田尾城(たおじょう)

田尾城の基本情報

通称・別名

多尾城、白地山城

所在地

徳島県三好市山城町岩戸

旧国名

阿波国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

大西覚養

築城年

天正年間(1573〜1592)前期

主な改修者

主な城主

大西氏

廃城年

天正5年(1577)

遺構

曲輪、土塁、横堀

指定文化財

市史跡(田尾城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

白地城(徳島県三好市)[7.3km]
大西城(徳島県三好市)[10.2km]
八石城(徳島県三好市)[12.2km]
轟城(愛媛県四国中央市)[13.5km]
藤目城(香川県観音寺市)[14.4km]
東山城(徳島県三好郡)[14.6km]
本篠城(香川県三豊市)[16.2km]
川之江城(愛媛県四国中央市)[16.5km]
金丸城(徳島県三好郡)[17.1km]
松尾城(愛媛県四国中央市)[17.6km]

田尾城の解説文

田尾城(たおじょう)は、徳島県三好市山城町岩戸にある日本の城跡。別名は多尾城、白地山城。三好市指定史跡。

概要
中世の山城で、南城と北城がある。

南北朝時代、池田城の小笠原義盛は南朝方として、北朝側の細川頼春と争うが利あらず、細川氏に服した。これに長男の小笠原頼清は従わず、讃岐国から侵攻してきた南朝の山岳武士集団・脇屋義助に呼応し、田尾城を築いて八ツ石城と連携して拠点とした。

天正5年(1577年)春、長宗我部元親の侵攻を防ぐため、白地城主であった大西覚養によって改修が行われ、弟である大西頼信(当時13歳)を城主とした。この際、城の正面が南城となる。

同年、長宗我部元親が率いる3000の軍勢が攻め寄せ、寺野武次が率いる300の兵で2日間に渡る力攻めに耐えるが、火攻めにより落城した。

田尾城の口コミ情報

2019月05日08 西市正紫雲
田尾城



吉野川左岸、阿波土佐間の街道に接している、標高462mの山頂部に築城。南北に延びる尾根の2ヶ所のピークを利用していて、北城は南北朝時代の曲輪と切岸主体の城、南城は戦国時代の土塁と堀切り主体の城となってます。

2018月12日20 カーネル
田尾城

土讃線 阿波川口駅から

駅前の看板の地図はデフォルメされていて、田尾城まで近そうに見えます。騙された

駅前商店街を南へ下り、国道319号線を右折してから1.3kmほど進むと、左斜めに車一台分の舗装路があるのでこれを登る

道には案内がなく、不安になりながら黙々と登り続け、駅をでて50分で数軒の民家が現れ、右にお墓がある道を右後ろに鋭角に曲がると、田尾城の文字

でもまだ林道を歩くのですが、眼下には、歩いてきた赤い橋が遠くに見えるころが、長宗我部元親指揮所です。ここで車で来れます

さんざん登ってきたのに、道を挟んで山道を登る。道中は橋が架かった堀や狭間があり、楽しく登れます

登り詰めると土塁に囲まれた南城。北城との間の堀はよく残ってます

その先で引き返して駅に戻ったら190分。遠かった

2011月04日18 転寝梟
田尾城

昨日、田尾城で『田尾城つつじまつり』があり、イノシシ肉の『戦国鍋』を食べられた模様。行きたかったなぁ…。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore