白地城(はくちじょう)

白地城の基本情報

通称・別名

白地大西城

所在地

徳島県三好市池田町白地本名

旧国名

阿波国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

近藤京帝

築城年

鎌倉時代前期

主な改修者

長宗我部元親

主な城主

近藤氏、大西氏、細川氏、三好氏、長宗我部氏

廃城年

天正13年(1585)

遺構

曲輪、土塁、切岸

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

大西城(徳島県三好市)[3.1km]
田尾城(徳島県三好市)[7.3km]
八石城(徳島県三好市)[7.6km]
東山城(徳島県三好郡)[7.7km]
本篠城(香川県三豊市)[9.6km]

白地城の解説文

白地城(はくちじょう)は、阿波国三好郡白地(徳島県三好市池田町白地)にあった日本の城。土佐国の戦国大名・長宗我部元親が四国統一の拠点とした城として知られる。

歴史
白地城は四国の中央部の山間地に立地し、西の境目峠を越えると伊予国・北の猪ノ鼻峠を越えると讃岐国、東の吉野川を下ると徳島平野を中心とする阿波国の中心部、南に吉野川をさかのぼると土佐国と、四国の十字路といえる位置にあった。南北朝時代から戦国時代にかけては白地城を中心とした一帯は大西氏(おおにしし)が支配し、阿波の守護大名である細川氏、戦国時代にはその細川氏から実権を奪った三好氏に服属した。しかし、天正3年(1575年)に土佐を統一し、四国統一を狙う長宗我部元親がその地理的重要性に目をつけ、翌天正4年(1576年)攻略に成功、時の城主大西覚養は落ち延びた。『元親記』には元親の発言として「先づはこの大西さへ手に入り候へば阿讃伊予三ケ国の辻にて何方へ取り出づべくも自由なりと満足し給ひけり」とある。その後は長宗我部氏の四国征伐の拠点として使われ、天正13年(1584年)の豊臣秀吉の四国攻撃の際には逆に防衛拠点となった。戦役の後、廃城となった(地域の拠点としての役割は近くの大西城が持つこととなった)。

遺構
昭和後期まで曲輪・堀などの遺構が多く残っていたが、「かんぽの宿」(現あわの抄)の建設に当たってほとんどの遺構が破壊された。現在は周辺にわずかに土塁や切岸が残る。

あわの抄近くに『白地城址』の石碑と、大西神社がある。

白地城の口コミ情報

ひろり様[2014年05月19日]
20140518登城。

「あわの抄」さんのフロントの方に「遺構の見学がしたいのですが」と駐車場の事を相談してみたら、「お城はないですよ」と良いながらも駐車場の一角をお借りする事が出来ました。

駐車場に関してはあくまで「あわの抄」さんのご厚意なので、繁忙期など状況によってはお借り出来ない事もあるかと思われます。必ずフロントの方に確認をお願いします。

『立つ鳥跡を濁さず』
帰る時には御礼を忘れずに!

三河守コーキしゃん様[2013年01月02日]
「あわの抄」の門を向かって右に進んで行くと、大西神社と石碑があります。

専用の駐車場はありません。

遺構は一部の土塁が残り、一二三段になった郭がお城らしさを醸しています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore