鎌刃城(かまはじょう)

鎌刃城の基本情報

通称・別名

所在地

滋賀県米原市番場

旧国名

近江国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

土肥氏

築城年

鎌倉時代

主な改修者

主な城主

土肥氏、堀氏

廃城年

天正3年(1575)

遺構

曲輪、帯曲輪、石垣、土塁、堀切、切岸、虎口

指定文化財

国史跡(鎌刃城跡)

再建造物

説明板、模擬櫓

周辺の城

太尾山城(滋賀県米原市)[2.3km]
佐和山城(滋賀県彦根市)[4.6km]
彦根城(滋賀県彦根市)[6.2km]
八講師城(滋賀県米原市)[7.3km]
下坂氏館(滋賀県長浜市)[8.2km]

鎌刃城の解説文

番場は古くから東山道(中山道)の要衝に位置しており、鎌倉時代には西遷御家人土肥氏が箕浦荘の地頭に補任されている。土肥氏は番場に居館を構え、その跡は現在「殿屋敷」と呼ばれている。しかし、戦国時代になると番場の領主は土肥氏から堀氏に代わり鎌刃城が築かれた。

『今井軍記』によると文明4年(1472)に今井秀遠が堀次郎左衛門尉の立て籠もる鎌刃城を攻めており、この頃にはすでに堀氏の城として機能していたことが分かる。天文7年(1538)には六角定頼が湖北に侵攻し、鎌刃城、太尾山城、磯山城、佐和山城がことごとく落城している。

『嶋記録』によると当時の鎌刃城主・堀石見は京極高広方に属していたことが知られ、当時の坂田南郡は六角氏と浅井氏の抗争に加え、湖北の守護京極氏政権も維持されているという、複雑に錯綜した地域であったようである。

元亀元年(1570)、浅井長政が織田信長に反旗を翻すが、鎌刃城主・堀秀村は木下藤吉郎の説得によって織田方についた。信長は戦時下の湖北支配を堀氏に任せ、一説には坂田郡で6万石を賜ったといわれている。

秀村の発給した文書は坂田郡にとどまらず、浅井郡内の竹生島や菅浦にまでおよんでいる。こうして鎌刃城は単なる境目の城というだけではなく、戦国武将・堀氏の居城として湖北支配の拠点ともなった。

しかし、『当代記』によると天正3年(1574)に堀氏は突然改易され、これにともない鎌刃城も廃城となったとされる。

情報提供:米原市教育委員会歴史文化財保護課

鎌刃城の口コミ情報

五瓜ニ唐花紋内大臣や〜きみ様[2017年04月29日]
鎌刃城、仏生寺の反対方向から車でのぼりましたが、途中の道路の崖崩れ頻発具合いと落石発生具合い、倒木具合い半端ないです。
ここまで道がヤバイのは初めてです。
公共交通で行けないが車で行っても駐車場はなし。
山道にありがちな膨らみみたいなスペースはありましたが。
晴天の日しか無理。
私は曇りの日に行ったら瞬く間に雷雨と突風喰らいました。

vino-s様[2015年10月25日]
15年ぶりに再度発掘された本丸虎口門下の石垣、近々再度埋め戻すとのことです。早めに見学を(米原教育委員会で確認を)

石田右衛門督いしのすけ様[2015年08月30日]
向かって一番左の口より登城

細い堀切が結構つらかった

ヒルに数ヶ所かまれました

行かれる方、靴下は、長めなのをご用意した方がいいです

ŧ‹”ŧ‹”。様[2013年08月24日]
番場宿へ入り小さな川の所に
鎌刃城跡の看板があります。
駐車場はありません。
高速道路の方へ進むとトンネルに野獣よけの柵があり
そこからが、鎌刃城の登城口です。
比較的なだらかな斜面を約40分ほど登ると
大堀切が出迎えてくれます。
途中、これでもかと言うほど
『←鎌刃城』の立札があるため
迷う事は、ないかと思います。
主郭には、縄張り図も置いてあり
虎口や石垣、また水の手から引いた山水があります。
最後の西郭右側より、トラロープを
使って下りて行くと連続竪堀がありますが
かなり急な斜面のため
帰りも登れる体力があるか考えてから
挑戦した方がよろしいかと思います。
青龍滝へは案内板から途中切り通しを
抜けて10分ほどで滝に着きます。
小さな滝ながらもマイナスイオン
たっぷりで、こちらで涼をとっても良いかと
滝の落ち口には、おとなしい感じの
不動明王が鎮座し、そこの川に
城内へ水を引き入れるために
せき止める板をはめ込む加工跡が
岩に見受けられます。

鎌刃城は、カマハと読み
城郭が草刈り鎌の形から
名前をつけたようです。

青コアラ丹波守様[2013年04月08日]
米原IC下の「樋口西」交差点を南へ入り、工業団地を抜けると舗装された林道があります。(小さい案内板あり)
途中軽く土砂崩れが起きている箇所がありますが、車一台分の幅は空いているので通れました。
峠を登り切った辺り右側に入口があり、左側に駐車スペースもあります。

ここからなら南尾根の先端の切通しまで歩いてすぐです。麓から歩いた方が攻城気分が高まりますが、ラクしたい方はこちらがオススメです。

この林道は番場地区からも通じているようですが、こちらはかなりの悪路らしいので要注意。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore