松山城(まつやまじょう)

松山城の基本情報

通称・別名

金亀城、勝山城

所在地

愛媛県松山市丸の内

旧国名

伊予国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

型式不明[5重?/1602年頃築・1642年改/焼失(落雷)]、連立式層塔型[3重3階地下1階/1854年再/現存]

築城主

加藤嘉明

築城年

慶長7年(1602)

主な改修者

松平勝善

主な城主

加藤氏、松平(久松)氏

廃城年

明治6年(1873)

遺構

曲輪、天守、櫓、門、塀、井戸、石垣、土塁、堀

指定文化財

国重要文化財(大天守、野原櫓・乾櫓・隠門続櫓等櫓6棟、戸無門・隠門・紫竹門・一ノ門等門7棟、筋鉄門東塀等塀7棟)、国史跡(松山城跡)

再建造物

小天守、北隅櫓、十間廊下、南隅櫓、太鼓櫓、筒井門、太鼓門、乾門、艮門東続櫓等、石碑、説明板

周辺の城

湯築城(愛媛県松山市)[2.0km]
港山城(愛媛県松山市)[5.6km]
松前城(愛媛県伊予郡)[8.3km]
横山城(愛媛県松山市)[9.2km]
荏原城(愛媛県松山市)[9.8km]

松山城の解説文

松山城(まつやまじょう)は、四国・愛媛県松山市にある城跡。別名金亀城(きんきじょう)、勝山城(かつやまじょう)。

概要
松山市の中心部、勝山(城山)山頂に本丸を構える平山城である。日本三大平山城にも数えられる。山頂の本壇にある天守(大天守)は、日本の12箇所に現存する天守の一つである。この中では、姫路城と同じく、大天守と小天守・南隅櫓・北隅櫓を渡り櫓(廊下)で結んだ連立式で、日本三大連立式平山城にも数えられる。

幕末に建築された大天守ほか、日本で現存数の少ない望楼型二重櫓である野原櫓(騎馬櫓)や、当時の土木技術としては特筆される深さ44mにおよぶ本丸の井戸などが保存されている。敷地一帯は国の史跡に指定されており、建造物21棟は国の重要文化財に指定されている。ミシュランの観光版(ギード・ベール)日本編では二つ星に選定された。

歴史・沿革
江戸時代
1602年(慶長7年)、伊予国正木(松前)城主10万石の大名であった加藤嘉明が、関ヶ原の戦いでの戦功により20万石に加増され、足立重信を普請奉行に任じ、麓に二之丸(二之丸史跡庭園)と三之丸(堀之内)を有する平山城の築城に着手した。
1603年(慶長8年)10月、嘉明が、この地を「松山」と呼ぶこととし、松山という地名が公式に誕生した。
1619年(元和5年)、武家諸法度違反による福島正則の改易により、幕府の命を受け、嘉明が広島城受領のため赴く。
1627年(寛永4年)、嘉明は、松山城の完成前に会津藩へ転封となり、蒲生忠知(蒲生氏郷の孫)が、24万石の松山藩主になる。
1634年(寛永11年)8月、忠知が参勤交代の途中に逝去し、蒲生家が断絶する。そのため大洲藩主、加藤泰興が松山城を預かる(松山城在番)。城在番中に替地の申し出が、幕府になされる。
1635年(寛永12年)7月に松平定行が15万石の藩主となり、以降、松山藩は四国の親藩として235年間続き、明治維新を迎える。
1642年(寛永19年)、創建当初5重であったという天守を、定行が3重に改築する。
1647年(正保4年)、寛永の鎖国後、長崎に2隻のポルトガル船が入港したため、定行が家臣とともに海上警備に赴く。この時に持ち帰った南蛮菓子の製法が、銘菓タルトの原型とされる。
1703年(元禄16年)2月、松平定直が幕府から江戸松山藩邸での預かりを命じられていた赤穂浪士10名が切腹。
1784年(天明4年)、天守を含む本壇の主な建物が、落雷により焼失。
1828年(文政11年)、藩主・松平定通が文武の振興のため、藩学の拠点として明教館を創設した。
1854年(安政元年)2月8日、時の藩主・松平勝善が天守本壇を落成させる。...

松山城の口コミ情報

兵部丞ビックリショイン様[2017年05月20日]
駐車場は近くにあるのですが数は少ないです。トイレはきれいです。春は桜が綺麗で家族で行くにはもってこいです。
僕が行ったときは甲冑着て撮影できました。

織田修理大夫晃司様[2017年02月25日]
休日は駐車場の空きがなく、ロープウェイ乗り場付近の100円パーキングに駐車。(100円パーキングは多いのでご安心)

ロープウェイ(またはリフト)で登ると天守まで時間はかからない。

姫路城・和歌山城とともに三大連立式天守の平山城で、本壇の天守群は全体像・各部分どの角度から撮っても美しい。

大天守は元々五層だったのを三層に改築したため、大天守だけ見ると床面積のわりに低いので、ずんぐりむっくり感があるが、全体像はかえって他の建物とマッチして美しさを際立たせる。

加藤嘉明築城。完成前に会津へ転封。
石高加増とは言え自分の城を完成前に他人に引き渡す時の心境はいかばかりか…

青き巨星弾正忠かみさん様[2016年12月25日]
湯築城で聞いた話ですが、1年に1回大掃除をする日があるそうです。
私が行った日はたまたまその翌日てした。
落ち葉は無く綺麗だったのですが、曇って無かったらなぁと思いました。

青き巨星弾正忠かみさん様[2016年12月25日]
松山城のお城メダルは本丸大天守とロープウェイ駅舎1階にあります。城に行かなくてもいい!メダルだけ欲しい!という方(そんな人はいないと思いますが)は駅舎で買って下さい。

さちえもん様[2016年03月15日]
二の丸から登るなら下の駐車場は都市ど真ん中なのに無料です。17時まで。
リフトで登るなら路面電車で『大街道前』で降りると近いです。
リフトと天守閣入場券セットが便利。ロープウェーも乗れます。自販機で買えますが、マドンナが丁寧に教えてくれます。
リフトの下に、ほっこり伊予弁が書いてあるので、読みながら上がってください♪
クリスマスシーズンは、サンタクロースもリフトに乗っています(・∀・)

天守閣からは、伊予灘の輝く海と、西日本最高峰の石鎚山も天気が良ければ見えて、最高の景色です。城下町が見渡せて、お殿様気分を味わえます♪
桜の時期は最高ですよ~!

まるき〜遠江守様[2016年03月12日]
通常ロープウェイやリフトで登城するかと思いますが時間と体力があるなら反対方向(西側)にある松山城二ノ丸史跡庭園からの登城も良いですよ。ロープウェイ、リフト代と駐車場代が節約できます…
駐車場は無料だし石垣もよく見えて松山城の守りを足下から見て回れます
天守まで歩いて2〜30分程かかりますが登り切った後は節約したお金で売店の蛇口から出るポンジュースや松山城限定の伊予柑ソフトをどうぞ(笑

日本史跡研究会様[2015年12月23日]
三之丸跡で発掘調査現地説明会が本日開催されます

永眠武蔵守釋 葱進様[2015年11月08日]
土日祝日は、開門セレモニーとして開門時(9時)に登城太鼓と共に来場者自ら一ノ門を開けることができます。
時間合わせられるなら、早めに来城されることおすすめします。

河野治部少輔かぱ通様[2015年10月10日]
ロープウェイもありますが、徒歩なら東雲神社口から登ると登りやすいです。本丸から見る瀬戸内の夕焼けは絶景です。

志賀主計頭親次9/9九州様[2014年09月12日]
9/11AMリフトにより登城。
さすが四国随一の巨城!
連結型の天守群、高石垣、横矢掛、嘉明は清正にも引けを取らない縄張してますね。
石垣の稜線が綺麗です(*'▽'*)

備前守知守様[2013年11月24日]
二ノ丸庭園の無料駐車場があいてなかった場合は、ロープウェイ乗り場のわりと近くに100分100円や90分100円の駐車場があります。

はせちゃん弾正忠様[2013年01月29日]
松山城本丸跡にて、2/2 発掘調査現地説明会が実施されるとのことです

てっちゃん掃部頭50様[2012年10月04日]
松山城では明日から:10月5日(金)~7日 (日)の3日間、 「お城の夕べ~月見~」が開催致されま す!ヘ(^o^)/

実施日:平成24年10月5日(金)~ 7日(日) ※雨天決行

営業時間: <天守> ~20:30(札 止め20:00)

<ロープウェイ> ~2 1:00最終

<リフト> ~17:00終了

場所:天守・登城道

松山城の月見として夜間の天守観 覧や登城道などにおける特別ライトアッ プを実施!(^_-)

春風十勝守世遊様[2011年09月19日]
ドラマ「坂の上の雲」の撮影地は艮門付近です。天守閣出入口の右側の道を進んでくださいドラマの広告が貼られた小さな看板が立ってます。
カメラマンは艮門の方の石段から天守閣を見上げて、被写体は柵付近に立ってください柵があって広告のようには撮れませんが、記念になりますよ
百名城スタンプは天守閣受付の付近に置いてありますが綺麗に押せません受付の方に言えば綺麗に押せるスタンプを出してもらえます状態良好

加藤豊後守清正様[2011年06月10日]
現存12天守の中では、比較的新しいお城ですが、高石垣で築かれたお城は槍ヶ岳の一人、加藤嘉明にふさわしいお城と言えます。
漆黒が美しいです

加藤豊後守清正様[2011年01月20日]
現存天守で、往時のまま残っていて素晴らしかったです。一度焼失しているので、古くはありませんが!

さまよえる蒼い美濃守弾丸様[2010年09月22日]
県庁裏の登り口から攻めました
登り坂と残暑がきつかったデスが、登り石垣から望む天守閣が正岡子規の「秋より高き天守閣」であることを実感し、天守閣からの瀬戸内海を望む風景が疲れを吹き飛ばしてくれました
帰りに中ノ門跡で偶然にも「坂の上の雲」の本木雅弘さんと阿部寛さんが写真撮影している現場に遭遇するサプライズも有り大満足

tomm加賀守様[2010年09月13日]
出来れば二之丸史跡庭園も見学したいですね!
こちらの駐車場は無料です(朝9時から利用可)し、大手道から大手門跡まで歩いても10分ぐらいで、帰り道を県庁道にすると登り石垣も見れますから

本丸広場で販売している「究極の伊予柑ソフト」は絶品です

りきんこ様[2010年07月21日]
春や昔 十五万石の城下哉

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore