太尾山城(ふとおやまじょう)

太尾山城の基本情報

通称・別名

所在地

滋賀県米原市米原

旧国名

近江国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

米原氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

米原氏、岩脇氏、中嶋宗左衛門尉

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

市史跡

再建造物

周辺の城

鎌刃城(滋賀県米原市)[2.3km]
佐和山城(滋賀県彦根市)[4.6km]
彦根城(滋賀県彦根市)[5.9km]
下坂氏館(滋賀県長浜市)[6.0km]
長浜城(滋賀県長浜市)[7.9km]

太尾山城の解説文

太尾山城跡は、JR米原駅の東にそびえる太尾山にある。

築城年代は不明だが、在地土豪の米原氏によって築かれたといわれている。

文明3年(1471)には美濃の守護代・斎藤妙椿が近江に侵攻し、米原山で合戦したとの記録があり、この山が太尾山ではないかと考えられている。

天文7年(1538)の六角定頼による北近江攻めでは、永田氏などが太尾に在陣しているのが記録されている。

天文21年には、京極高広が六角方の太尾山城の攻略を今井氏に命じたが失敗。永禄4年(1561)になると浅井長政による太尾山城攻めが開始され、攻撃に加わった今井定清が夜襲で誤って味方の槍を受け討ち死にするが、ようやく攻略して中嶋宗左衛門尉を入れ置いた。

元亀2年(1571)、織田信長による浅井氏攻めで佐和山城が開城すると、宗左衛門尉も太尾山城を退き、以後廃城になった。

太尾山城は標高254メートルの山頂にある。北城と南城から構成される「別城一郭」の構造で、南近江との境目の城である磯山城跡や菖蒲獄城跡なども同じ構造である。

土塁を巡らした曲輪や、尾根筋を切断する堀切などが要所に設けられている。

情報提供:米原市教育委員会歴史文化財保護課

太尾山城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore