山城。 別名・藤ノ目城。

概要
藤目城は阿讃山脈から三豊平野に達する先端に藤目山の山頂部及び東側の尾根上に位置している。山頂部に本丸があったといわれ、その他にも四国八十八ヶ所霊場のミニ霊場が設置されている。山頂以外には藤目稲荷神社、藤目不動院、剣山拝殿がある。

北東方向に天霧城跡が望むことが出来る。

歴史
斎藤氏は加賀国(現・石川県)の出身で斎藤師郷の父、斎藤信国がこの地に来たことより始まる。 1万3千石を領して築城したといわれる。

背景
天正4年(1576年)、斎藤師郷は縁故関係があった白地城の大西頼包の誘いに乗じて、長宗我部元親に降伏し、孫を人質として頼包に送った。 しかし、これを知った讃岐の諸豪族は怒り、特に聖通寺城城主奈良勝政は阿波の三好存保に藤目城攻めを依頼した。 これで藤目城は同じ国の者同士と戦うこととなった。

藤目城攻撃
三好存保は天霧城主香川氏と奈良勝政に命じ、藤目城を攻めさせた。

天正6年(1578年)夏、奈良勝政は長尾大隅守、羽床氏、香川民部少輔など那珂・鵜足・阿野の兵3千を引き連れて藤目城に攻撃。

斎藤師郷方は元親家臣、桑名太郎左衛門・浜田善右衛門など兵1千いたが 香川氏が兵3千を率いてこれらに加わるという流言が飛び、斎藤師郷は闇夜に阿波へ逃げた。

この戦いではあまり激しい戦いは行われていない。...

藤目城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore